・ふぃせる…猫白血病 

ふぃせる君のガンバり。

2014-12-17 (Wed) 00:04[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 白血病 呼吸苦 酸素吸入 介護
お久しぶりです。


パソコンが動かなくて、ずっとアップできませんでした。

結局、
新しいパソコンを購入することになったんです((+_+))ツカイヅライ





1ヶ月過ぎても、
こんな風にふぃせる君を見ると、やはり鼻の奥が痛くなりますね。
でも、
闘病というマイナスの状態でも、
動画でも、
生きていたふぃせる君を見ることができるのってすごいことなんですね。
精神的にはけっこうキますけれど。

同じキャリアの、みしゅころねえぴは元気です。
元気過ぎて、いい加減にしろっていうくらい元気です。
 
まぁ、
そうして怒られているくらい元気なほうがいいんでょうね。

現在は、
全員、引っ越しに備えて免疫力強化中。
ふぃせる君のために購入した免疫関係のサプリメントを、
全員で消化しています。

以下からは、
最期の3日間の動画です。

今後、
誰かが同じような症状を発症した場合に備えて、
「あの時はこうだった」と、
記録しておきます。

診察や治療を撮ったものではありません。
家庭でのふぃせる君の状態を記録しただけの動画です。

死んでいくコを見たくないという方は、スルーしてください。

見るという方は、
いつもどおり音量にご注意くださいね。

よしほさん、
連日、深夜までの介護生活だったため、
声はガサガサ、フラフラ状態でした。

娘ちゃんもすごいガンバってくれて感謝でしたよ。




11/10


体力が落ち、動くのも厳しい状態です。
ご挨拶はしてくれます。



酸素吸入が楽だということを理解し、
「絶対に嫌だ!!」ということをしないので、
介護側としては大変助かります。
自分の感覚で吸入したり、しなかったりと判断しています。

夜は少しご機嫌。



酸素吸入に頭を突っ込むことなく、お散歩の要求。
……の前に、チッコ掃除です。



11/11

自分からはなにも口にしないので、
食事は完全介護です。

チッコは垂れ流しなので、やはり介護ですね。
オムツは、
ケージ前を通過する時のチラ見だけでは「したかどうかわからない」ため、
我が家ではつかいません。

ふぃせる

りぃるさんはお口に入れると自分から飲み込んでいたのと、
介護食をゼリータイプにしていたためシリンジが楽でしたが、
ふぃせる君はお口に入れると「おえ」なので、
さらに少量調整できるチビボトル。
そのコによって、
使い勝手が良いモノは違いますね。

個人的には、
お口に入れる量の調節が、
シリンジや、普通の形のスポイトより、
このチビボトルの方が感覚がわかりやすいです。


食欲がないどころか、お口に物が入るコトを拒否ですから、
無理やり入れたところでボタボタ垂らしてしまいますもので。

これは病院でもらったお薬の飲み終わったボトル。
粉薬を解いて飲ませるのに使えるかなーと洗っておいたのですが、
大変役に立ちましたね。

お水が濁って見えるのは、中に免疫向上サプリが溶かしてあるためです。

お口に入れるものは、全て温めてあります。
温めてといっても、お風呂のお湯より温いですが。

冷たくても刺激になっちゃうし、
あったかくても気持ち悪くなっちゃうしで、
口に入れて違和感がない程度にしています。



夜になってから、お散歩の要求。

りぃるさんの時同様、
動けないコには声掛けとか、体をさわってから「何か」をします。
大きく体を動かす時の合図は、やっぱりコレですよね(*'▽')

この日は、後ろ足を支える介護補助をしなくても自力で歩けました。



……あらめチッコ防止シーツが映り込んで残念な感じですね((+_+))

ふぃせる



11/12

朝の介護。
まずはいわゆる、洗顔ね。

途中の「ぴゃー」はりんご
途中の「へっくしょーい」は娘ちゃん。

よしほさんはふぃせる君を介護。
娘ちゃんは朝ごはんのお仕度です。



続きましては水分補給。

「びゃーぴゃー」泣いているのはりんご
ふぃせる君に用意したご飯欲しくてうるさいうるさい。
ただのスープなのに。

後ろをウロウロしているのは娘ちゃん。



さらに続く強制給仕…もはや固形物はなく、スープですが。



酸素吸入と頭の位置はこんな感じ。



夜の介護です。

もう呼びかけにもほとんど無反応です。
痙攣などはありませんが、娘ちゃんと「最期」を話し合いました。
毎晩のようにしていますが、
後々も感情に重くのしかかるものですし、
これ以上なく罪悪感を伴うもので、
死に対する恐怖心を植え付けられるものですから、
何度でも繰り返します。

生きているものは、いつか死ぬということが恐怖ばかりになり、
目の前の命に手を出せなくならないように。



夜中の介護です。

呼びかけにも応じなくなりました。

自力ですることは身じろぎして「酸素吸入器に頭を入れる」ことのみです。
これすら意識があっての行動かわからなくなりました。

録音されている音は、呼吸ではなく、吸入器の音です。
なんか苦しげな音ですよね((+_+))

一晩中「ぶしゅうー…ふしゅー」を繰り返されますが、
個人的には「寝息の激しいヒトが部屋にいる」って程度で、
さほど気になりません。



11/13

朝の介護

水分補給の刺激で痙攣発作を起こしました。

どんな発作かというと、
「つつかれた芋虫の威嚇行動」←知っているヒトいるかしら?
といった感じでしょうか。
細かな振動の発作ではなく、
上半身を右へ左へと起こしたり倒れたりを20秒ほど。
どこにそんな力があるのか不思議なくらいバタバタしました。
そんな時は収まるのを待つことしかできません。
その後、
「苦しい苦しい」と口を開けたので、
体を倒した場所で酸素吸入しています。
酸素を吸いだした途端、溜息とともに力を抜きました。
酸素の力ってすごい。

一度、
うっすらと目を開けて、安心したように閉じましたが、
手をさすっても指先ピクリとも動きません。



私達は、
りぃるさんのように「目指せ、目標、穏やかな死!!」を願っていましたが、
このような苦しみが起きた場合は、
なにがなんでも決断しようと話し合っていましたので、
娘ちゃんに「いまから病院に行くよ」と伝えました。
一つ深呼吸した娘ちゃん。
そっとふぃせるを撫でていました。

一緒に行く?と問いましたが、「行かない」の返事。
彼女もいつかすることになるかもしれませんが、
これは、
逃げることのできないその「いつか」まで無理に経験しなくてもいいでしょうと、
お留守番とほかのコ達のお世話を頼みました。

最期のふぃせるです。

ケージから出すことにより、

酸素吸入が途切れることで苦しくなるだろうことを考量して、
先に準備をお願いするために病院に電話。


キャリーバッグに入れる時も意識は無いようでした。

待つことなく診察室へ直行。

酸素吸入しつつ、病院でしばしの話し合い。
耐えられるかと踏ん張りましたが、
やはり涙が出ました。
年取ったコならばともかく、こんな若いコですから。
まだ去勢手術もしていませんしね。
若いというより、ようやく赤ちゃんから子供になった感じです。

とはいえ、

ここまてきたら助かる可能性はなく、
一度やった発作を、今後、なんども経験させる必要は無いと、
酸素吸入しつつ、処置の準備中に再度の痙攣発作。

今度は立ち上がって「苦しい」の訴えをして、
ドッと倒れました。
倒れてからも、手足をバタバタ。
どこかへ逃げればなんとかなると、もがいているようでした。

1回目より強い発作。

グズグズしていたら、
3回目の発作がくることは間違えありません。

担当の先生は、
通常の診察からおっとりとした感じの方で、
どちらかというと好ましい方なのですが、
チャカチャカとコトを進めたい私としては、
いつも「もう少しサクサクできないかなー」と思っていましたが、
この時ばかりは、
「3回目が来る前に早くしてあげてください」
と声に出しました。

ふぃせるの体をさすりつつ、
「寝んねん、ふぃー、ママここにいるよ、寝んねんね」と、
言い続けるしかできなかった。
3回目がくることなく、
ふぃせるは静かに息を引き取りました。

驚くほどあっさりと、ふぃせるの時間は終わりました。

脱力して汚れたふぃせるを、
キレイにしてからお渡ししますと言ってくれましたが、
そんなのどうでもいい。

お顔はキレイなまま。
オケツだけ少しキレイにしてもらって、
抱っこしてキャリーバックへ。
ふんわり柔らかくてあったかい。

待合室で会計待ちの間、
お隣のワンコさんがご挨拶してくれたので、
そのママとおしゃべり。
年取って、
もう目も見えないし、皮膚炎も酷いし、
ずっと病気で薬がかかせないと。
大切にしてもらってていいねぇと言いつつ会計して帰宅。

家に帰って、バスタオルの上に寝かせました。
娘ちゃん、ぼたぼた泣きながらお花を飾ってくれました。

神妙な雰囲気のはヒトだけで、
にゃんこ~ずはふぃせるの匂いを嗅いだだけで、我関せず。
きゃーっ♪とばかりに走り回り遊んでいました。

みしゅだけは、?顔で何回か匂い嗅ぎにきていましたけど、
「踏むんじゃありません」って怒る方が多かったわε-(T△T)

ふぃせるのお墓は、山茶花のすぐ右側。
こるとと、ぱけら(本名…おはぎ)の隣です。


あとはメモ。


食事の記録…とか。
通院の時に「こんな感じ」を伝えるために。

午前中、
娘ちゃんがどれくらい食べさせてくれていたかを知りたかったので、
よしほさん担当の午後の記入はかなり適当。
覚えてりゃいいからね。

午後は起きている時間の方が少なかったし。


18日の左側にあるパンみたいなのは、
一回にお口に入れる量を娘ちゃんに伝えた物。

1さじは、
直径5mm程度の薬味スプーンなので、
ほんとに少量。
でもこれが精一杯だったの。

ふぃせる

ふぃせる

ふぃせる
ふぃせる

ふぃせる

ふぃせる

ふぃせる

ふぃせる

他のページとか、ちょこっとメモとか、もっとあったハズなんだけど、
22日とか、24日でわかるように、
ころね達に遊ばれてバラバラになってしまいまして。

無残にもバラバラになって修復不可能がかなりでました((+_+))

わたしの管理も適当だったからいけないんですれどね。






ふぃせるは頭も性格も良いコです。



ふぃせる…白血病闘病「終わりました」

2014-11-14 (Fri) 00:06[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしきいぬていえん 白血病 
本日、AM10:30
ふぃせるの時間を止めました。

朝から、報告しなきゃな…と思いつつ。

ここまできたら書けるかなと思ったのですが、
やっぱりちみと泣いちゃいそう。

明日だ、明日!!!!

ふぃせる…白血病闘病、ケージはフラット。

2014-11-11 (Tue) 01:03[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしきいぬていえん 白血病 酸素吸入 呼吸苦
ふぃせる
すっかり歩けなくなったので、
ケージ内のトイレを撤去したんです。

入ろうとガンバって、
後ろ足が引っかかっちゃったり、倒れたりするし。

座ったまま、転がったままチッコジャーなので、
オケツ下にシートを敷き、
オメド周りが濡れていると冷えるので、
しょっちゅうチェックしています。

ケージ内フラット仕様

昨日の夜中、
介護付きでワシワシと部屋の中を歩き回ったのですが。

今日も「でたいー」と言っておきながら、
立ち上がろうともしないし、
体を動かそうともしないので、
もう一度吸入器のトコロへと体を近づけたら、
そのまま横になってしまいました。

ふぃせる

一日おきに、動ける日があるのかしら((+_+))

今日はチッコを量は色々で4回確認しましたが、
ウンチョさんは無し。

強制給餌どころか、
お水を口にしてもオエになってしまうようで、
一回だけ3匙食べましたが、
他は1匙ずつ。

今後、
呼吸苦が重くなっていくでしょうし、
食べられないことによって、低血糖になるでしょうし、
点滴も射てなければ、
胸水を抜く体力もありませんし、
そうして、
寝たきりになっていくのでしょう。

考えると切ないですが、
ゆっくりと終わりに向かっていけるならば、
この方が良いのかもしれないとも思うのです。

一番の理想は、
病気だろうが、寿命だろうが、
りぃるさんのように眠ったまま、すっと亡くなることです。
それを目標に全員を看取るのですよ!!!!
もろちん、苦しんだからって手は抜きませんが。



他のコ達はふぃせるが危篤だろうが、どこ吹く風。

うじゃ

ふぃせるがお残しするa/d缶を目当てにソワソワするくらいですね。
が。
ダメです。
あげませんよ。

入院ケージを覗きこむこともありますが、
にゃんこには、そういう感情が無いのか、薄いのか。

少し羨ましくも思います。
ダメージって辛すぎますから。
そんな風にダメージくらうニンゲンですから、
最期に、
「これで良かったのかしら、もっとこうすればああすれば」
にならぬよう、
痛魔苦しみが加算されないアレやコレや試して、
話しかけて、
骨だらけになった体が痛くないようにそっとマッサージして、
時間を稼いでいるのです。
「次」がイヤにならないように。

考えてみると、
ヒトのように治療や延命の意識が無いのですから、
彼らにしてみたら「死は自然のこと」なのかもしれません。

「死んじゃったねー」じゃなくて、
「動かなくなっちゃったねー」なのかも。




すもも ぽちっと




あのね、







猫神様がいて、
私に捨てちゃんを押しつけまくっているなら、
どんなコが来たって言いから、
そのコの最期の時間くらい、
お願い聞いてくれたっていいと思うのよ。











ふぃせる…白血病闘病、今日は自力?

2014-11-10 (Mon) 00:53[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしきいぬていえん
病気は一進一退。




で、ここからまたダルンダルン。

昨晩はグンニャリと脱力して、
これはもう最期の時間かと思わせたコが、
今朝は朝からご挨拶です。



自分で立ち上がって、お水を飲んだりも。



やはりご飯は拒否なので、強制給餌ですが。



ともかく、今日も様子見というコトになりました。


夜になって、幾度目かの強制給餌。
水分補給+a/d缶3匙。

後。

ヨロ~と立ち上がると「でるの」の一言。

はいはい、徘徊するんですね…と、お部屋に出すと。
後ろ足が利かなくなっていました。
前足はしっかりと動かせますが、
後ろ足は左右にズルスルと広がったり、関節が伸びてしまったりと、
全く力が入らない様子。
食べていませんから、当然と言えば当然です。

移動したいとの要望に、
後ろからオケツの下に手を入れて補助。

後ろ足が床についているだけの状態にしてあげると、
自分で足を動かして進みます。
少し進んで休憩。少し進んで休憩と、1m進むのに2回休憩。
ふーっと満足して横になりました。

しばらくすると、また「あるくの」と前足で立ち上がろうとするので、再び補助。
これを2時間、娘ちゃんと交替しつつ2人してずーっとお付合い。
他のコ達がきゃーっ♪と走っていくのを目で追いかけたり、
娘ちゃんがえぴをジャラそうとして動かす指を凝視したり、
さんざん歩いたので
(もちょもちょだけどね)お腹が動き始めたのか、
「といれー」とパンに足を掛けるので、手伝うとチッコしたり。
「またといれー」と言うので、ベビトイレを用意したらウンチョ踏ん張ったり。
親指の先ほどのウンチョさんしましたが、
出た後で緩いのが残っていたようで、オケツ周りベトベト。
これを娘ちゃんと2人がかりでお掃除。
オケツを拭くための適当なモノがなかったのでケ☓リーナで代用しました。
a/d缶のせいなのか、ゆるゆるウンチョさんはまっ黄色。
ビタミン?
チッコでトイレに入ること3回。
毎回、すずめの涙程度のチッコですが、出ないよりずーっとマシです。

さきほど、ケージに戻し、
娘ちゃんが水分補給+強制給餌1匙してくれました。
1匙なのは「おえ」しちゃったから。
いま、
動いて疲れたのか、
ロートの中に顔を突っ込んで熟睡しています。
タオルめくって確認したけど、
呼吸は安定している感じだし、頭を揺らしている様子も無し。

酸素濃度は90%

濃い目ですが、
どうしても、わずかに鼻に風が当たるので、
イヤになると反対向いていたり、ロートから顔を出して寝たりと、
けっこう自由に動いているので、あまり問題無いようです。

楽ならいいよ。
楽ならね。











ふぃせる…白血病、残り時間少ないです。

2014-11-09 (Sun) 00:58[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしきいぬていえん 白血病
ふぃせるの時間、もうあまり無いようです。

白血病で胸水が溜まり、
安楽死の選択の説明をすでに受けています。

同じ境遇になったコと、
飼主さんの参考になればと思い動画を残します。
「あそこの家のコは、こう判断してたな」程度のものでしょうが。

以下は、発症からの我が家での選択です。
ぐじぐじしているのは…まぁ、心境と思ってください。

急性で、
発症時の通院から
「胸水を抜く時のショックで心臓が止まってしまうかもしれません」
と言うことでしたので、
病院での相談の末、
入院や、連日の投薬や注射、副作用が出る強い薬は見送りました。
早くて明日にでも。もっても数週間。
なにをしても助からないだろうと言うことでしたので、
これから先、
さらに苦しくなるだろうふぃせるに、
改めて苦しみを加算させることをしたくなかったのです。
治療は苦しみを薄めるものではないということでしたから。

食事は拒否でしたので、最低限の最低限で強制給餌はしましたが、
最期まで緩和ケアで行こうと娘とも相談。
最期の時間、
ゆっくり逝けるか、苦しむかで、安楽死のこともきちんと話し合いました。

2014/10/17から、呼吸が苦しくなったら通院。
病院では、胸水を抜くことと、ステロイドの注射。
通院の緊張で呼吸苦になるため、基本は自宅での安静。

自宅では、
高濃度の酸素吸入と、
これは自己満足かもしれないけれど、
サプリメントを加えたa/d缶もしくは退院サポート。
酸素吸入は、
思った以上に安静に効果がありました。

ふぃせるは、
ケージから出たがりもしますが、
基本的に大人しく酸素室仕様にしたケージの中にいてくれます。
ベビの時から、
夜は寝る時間で運動会をしてはいけないということと、
緊急時等にケージに入っていられるようにの訓練も兼ねて、
子猫の時は、
「夜はケージの中」生活していますので、
ケージに入っていることに対する抵抗は少ないようです。
好き勝手に移動して寝ていますが、
苦しくなると、
自分から吸入チューブに頭を突っ込んでいます。

胸水は、
どんどん溜まるものではなく、
ジワリジワリと溜まり、
ある程度まで溜まればそれ以上はすすまないということでしたので、
体重が2kgをきるところで、
胸水を抜いて、たんぱく質や血液を失うより、
呼吸に変化が無い限り、
生命維持を優先にしましょうと説明を受け、
胸水を抜くことをいったんやめました。
苦しいことは苦しいようですが、
胸水を抜いた後の時間経過の呼吸の変化より、
抜かないでいる時の方が変化が無いようです。

お顔を上げるようになったり、
お口を開けて呼吸するようになったら、
呼吸優先でまた水抜きをする。

……ということですが、

その状況になったら、
最期を覚悟するという判断ももちろん考慮に入れてあります。

前回の通院で、
「ケージから出たい時は呼び掛けてきます」とか、
ケージから出たら「好きな場所までテコテコ移動します」とか、
「トイレは自力です」とか、
「にゃンモックには登れます」とか、
日中の行動の説明をしたところ、
先生に言われました。

状況的には、
とても苦しいはずだし、
食べられなくなった時点で安楽死を選択します。
けれど、
もしふぃせるちゃんが僕の猫で、
ここまで明確な意志表示があったら、
僕も安楽死をするかどうか迷います。


最終判断は、
病院から「諦めてください」と言われない限り、
最後まで難しいことだと思います。
けれど、
どうか、
簡単に決めたことだというようにだけは取らないでください。


見たくないよ…というヒトは再生しないようにお願いします。
音量注意です。




明日は、朝一番で通院します。


もう通院も「怖いこと」でしかありません。


すもも ぽちっと


どうか、
最期の時間は穏やかでありますように。

ふぃせるにこれ以上の苦しみがありませんように。