2007年11月のエントリー 

タナギ?

2007-11-29 (Thu) 23:37[ 編集 ]

本日のこむぎ

 

 

今日は、思い切ってゲージの扉を開けてみたんです。

 

まだまだタナギが抜けないこむぎは、

開いたままの扉に興味があるものの外に出ようというトコロまでは行かず。

 

ところが、「ほおっておきなさいよ」と言われた娘ちゃんが、またも手を出してしまったから大変。

 

「フゥゥゥー、しゃぁぁぅぅ~っ」

 

と、絶叫一つ。

部屋の中に逃げ出して(そう、彼女からすれば「逃げた」んです)しまったのです。

 

本当ならば、恐る恐るでもいいから、自然にゲージからでてきてもらわないといけないんです。

自分から動くということが大事なんです。

 

とはいえ、やってしまったからには仕方無い。

(当然、娘ちゃんは叱りました。脅かしてしまったんですからね。嫌われたくないなら気をつけねばならないんです)

こむぎが部屋の中をアチコチ逃げ回るのを、二人して傍観です。

 

ぷりんちゃんが気にして後ろを追いかけますが、

こむぎは、もうパニック。

 

押入れ下段に入っているタンスの上へと隠れてしまいました。

 

さすがにぷりんちゃんのサイズでは厳しい場所。

タンスの前で

「ぷー………ぷにゃー」

(いや………ホント、こんな声なの)

こむぎは、無視。

 

それでも、しばらくするとゴキさんのような姿勢でカサカサと部屋の中を徘徊し始めました。

 

後ろを付いていくのは、ぷりんぶどうぱいん

ウッカリとまぁにさんの前に飛び出してしまった時は、当然、パンチを喰らい、

さらに追いかけられて、2回目のパンチ。

手加減してくれているのか、すっ飛ぶほどではありませんでしたね。

教育的指導(まぁにver)でしょうか。

 

30分ほど徘徊したので、とっつかまえてゲージの中へ。

スミッコに追い詰められての捕獲でしたが、威嚇は無し。

痛いことはされないと認識してくれたようです。

 

ゲージの中ではゴロゴロちゃん。

 

「出してー」

 

という声が頻繁になりそうです。

けど。

いい感じかもしれません

自分だと、取りづらいので、娘ちゃんが構っているトコロをパチリ。
 
↑はい、いつも通りうるさいですよぉ。ポチッとどうぞです↑
(よしほさん、イイ歳してかなり頭悪そうです)
 
 
くねくねの、甘々でしょ
 
可愛らしさ抜群です。
ゲージの外でも、こうなってくれるといいなぁ。
 
 こむぎ ぽちっと
 
 
さて。
 
相変わらず、ミシン、ミシンやっているのですが、
 
今日はとんでもないジャマが入りまくりでした。
これ、
衣装ケース(といってもA4サイズのプラ箱ですが)を5個重ねた「簡易アイロン台」なんです。
アイロン台を、ニャンコ達がボロにしてくれたものですから、
シーツと綿毛布を置いた上でアイロン使っているんです。
(買いに行くと、気に入るの無い上に高くてねー)
 
「目打ち」を使って、縫い目を解いていたのですが、
そこへぷりんちゃんがジャンプ。
 
ぷりんちゃんが、わたしに「ちゅっちゅ」しているのを下から見ていた
ぶどう君まで飛び乗る始末。
 
目打ちは尖っているから危ないんです。
娘ちゃんに使わせる時だって、
「刺さないようにね」
って言うんです。
 
なのに、飛びつきやがりましたよ。
 
2匹が座り込んだので、その隙間でまた開始しましたが、
 
ヤリヅライッ!!!!
 
2匹には、丁重にお付き合いをお断りさせていただきました。
 
なんでこんなにヒッツキムシばかりなんだろうねぇ。

タナギ。

2007-11-29 (Thu) 00:21[ 編集 ]

本日のこむぎ

ぱいん君と、らぶらぶ。
 
↑よしほさん、ウルサイです。音量注意で………ポチッ↑
背中の毛を逆立てると、こーんな感じの色になります。
 
一番ハッキリしている黄色は、やっぱりホッペですね


こむぎ ぽちっと

ごった煮。

2007-11-28 (Wed) 01:01[ 編集 ]

温かくて、美味しい。冬にはかかせない

でも、これだけ寒いのに、寝汗をかくほど暑いってのも結構辛い。

すもも ぽちっと

至福の時間。

2007-11-27 (Tue) 00:29[ 編集 ]

テレビを見ている娘ちゃんに抱っこ。

甘えたしているのは、ぷりんぶどう
 
このコ達、甘え方も、ヤキモチも、ホントにそっくり。
 
抱っこされているのは、「自分じゃないとイヤ」っていうタイプ。
 
 
そういえば、最近、ぷりんくっきーサビ姉妹は、険悪な状態。
ぷりんがちょっと足を踏んでも、くっきーが怒る。
一緒に寝ようとすれば、先に寝ているほうが怒る。
どうやら、一歳半にして「自我の目覚め」を経験している様子。
………二次成長期ってヤツかしら………。
 
 
 
ぶどう ぽちっと
 
 
 
 
本日のこむぎ
 
 
 
オドロキの現実。
 
 
レッスンから戻り、食事を終え、娘ちゃんの期末テスト勉強に付き合っている時、
こむぎコールが。
(ようは、ゲージから「出してぇぇぇ」ってヤツ)
 
はいよ、はいよ、とゲージの中に頭を突っ込む(まだ出せないからね)と、
いきなりのコロン。
 
おや。
今日は威嚇も、逃げ腰も無しですか。
 
と思ったら、いきなり、わたしの腕に甘えた攻撃。
 
両肘をついた間に、くねくねと(上から見ると地を這う蛇ね)仰向けのままで入ってくると、
手のひらを舐めるは、
指を甘噛みするわ。
 
挙句の果てに、う~んと首を伸ばしての「鼻ちゅー」
気紛れかと思いきや、
幾度となく「ちゅー」
 
ママ、メロメロです。
 
抱っこはまだダメ。
五秒が限界。
 
でも、れもんちゃんみたいに、
「抱っこは得意じゃないけど、お膝は大好きな甘えっコ
ってのもいるから、
ひょっとしたら、そんなタイプの甘々さんになるかもね。
 
勉強を見てくれという、娘ちゃんの声にゲージを出ようとしたらガシッと腕に掴まってきました。
まん丸のお目々で
「行っちゃイヤ」
 
あああ、こんなことされたら、これから先ゲージから出られなくなっちゃうじゃないねぇ。
 
 
 
で。
誰か欲しい方いらっしゃりません??

だってフェチなんだもん。

2007-11-26 (Mon) 00:00[ 編集 ]

もぉぉぉ、カワイー!!!!!

大王様のぉ、
ちまっとそろえたお手々
あ………ベッドのキズは見ないでね。
カワイ~~~~~~~ッ!!!!!!
 
 
 
 ぱいん ぽちっと
 
 
 
本日こむぎ
上機嫌で↑な風にぱいん君と遊んでいたのですが、
いつしかヒトリで本気になったようで、
「うぅー、ふしゃーっ」
という声まで。
 
しばらくすると、
その越えに悲鳴が混じり始めました。
あまりにコロコロし過ぎたのか、足がゲージの隙間に入ってしまったんです。
 
 
その痛みは、ぱいんのせいだ」といわんばかりに、猛攻撃&威嚇。
 
とはいえ、大王様に、コニャの本気が通用することはなく、
ちみっと
「困ったなぁ」
という顔をするばかり。
 
こむぎのほうも、なんとかしようと体をアチコチに捻るものだから、
状況はさらに悪化。
突っ込んだ足を、別の場所に引っ掛けたまま、体が反転しちゃったんです。
こりゃあ、痛いよね。
体重が、関節に決まっちゃってるんだもん。
(自分で自分に関節技です)
 
 
とりあえず、首元に噛みつかれたままボーッと座っているぱいん君をゲージから退避。
 
 
なんとかするのは、簡単です。
 
ひっかかった爪先をチョイと押し戻してやれば、戻るんです。
 
ところが、
 
前科三犯。
カミツキガメにだって負けないゾ。
ってヤツが、
小ぶりながら鋭い歯を見せつつ、真っ赤な口を大きく開けて一番奥で待っているんです。
 
ええ、もぅ、
「ヤッてやる、ヤッテやるんだからね」
と、全身で言っています。
 
とりあえず、パニック起こすとすっ飛びになることはわかっています。
この状況ですっ飛ばれたら、まず骨折。
(それだけは勘弁です)
 
敷物にしているバスタオルでゆっくりと体を覆いこむぎの為じゃなく、噛まれないようにね)
爪先をチョイと押し込み、さらに踵を外しました。
 
タオルをどかした瞬間、
スミッコに逃げるこむぎ
 
心臓はバクバク。
あんまり痛かったのか「にゃうぅぅぅ、ぁうぅぅぅぅん」と威嚇の声も控えめです。
そのままの姿勢で、左足を擦ってやると、
疲れ過ぎたのかうとうとしだしました。
 
大丈夫かなぁと手を止めると、とたんに見つめてきます。
 
こんなトコは、ヒトの子と同じですね。
 
おねーちゃんおにーちゃん、大騒ぎのこむぎが気になったようです。
 
………並んだ姿は可愛いんだけど………。
小粒とはいえ一歳半のぷりんちゃんに、生後五ヶ月のぶどう君。
この体型の差って。
いまから、この大きさかいッて思うと、ぶどう君の将来が怖い!!!!
大王様を凌ぐ大きさになりそうだぁ。
 
 
抱っこにオンブ大好きっコが、そんな巨大になったら地獄!!!!
 
ぱいん君だって大変なのにぃぃぃぃ。
 
 
 
 
追伸。
 
こむぎの足は、なーんともありません。
今も元気に、ゲージの中で遊んでいます。
 
……コロコロのし過ぎは危険だと学習してくれたんでしょうかねぇ……。

限界を知りましょう。

2007-11-24 (Sat) 23:12[ 編集 ]

どうにも無理だというコトもあるんだよ。

まぁにさん?

あんまりにも幸せそうだと、
 
………カゴが、壊れちゃうからさぁ………
 
って言えない。


三色団子。

2007-11-24 (Sat) 00:42[ 編集 ]

猫屋敷+犬庭園名物。

 

三色団子はいらんかねぇ?

ふわふわの、むちむちの、ぷりぷりだよ~
 
 
れもん ぽちっと
 
 
 
 
 
本日のこむぎ
 
 
買ってきた「ちゅうちゅう」に夢中です。
 
ゲージの中に1個入れておくと、
立ち上がったり、転がったりして遊んでいます。
 
プレイリードックがお上手なようで、
えんえんと立ち上がったままお手玉している様子は、絶品です。

りんごが向こう側ですんごい気にしているのですが、まだこむぎに近寄れません。
 
あいかわらず、、動きまくりのコニャです。
 
今日から抱っこの練習をはじめましたが、5秒が限界です。
ピョ-ンッて飛び出すので、ゲージの前での練習です。
(ゲージの外に逃げ出したら、また流血の大惨事ですからねぇ)
 

 
いっそのこと、動かしてみたり。
 
ちゅうちゅうを取られまいと、りんごと攻防中。

僕の場所。

2007-11-21 (Wed) 23:48[ 編集 ]

最近のこるとのお気に入り場所。

寝られると、リモコンがきかない。
 
座られると、画面が見れない。
(しかも、一番肝心な真ん中が抜ける)
 
でも、いちいち降ろすのもムダ。
(いちいち上がるから)
 
 こると ぽち
 
 
 
 
本日のこむぎ
 
 
朝は、変わらずに「出してぇぇぇぇ」の声。
娘ちゃん「出たいの?」とゲージの外から声を掛けたら、
ぱいんすももの後ろへと隠れました。
シツレイなヤツです。
 
 
わたしが仕事へ行く前に、さくら
「ゲージの中に入れて」
と。
 
ぱいんと入れ替わりに入ると、すぐにこむぎの毛繕い。
 
どうやら、完全に代理母する気になったようです………しめしめ
 
うっとりと頭を擦り付けるこむぎがあんまり可愛いので、
仕事を遅刻したかったくらいですがそうはいかず。
 
お昼に家に戻ると、さくら
「まだ出ないの」
と、結局、夕方仕事を終えて帰るまでこむぎと一緒におりました。
 
夕方になり、さくらが出て行くと、今度はぶどう君が
「入るでちよ」
と。
おお、並ぶと、全然大きさが違う。
さすがオトコノコ!!!!
 
こんどは、すももこむぎぶどうでの同居です。
 
コニャ同士で遊ぶ姿が、これまたラブリー
どんな状況にも動じずに香箱を組み続けるすももが………キュート?
 
あれほどヘタレていたぶどう君も、オニーチャンの威厳を取り戻せたようです。

で、撫でコはというと、
ゴロンゴロンのグテングテン。
 
わたしの手を甘噛みし、腕に絡みつき、ひっくり返った姿勢で見上げる。
 
最高に愛らしいコになってきました。
 
ゲージの外だと、相変わらずなんですけどね、とほほ。
 
 
 
そうそう。
 
タナギ
 
うーん………正式な言葉なのかしら。
 
我が家ではバーチャンや、ジーチャン、それからヒーバーチャンも使っていました。
 
 
「人に慣れない、野生の」とかいう意味らしいです。
 
ノラちゃんなんかに使います。
「あのコは、タナギだから近寄らないでいてあげなさい。怖がってるでしょ」
とか。
 
飼いニャンコでも、
「ずっと家の中にいるくせに、いつまでもタナギだねぇ」
とか。
 
 
調べたことはありませんが。

お洗濯も終えました。

2007-11-20 (Tue) 23:44[ 編集 ]

ここんとこ、ミシン、ミシンって言っていたものの一つが出来上がりました。

 

サイズは110cmくらいです。

おチビちゃん用。

 

しかも、夏物。

お洗濯をして、チャコの跡も消しました。
 
 
白い生地も、水色の水玉生地も、お袖のレースも半端に残ったものを仕様です。
だから、110cmなんてちみこいのが出来たのです。
後ろなんか、娘ちゃんの髪ゴムについていたボタン。
娘ちゃんのサイズを作る前のお試しに、と。
型紙も作らず、躾糸もせず、ほつれ止めも最低限で作ったんです。
練習用ってワケですね。
だから、裏側は丁寧に作ってないの。
あ、でも、ボロボロってことはないですよ…多分……きっと。
 
いつか、フリーマーケットに出すモノがたまったら、一緒に売っちゃえるかな~と思ったり。
 
100円くらいで出したら買ってもらえるかしら、ねえ。

相変わらず、

2007-11-20 (Tue) 23:13[ 編集 ]

ぼーぼーしてます。

なんで人差し指(らしき場所)だけ長いんだろう??
 
 まぁに ぽちっと
 
 
 
 
(過ぎ去りし)お誕生日に、お祝いの言葉ありがとうございます
 
いくつになっても、プレゼントは嬉しいですよね。
まだもらいきって(うふ)いませんので、
楽しみはまだまだ続いていたりします。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
本日のこむぎ
 
 
 
朝から、騒いで騒いで騒いでおります。
 
そう、ゲージから出してぇぇぇぇって。
 
脱走した、疾走感がたまらなかったようです。
その分、緊張だってするだろうに。
(ビビッてチビリんしちゃったりするのにね)
 
 
今日は、朝、ゲージの外から指をいれたらネコパンチくらいました。
いてて。
 
なのに、ゲージの中に頭を入れたら、ゴロゴロの甘々。
 
ひょっとして、
ゲージの外のわたしと、ゲージの中のわたしは、別人だと思ってない??

コニャンコらしく、ずーっと動いているのでなかなか写真が難しいです。
 
携帯で撮っているから、連射で写すと、壁紙サイズだし。

大きく写そうとすると、どっか向いちゃうし。・゚・(ノД`)・゚・。
 
可愛い顔しているんですよぉ………タナギだけど。

お誕生日………だったの(とっても過去形)

2007-11-20 (Tue) 09:48[ 編集 ]

だったんですよ、9日が。

(言うの遅すぎ)

 

何十何回目だっていいの、プレゼントもらえるんだもん。

 

娘ちゃんからのプレゼントはまだなんです。

(毎年、ホントに欲しいものができるまで買ってくれないの)

 

会社のお友達からのいただきものは、

可愛らしい、チョコレートケーキ。
(彼女、チョコレート嫌いなのに、匂いに耐えて作ってくれたの)
と、
バケツプリン。
 
あんまり嬉しくて、バケツに入っているトコロを撮らなかったし、
 
ひっくりかえした時に、重過ぎて、自己崩壊しちやったけれど、
 
どちらもすんごい美味しかった!!!!

 
わたしより、娘ちゃんがガツガツ食べていました。
 
甘いのも嫌いなヒトだから、
キッチン中が甘い匂い+チョコの匂い辛かったろうなぁ。
 
 
 
彼女のお誕生日のお返しには、甘くないものを考えています。
彼女の子供達も、あんまり甘くないのがお好みらしいし。
 
でも、よしほさん、料理できないし、
お菓子作ったことないし(バレンタインのチョコすら作ってないわ!!!!)
なので、甘くない、なにか美味しいものを捜索中です。
 
………笑っちゃうくらい巨大なパンとかって無いもんかなぁ。

さて、お庭の続きを。

2007-11-19 (Mon) 00:48[ 編集 ]

う………今日も寒い。

 

ブルブルしながら、草むしり&バナナの木を切り倒していました。

バナナめ…ちみっと油断すると蔓延りやがるのです。

 

ワシワシとデカい葉っぱを包丁で切るのですが…わたし…オニババアみたい。
とか思ったり。

 

本日の発見。

 

グレープフルーツが、10cmを越えていました。

ほんのり黄色になっていて、良い香りがします。

 

苦いだけで、とても食べられたもんじゃないけどね。

白椿も、ポコポコ咲き始めました。
 
昨日のピンクと違って、大き目の花。
10cm前後ですねー。
そして、育児部屋も花満開です。
 
↓ベッドの上の花↓
さて、何匹いる?
 
なぁんと、ゲージの中のこむぎ以外、勢揃い。
 
手前から、全部のお名前いえるのは………クロママさんか??
 
りんごが見え辛くて、
まぁにさんが枕みたい。
くっきーと、ぷりんが真っ黒だねぇ。
 
 
 
 りぃる ぽち
 
 
 
本日のこむぎ
 
ヤラレた。
 
ヤラレタよ。
 
 
黄色いのは、アクリガーゼの色です。今回は、表面だけヤラレました。
ゲージを掃除しなければならないため、こむぎを一度キャリーに移そうとした瞬間、
娘ちゃんがお手伝いしようとして手を出してしまったんです。
 
まだまだ、娘ちゃんに対してはタナギのこむぎ
 
途端にパニックを起こし、ジタバタ。
 
わたしの指に噛み付き、脱走。
 
ベッドへ逃げたところへ、「よせ」と言ったのに娘ちゃんが追いかけちゃったから、さぁ大変。

押さえつけられた瞬間から、ふたたび大騒ぎ。
娘ちゃん、親指を噛まれて出血。
 
こむぎは、死に物狂い。
鼻息は荒いわ、後ろ足は滑りまくるわ、他のコ達は呆然とするわ。
 
こういうタイプは、追いかけるだけムダだっての………ねぇ?
 
パソコンテーブルの下へ、ニャンコトイレの裏へと逃げ回っている間、娘ちゃんに監視してもらい、
ゲージの中の掃除終了。
 
ニャンコトイレの裏に逃げ込んだこむぎを、
反対側から脱走しないように、娘ちゃんを配置。
 
こむぎ、こーむーぎー。ごめんよー、怖かったよねー
 
と、声を掛けながら手を出しました。
 
「しゃーっ!!!」
 
続いて、
 
「バリッ」
 
………運良く傷にならない程度に当たったのですが、本気で引っ掻かれたし。
 
それでも、声を掛けているうちに落ち着いてきたようで、
首根っこを抓むと、「ううう」と唸るまま、ひょいと猫抓み。
 
無事にゲージに戻りました。
 
まぁ、ゲージの中に頭を入れると「しゃー」が復活してしまいましたが、
娘ちゃんなんか、ゲージの外から目が合うだけで「しゃーっ」だからねぇ。
まだマシです。
 
撫でコは大丈夫。
 
一瞬頭を引いてしまうのと、
ゴロゴロのタイミングは…やっぱり遅くなりましたね。
 
とほほー。
くたくたに疲れて、ひとり黄昏中。
でも、撫でコが幸せなのは、変わりなし。

その後。

2007-11-18 (Sun) 00:44[ 編集 ]

良いお天気とはいえない土曜日でしたね。

 

寒かったけど、庭に出て草むしりをしました。

 

ジャングルの冬は、もしかしたら秋より賑やかかもしれません。

ピンクの椿も、ぽちぽち咲いています。
このコは、小粒なんです、6cmくらいしかないの。
シャコバサボテン。
我が家では、ヒーバーチャンが言っていたのでカニシャボと呼んでいます…違いあるのかな。
ピンクちゃんもいますよー。
菊もあちこちで咲いています。
ジャングルでは、雑草と化すほど。
黄色い菊は、まだ植木鉢で大人しくしています。
………このコも、数年したら雑草化するんだろか。
そして、びっちゃんぱけら君のお墓の隣にいるのは、山茶花の木。
チリチリした花びらが可愛らしいし、好きなのですが、
昔から、
「鼻をかんだ後のティッシュ」
に、見えてなりません。
 
一輪一輪で見るということがなかったからでしょうね。
↑こんな感じでしか見ないから~。
 
でも、毎年キレイに咲いてくれるのを見るたび、亡くなっていったコ達を思い出します。
みんな庭にいるから寂しくないしね。
 
 
そうそうそう。
そんなコトしていて、みつけたのがコレ↓
すっかり花開いちゃっているけど、ミョウガです。
ちなみに、これもジャングルの雑草と化しています。
 
夏には摘んで、薬味に
摘んだばかりのミョウガは、香りが良いんですよ~。
 
 
 
 
 
 
 
そして。
 
今日のこむぎ
100%ではありませんが、ゴロゴロになっています。
ほらほら、ちみと見えづらいけど、わたしの腕の中で寛ぐようにもなりました。
自分から腕の中に入ってきたんですよ。
感激!!!!
(ちなみに、よしほさん、膝をついて、ゲージの中に上半身突っ込んだ姿勢です。腰痛いの)
首をう~んと伸ばして、パーカーの袖をふみふみしながら、撫でコの催促です。
甘えて、指を舐めることも。
 
お出迎えは、相変わらず「しゃー」ですがね。
あ、でも、弱々しい「しゃー」です。
ぶどう君がこむぎのことを気にしています。
ゲージの外から手を伸ばして突こうとするので、中に投げ込みました。
 
こむぎは、なんとも思っていないようですが、
ぶどう君は腰が引けた状態で「しゃー」
 
にーたん、今から負けているようです。
この様子では、「いつか、は」はムリのようですね。
 
 
れもんちゃんもポイしてみたけど、ゲージがイヤだと唸るので、すぐに回収。
 
りぃるちゃんは、30分ガンバりましたが、こむぎに興味無し。
 
さび柄姉妹は、絶対的に唸るだろうから、もう少し後。
 
まぁにさんときぃねさんは………問題外。
こむぎ出てきてから「またなんか出たあっ!!??」ってやってもらいましょ。

 
甘々モードが入り始めたこむぎ、可愛いですよぉ

こむぎ ぽちっと
 
 
 
で。
 
 
 
誰かほしいヒトいない??

洗濯物。

2007-11-17 (Sat) 15:33[ 編集 ]

たたんだ娘ちゃんの洗濯物は、楽に2階に持って上がれるように、この中に入れておくんです。

黒いファーを買った覚えはないんだけどなぁ。
 
 
ぷりんちゃん…はやく逃げないと、そのまま娘ちゃんタンスにしまわれちゃうよ?


さび姉妹 ぽちっと
 
 
 
レッスン前にミシンをつかうので、「本日のこむぎは、後程~
現在、脱走犯ぱいん受刑者とゲージの仲でお休み中です。
 
ミシン掛け楽しくって、ひゃっほーしてます。

A3サイズよりデカいです。

2007-11-17 (Sat) 00:55[ 編集 ]

名誉の為に言っておきますが、

 

「毛皮のせいですから」

実は少なめです。
 
 
 
まぁに ぽちっと
 
 
 
本日のこむぎ
 
 
 
 
仕事から帰ると、いつものように呼ぶ声が。
 
はいよー
 
と、ゲージに頭を入れるのも一緒。
 
 
 
と・こ・ろ・が。
 
 
なんか違和感。
どうしても違和感。
 
 
あっ!!??
 
こむぎの、お出迎え「しゃー」が無いっ!!!!
 
しかも、撫でコしてるのに、コロンとひっくり返ってお腹を見せた挙句、
指先にジャレコまでしちゃってんじゃん!!??
 
どういう風の吹き回し??
 
なによ、風邪でもひいちゃったの?流行のAソ連型??
 
などと、どうでもよいパニックを起こしてみたりしました。
 
 
けど、一回。
 
二回目は、きちん(?)と「しゃー」が。
ついでに「うぅー」も。
 
 
さくらちゃんがゲージの入り口に寄ってきたので、
そのまま、ポイッと中に投げ込みました。
 
「あれぇ、また中ですかぁ~」
 
と振り返るさくらちゃんに、お願いっとし、
 
「今日はゲージから出ません~」
 
と、やっているすももちゃんと、
気紛れなのかご機嫌が良いのか、こむぎの毛繕いしてくれるさくらちゃんの間で、
幸せそうに伸びきっているこむぎの姿が。

さくらプロのお陰で、なんだかペソペソしていた
(ぺたぺたとも違うんだけど、ぱさぱさでもない…そんな感じ)
こむぎの背中の毛はサラサラになりました。
 
いやー、さっすがさくらちゃんです
不思議なことにね、すももとはずっと一緒にいるのに、
さくらが入っている方がこむぎが安心しているように見えるんですよ。
寝姿からして違うんだから。
 
 
プロの代理母の異名は伊達じゃないね!!!!
 
場を和ませるだけの「ノーテンキさ」が一番の武器だったりして。

愛される苦痛。

2007-11-15 (Thu) 23:50[ 編集 ]

そりゃあね。

 

これだけの大所帯で、ヒトリボッチでゲージのなかにいたらストレスもタマリマス。

 

ましてや、誰かと一緒にいるのが大好きなぱいん君。

 

このところ、こむぎが来たこともあり、

リハビリも兼ねて、わたしがいる間は少しずつですが部屋に出ているのです。

 

ちょっとでも暴れたらゲージの中に押し込まれるのですが。

みんなと寝ている姿はホントに幸せそうです。
ほらほら、こーんなにグッスリ。
 
毛刈りの儀式のせい&筋肉が落ちてしまったので、お腹の肉がタルタルです。
 
ストレスのせいで、踵にできたハゲちゃんも、
部屋に出るようになったらすっかりキレイになりました。
 

 
ゲージから出てきたすももちゃんも、一緒に寝るそうです。
こむぎは………ヒトリで寝ていますね。
ギチギチ、ギュウギュウ………と、音がしそうです。
あ。
いやん。
真ん中辺りで寝ていたぶどう君も暑くなってしまったようです。
端っこに移動して、うとうと。
 
ところが。
りんごぱいんも暑くなったようで、ゴソゴソ動き、姿勢を変えたんです。
 
………そうしたら………。

………ん?
………んん??

………ねぇ、苦しくないの?………気にならないの??

これも、一つの、愛情表現かもしれません。
「愛って、クチャイのに耐えることなんでしゅね」
 
ぶどう君、ファィトよ~!!!!
 
「はい!!いつか、必ずヤル方になってやるでしゅよ」

おおっ、オトコだねぇ
 

とりあえず、今のトコ、ヤラレル側になる予定はこむぎだね。

ぶどう ぽちっと
本日の、こむぎいじり。
 
お顔をぱふっと掴むと、なぜかうっとりするタナギ。

食事の時間。

2007-11-15 (Thu) 00:09[ 編集 ]

自分がメインディシュになっていることに気付かないのは、きぃねちゃん。

食べ終えたばかりのご飯皿は、まだ汚い………のに。
 
 
行儀悪いって怒るほうが先??
 
 
きぃね ぽちっと
 
 
 
本日の、こむぎ
 
 
 
コネコネ効果は大きく、ゴロゴロ率も高くなっています。
 
 
 
 
今日は、仕事から帰ってくると、背後から「みゅーん、みゅーん」という声が。
振り返ってみたら、ゲージの真ん中でチョンと座ったままのこむぎと視線が合いました。
 
そのまま、気まずそうに視線を外すので、気のせいかと思い、もとの姿勢に戻すと、
また
「みゅーん………みゅーん」
どうやら、呼ばれているようです。
 
はいよー
 
と、ゲージの中に体を半分突っ込むと、「しゃー」
 
……どうしろっていうんだ………。
 
後退りはまだおさまりませんが、体重を預けてくるようにもなってきています。
 
持ち上げても、そのまんま。
 
不意に撫でコの手を放すと、こちらをジッと振り返るようにもなりました。
 
今朝まで、視線を合わせる時は警戒姿勢だったのに、
普通に座ったままで見つめてきます。
 
顔、覚えてきてくれているんだなぁ
 
まん丸お目々で見つめてくるのですが、
これがまた可愛いんですよお。
 
まだ、胸に抱くことはできませんが、うん………いい感じ
 
 
 
 
オオニャのご飯タイムは、こむぎもご飯タイム。
中身が違うのと、こむぎのものは温める為に、どうしてもちょっと遅れるんです。
 
オオニャ達が一斉に食べ始めるのを見て、こむぎもゲージにしがみ付き「みゅーん」
 
ご飯をもって、ゲージに入ると「しゃー」
 
でも、ご飯を食べている最中に撫でコしても怒らないんですよ。
時折顔を上げて確認はしますが、そのまま食べ続けます。
 
 
今、こむぎのミルク目当てに、すももがゲージに入ったのですが、
ミルクを飲むすももの尻尾にこむぎがジャレていました。
コニャンコらしい、のてのてした動きです。
 
うんうん、ママニャンコにしてもらう遊びだよね~
しあわせだね~。

ニャンコ棚の上がり方。ぷりん編

2007-11-13 (Tue) 23:48[ 編集 ]

鳥の声に誘われて、「くけけけけ」と奇妙な声を発しながら、黒くて長い物体が上昇中です。

 

たぬきモドキ(No.1)は、鳥の声に興味が無いようですね。

声からして、ヒヨドリ
どうやら、柿の実を目当てに、タイサンボクの木にとまっている様子。
いくらガンバったって、ベランダには上限がありますからねぇ。
ああ………イチゴを踏むのはヤメて。

すももが、わたしに向かって「ぴぃやー(すもも声)」と鳴いた瞬間、ぷりんが移動。
 
ぷりんが着地時に立てた音に振り返りましたが、当然、ネットに姿はありません。
 
キョロキョロするすももが可愛いやら、オバカっぽいやら
それにしても、回りくどい上がり方をするコです。
 
他のコは、一段目に上がって、二段目に乗るというのに。
(一段目のほうが、横幅があるんです)
 
ちなみに、三段目を制覇しているのは、今現在ぶどう君だけだったりします。
(それでも、最近、寒いからってベランダに出ない末っコNO.2です)
 
 
すもも ぽちっと
 
 
 
 
本日のこむぎ
 
 
飽きることなく、「しゃー」と「うぅー」の対応をされています。
とはいえ、撫でコからゴロゴロ言い出すまでの時間も短くなっていたんです
 
………ええ、過去形。
 
 
本日、
ぱいんが立てないようにと、ゲージの中の高さを調節していた棚を外したんです。
それから、お部屋の掃除機掛け。
 
 
この二つの行動で、信用はすっかり消え失せました。
 
1からやり直しぃ。
 
 
仕方ないですねぇ。

タヌキ顔ですが、まん丸のお目々がキュートです。
目の下のアイラインと、頬の黄色が、愛らしさを引き立てております。
 
ええ………もえオヤバカですわよ
 
 
だって、よしほさんの永遠のアイドル「ぱせりさん」に似てるんだもん。
ぱせりさんの方が美人だけど。
怒るかなぁと思いつつ、ひっくり返してみました。
 
固まるけど、怒らないし、唸らない。
このまま撫でコしても、ゴロゴロ言います。
 
でも、体はカチコチ。
得意技は、後退り。
 
角っこまでは止まれないという融通のきかない特技のため、
本日のメインディッシュになっていますね。
 
 
 
一昨日は、パニック起こして水皿の中にひたっておりましたもので、
3匹入室という大所帯にも関わらず、水皿(手前)はちみこいです。
 
まぁ、ぱいんすももは外に出るたびにオオニャご飯を食べているので問題は無さそうです。
 
 
 
ご対面として、さくらちゃんをゲージの中に入れてみました。
「んー??」
 
という感じのさくらちゃんに対して、いきなりの進入者にこむぎ「しゃー」としていますが、
ベテラン代理母動じず………トイレに入っています(…アレ?)
 
すももがゲージから出ているので、
わたしが寝るまでちみっと入っていてもらいましょうかねぇ。
 
今度は、こむぎにオシリを向けて、香箱組んでおりますねぇ。
 
とりあえず、まだ興味は無いようです。
(ゲージに入ったぶどう君は、こむぎを見たとたんビビって「出してぇぇぇぇぇ」になりましたが)
 
対するこむぎは興味津々。
少し離れて、同じように香箱を組んでいますが、
時折、首を伸ばしてさくらの匂いを嗅いでおります。
 
………はやく面倒みてくれないかなぁ………。
 
すもも母さん、毛繕いしてくれないから、こむぎキチャナイままなんですよねぇ。
 
ペット用ウェットシートもあるのですが、
ぱいんのようにエリザベスカラーをしていてどうしようもないならともかく、
アレで体を拭くのって、なんだか抵抗があって~。
 
タオルで擦られるのもイヤだろうしなぁ。
 
普通なら、拾った当日に洗うのですが、
これだけシャーシャーの抵抗魔だと、絶対に鼻に水入っちゃうんですよねぇ。
 
それで風邪ひかれるのもヤだしねぇ。
 
 
………あ、さくら、寝ちゃってる~って、シャッター音で起こしちゃった、ゴメン。

お。
こむぎが段々近づいて来てますよぉ
 
さくらちゃん、後ろ~!!!!
 
 
 
 
 
 
お返事の余裕がないので、ちみっとだけ(ゴメンなさい)
 
 
 
 
ほ~にゃんちゃん、お名前考えてくれてアリガトー
 
 
沙織さん豚骨姫さん、おトイレは教えなくても使えるコは使えるんですよー。
それに、ホラ。
育児部屋の場合、ニオイは最初から付いてるしね。
 
 
コータさん、しふぉんのことかな?
うんうん、あのコも「しゃー」だけど、こむぎのように攻撃性は無かったんですよー。
 
 
クロママさん、おトイレの躾け方バッチリィ
こむぎ、長毛種というより、混じりのある中毛かなぁ。
 
 
えるびうむさんまで調教師ってぇ………馬みたい~…乗れるほど大きなニャンコが欲しい
余裕が無い今は、可哀想なのですが、ジャレコもまだ恐怖なのですよー。
引き取り手が現れてくださるのならば、モチロン甘々ニャンコに育て上げますよぉ。
 
 
ゆこむしさん、抗生剤ありませんでした…とほほー。
でも、まだ膿んでいないみたい…イタイケド。
 
 
やーん、カレンさんってば。
気が弱くても、育児部屋にいればやっていけますよお。れもんちゃんみたいに、ね。
 
 
おつきみだんごさん、麦焦がし知らない??
和三盆使った干菓子ですよー。甘いの。
 
 
ニャンママリンさん、レオ君レンタルしたいです。切実に。
誰もちゅっちゅはさせてくれないんですよねえ。
メイちゃんも、はやく現実猫になってくれるといいですね
 
くろ★るぅさんばんてぃくぅさん、嫌がるけれどケンカにならないんですよ、不思議ですよね。
すももの時は、大きいコだったのでイジメがありましたが、コニャは別みたい。
でもって、こーんなに荒々しいのを拾うのは、我が家では珍しい方ですねー。
 
 
σ(・ω・ハル) さん、キュピーンと光っている目は、ぷりんちゃんです。キニナルみたい。
 
 
ちーやん。さん、はい、ブチッと音がしました。
よーく見てみたら、右手にも歯型がありました。とほほ。
 
 
lovelymaiさん、すっごいんですよー。
しふぉんの「うぅー」なんて可愛いモノだったわねってくらいです。
 
 
長くて大変。
お読みいただく方々に、たくさんの感謝を込めさせて頂きます
ええ………もういらないってくらいギュウギュウ詰めにしてね
 
 
お・ま・け


遅刻厳禁よ。

2007-11-12 (Mon) 23:22[ 編集 ]

ご飯の時間になっても、ぐうぐう寝ていたきぃねちゃん。

気付いた時には、もう遅し。
 
残りカスしかありませんでした。
 
娘ちゃんがきぃちゃんご飯だよ」って声掛けたのに、無視してるからいけないんだよー。
 
とか思いつつ、娘ちゃんが寝た後でコッソリと缶詰を開けました。
(この甘やかしが一番いけないんだろうな………とほほ)
 
 
 
 きぃね ぽちっと
 
 
 
 
こむぎは元気です。
 
コニャご飯を残さず食べ、コニャミルクも空にし、カリカリを音立てて食べています。
 
うんちょさんも、ちっこも、ちゃんとトイレでいたしました。
 
相変わらず、部屋に入るたびにゲージの中に頭を突っ込んで捏ねくっております。
伸ばした手に、最初は
「うぅ」
と唸ります。
が、
噛み付くことなく、すんなりと撫でコ。
まぁ、撫でられながらも、時折、
「うぅ」
とやっていますが、これはムシ。
とにかく、顔と、伸ばされた手は怖くないってコトを覚えてもらわないとなりません。
 
娘ちゃんもガンバって触っていますが、こちらはまだ唸りが強いかな。
 
対する時間が短いってのもあるしね。
 
どちらかの顔を覚えてくれりゃいいんです。
 
 
すももは、変わらずゲージに入りたがってくれますし、
このまま落ち着いてくれるかなぁ。
 
 
写真を撮られるのが怖いようなので、今日はお顔無し。
けど、我が家の一員になってしまった以上、強制的に慣れていただきますわよ~
 
 
ほほほほほ。

指がズキズキします。

2007-11-12 (Mon) 00:57[ 編集 ]

コニャンコ、お名前決定ですー。

 

こむぎちゃん

 

になりました。

 

やはり、オンナノコのようです。三毛だしね。



恒例(?)の、娘ちゃん携帯での大きさ比較です。
 
見事なタヌキ顔
 
お名前は、娘ちゃんと買い物をしながら目に付いた商品を口にして考えました。
 
えーと、
「どらやきぃ」
とか、
「ころっけぇ」
とか
「ちょこ…は昔いたしぃ」「しょくぱん」「それはダメっ」
なんて目に付くもの全て口に出しながらです。
 
どうにもマジメになれなくてね、今回。
 
うめぼしー
 
「なにそれぇ。あ、すもものそばにいるから、こうめ」
 
あー、それいいねー
 
なんで、そばにいると"こうめ"なのかは不明ですが、
可愛いからいいかーと思っていたのです。
 
「こんぺいとう」「まっちゃ」「それヒドいでしょ」「じゃ、むぎこがしぃ」
 
と、お菓子の催事場でふざけていたら、

こむぎなんてどう?
 
色的に焦げっぽいから。
 
「あー、それも可愛いね、でもこうめがいいなぁ」
 
とは娘ちゃん。
 
けれど、ご飯をあげる段階で、
 
はーい、こむぎ、ご飯だよー
 
って、やっている自分が。
 
娘ちゃんが、
 
「いいよ、こむぎで~」
 
決して、ビールを見てつけた名前じゃありません。
由来は、麦焦がしです。
(麦焦がし………知ってるよね??)
 
 
でもって、こーんなことまでできるようになりましたよ。

緊張が解けたわけではありません。
 
手の動きによっては「しゃー」することも。
けれど、うっとりと頭を押付けられた時は、最高です
 
こーんなにふっくらに見えるのに、骨の手触りしかないんですよ。
 
でも、コニャミルクに、コニャ缶詰、カリカリと、
食べまくりしているので健康状態に問題はなさそうです。
 
ちなみに、すももちゃんですが、
タオルを取り替えるために一度出てもらいました。
 
ついでに、オオニャ達のご飯タイムだったので、お食事。
 
ところが、それを終えると、さっさとゲージの前へ。
 
「入れてー」
 
と鳴くので扉を開けたら、すすすっとこむぎの隣へ。
本格的に代理母するようです。
(毛繕いやら、お相手やら全然してないみたいだけど…わからないんだろうなぁ)
 
涙を誘うのは、こむぎすももちゃんのお腹の下へ潜りこもうと奮闘すること。
 
なーんにも気付かないすももちゃんは、横になろうとは絶対にしないし、
崩された姿勢を戻してしまうんです。
さくらちゃんだったら、ちゅっちゅはされてくれなくてもお腹に抱え込んでくれるんだけどなぁ。
 
コニャがいるとはいえ、寝る時までぱいん君をゲージの外へ出しておくわけにも行かず、
ご対面させてみたら、さほど気にしないようなので、
「擬似親子(お互いに我関せずver)」で寝てもらいます。
 
ゲージの中がもうイヤなぱいん君ですが、
出しておくと調子に乗るしね。
 
ぱいんこむぎには、しばらくの間ガマンしてもらうしかないでしょうね。

はやくゲージから出られるといいんだけど。
 
あ。こうやって見ると、大きさの違いがよくわかりますよね
 
あ。
 
………どうやら、擬似パパに踏まれたようです。すんごい文句言ってます………気が強いなあ。
 
 
 
さて。
 
………お風呂入ったら、指にアクリガーゼ貼らないと………。
どうやら、2・3日後には穿って膿を出さなきゃならないことになりそうですよ~。

こむぎ ぽちっと

すももマジック。

2007-11-11 (Sun) 18:35[ 編集 ]

「なぁんにも考えていないコがいる」

 

というのは、とても幸せなことかもしれません。

 

 

すももちゃん。

 

誰彼構わず強引な性格をしていますが、

 

逆に言えば、

 

誰だって彼だって構わない。というコト。

 

コニャンコ(まだ名前はありません)がいるゲージの中に頭を突っ込んで、

強制撫でコ(必殺技?)をしているトコロへ、

 

「入れてー」

 

はい、どうぞ。

 

入ってくると、唸りまくるコニャンコを尻目にスタスタとタオルの上へ。

 

わたしに撫でられ、ゴロゴロ言うか、唸るか迷っているコニャンコは、

 

「シャー」

 

と、言おうと開けたままの口で固まりました。

 

 

 

撫でた感触ですが、

 

?怪我はナシ。

 

?若干、長毛種が入っているかな?

 

?見た目よりも、毛がパサパサ。

 

?背骨が浮くほどにガリガリ。

 

の四つ。

これだけでもわかれば、対処しやすいというものです。

 

とりあえず、栄養のあるご飯で様子見。

 

さわると、縮まったスズメのような姿勢で、必死で耐えています。

思うよりも、長く外にいたようですね。

ゲージの隅にいたコニャンコのトコロへ、まぁにさんが匂いを嗅ぎにきたんです。
 
いきなり、後ろから鼻をくっつけられたコニャンコは、
飛び上がるほどビックリ。
 
すももの後ろへと隠れました。
 
すももは振り返りもしません。
 
まぁまぁいい感じ。
 
すももがゲージの中で預かって(?)いてくれるので、
コニャンコの切なげな「ママ探しの鳴き」が止まっています。
 
これもいい感じ。
ほらね、ぴったりこ↑
 
 
もう1つお願いしたいのが、
 
すももちゃん、もう少しコニャンコのこと面倒みてくれないかなぁ。ってことかな。
隣にいて、唸っても、嵐吹いても、
まるで興味がありませんって感じなのよねー。
 
毛づくろいくらいしてくれてもバチはあたらないと思うわ。
 
 
あ!!!!!
 
 
ひょってして、ニャンコアンカが目当てなだけだとか!!??
 
 
 すもも ぽちっと
 
 
ぶどう君の時も助けてくれたんだよねー。
http://myhome.cururu.jp/cor10corto/blog/article/21001373083

犯人確保ですっ!!!!

2007-11-11 (Sun) 14:26[ 編集 ]

究極ビビり&タナギです。

 

ゴム手袋をしての捕獲劇は、熊笹のヤブを剪定しながらの作業となりました。

いやね、

ゴム手は、単に、

熊笹についている「チャドクガ」さんの毛虫さんたちを警戒してのことだったんですけれど、

 

結果として、正解。

 

 

生後二ヶ月弱。

 

丸い体と、丸いお目々。

そして、強烈な攻撃性!!!!

だまってりゃ、可愛いんですけれどね。

いつものごとく、よしほさんウルサイですが、
ポチッとしてやってください。
 
 
で。
 
 
どんくらいタナギかというと、

ほらほら、歯型。

ほらほら、こっちも。
 
よしほさんの短くて太い指が、さらに短く見えますね。
 
これがねぇ、
とんでもない力で噛んでくれまして。
 
食い込んだ歯をどうしても離さないんですよ。
おかげで、
しばらく噛み付かせたままジッとガマン。
その後、
わずかに身動きした瞬間に、掴んでいた首の後ろをグイッと引っ張り、引き離しました。
痛かったぁ。
 
 
ゴム手袋してなかったら、もっとガッツリいってただろうなぁ。
 
 
 
しかも、
 
こんな危険物質、育児部屋に放すことなんてできません。
 
仕方なく、ぱいん君をゲージから出して、
(こっちは、こっちで「ラッキー」って感じで遊びだしましたがね)
 
………ゲージの奥に、放り投げました………。
 
イヤ………イジワルしたわけじゃなくてね。
 
隙あらば攻撃しようともがくものですから、ゲージを閉める為に奥に入れなきゃならなかったのね。
 
ゴンッ!!!!
 
なんて音してたけど、即座に振り返って飛び掛ってこようとしたのにはビックリ。
 
なかなかオトコラシイヤツのようです。
 
………オンナノコっぽいけど………。
 
 
 
さぁて、名前、どうするかなー。
 
 
ところで。
 
 
 
誰が、欲しいヒトいません??

こむぎ ぽちっと

ポイ捨て。

2007-11-11 (Sun) 12:31[ 編集 ]

しちゃイケナイのは、ゴミやタバコだけじゃないハズ!!!!

ゴミでも、タバコでもねぇぞぉぉぉぉぉッ!!!!!
(あら、やだ、お下品)

こむぎ ぽちっと

食べたい

2007-11-11 (Sun) 00:13[ 編集 ]

おまたせいたしました。
きいねの、チーズケーキでございます

・・・顔つき・・・

 
きぃね ぽちっと

(ある意味)恐怖。

2007-11-10 (Sat) 23:33[ 編集 ]


キラリーン

 

獲物(ぶどう)発見(かもしれない)

 

by.娘ちゃん

殺ち○う事件。

2007-11-09 (Fri) 23:33[ 編集 ]

今朝の話です。

起きた娘ちゃんは、ベッドから飛び降りると、トイレへと向かいました。
娘ちゃんが動くと、クモの子を散らすようにベッドの上のニャンコ~ずも降りていきます。
 
母は、寝不足のアタマで「あと五分だけ二度寝してもいいですか」とか考えています。
 
 
ここまでは、ごく普通の朝の光景。

ふと視線を下に向けると、なにやら床に横たわる灰色の物体
 
距離にして、およそ1m。
 
眼鏡を掛けていないわたしには、モザイクよりもぽんやりとしか見ることはできません。
 
けれど、体型からしてぶどう君?
 
ベッドの上にもいないし。
でも、どうして床に寝てるの??
 
え、え、え、まさか、風邪が悪化して倒れちゃったとか!!??
けど、けど、鼻水も止まったし、
くしゃみだって、少なくなったし、
え、え、でも、ぶり返しちゃったの!!??
 
動揺しまくりながらも、大慌てで眼鏡を探り
 
ぶどうぶどう君?」
 
呼ぶと、
呼ばれて嬉しくて、ジャジャジャジャーン
 
ベランダから「ぎにゃー」と鳴声を上げつつベッドに走り寄る灰色の影。
(ついでに、ゲージの中から「んの~」と大王様の声)
 
あれ、ぶどう君じゃん?
 
 
 
………床の灰色は、微動だにしません。
 
 
娘ちゃんは、なんの反応も無くトイレに行ったけど。
 
 
………これは、………ひょっとして………
 

はい。
巨大な「生ちゅうちゅう」でした。
 
いやー、頭っから尻尾の先まで、軽く30cm。
中々にお若そうなドブネズミさんです。
ホント、久しぶりに見ましたよ、こんな立派なの。
 
おもわず、写真撮っちゃおうかと思うくらいね。
(載せられても、見たくないだろうとヤメマシタが)
 
 
 
 
けれど。
 
いくら巨大とはいえ、目が悪くて見えないとはいえ、愛しいぶどうと間違えるなんて。
 
ああ………罪悪感。
 
 
 
次に思ったのが、
「なんで部屋の中に、こんなのがいるのよっ!?」
ってこと。
 
 
いくらオバカなネズミだったとしても、
これほどニャンコがいる部屋になんぞウッカリだって出てきたりしないでしょう。
 
 
 
原因は、娘ちゃんが学校へ行き、
バーチャンとジーチャンが起きてきてから判明しました。
 
 
 
実は、
 
育児部屋は寝る時、ルスにする時はカギを掛けているんです。
 
なぜなら、
 
まぁにさんが、引戸を開けることができるから。
 
彼女がしたいのは、
夜中の廊下覗き(育児部屋の扉を開けて、廊下を眺める)。
廊下にちみっと出ては、すぐに戻ってくるということを、時折思い出したようにするんです。
 
その廊下覗き病が久方ぶりに再発したらしく、
 
カギを掛け忘れた昨晩、開けたようなのです。
(犯人は、わたし)
 
で。
 
まぁにさんは、開けられるけれど、閉められない。
 
 
 
結果、
 
すももが縁側まで出ていて、部屋に戻れない(居間を抜けなきゃならないから)と明け方に大騒ぎ。
ジーチャンに発見され、育児部屋に戻されました。
(この時、ジーチャンはカギを閉めていってくれたそうです)
 
 
そんなことは露知らぬわたしが雨戸を開けたら、りんごが満面の笑みで庭を走っていきました。
(「りんちゃーん」と呼んだら「きゃーん」と飛びついてきて御用に、アホです)
 
 
誰が獲ってきたのかは知りませんが「生ちゅうちゅう」が育児部屋に。
 
 
出ていて御用となったのは、この2匹。
他のコは、全員、育児部屋の中で発見されました。
 
 
となったのです。
 
 
 
「生ちゅうちゅう」に興味の無い、りぃるぶどうさくらは、
床に転がる、まだ生暖かく柔らかい「ご遺体」を完全無視。
 
ちょっと興味のある、すももりんごぷりんは、
近づくものの、臭いを嗅いでオシマイ。
 
きぃねまぁにくっきーはダブルベッドの中で熟睡。
 
れもんは出窓の端切れ籠で睡眠中。
 
ぱいんは、ゲージの中。
 
ちょいとでも触ろうとするヤツがいない。
 
 
………犯人は、誰だ………?
 
 
 
 
とにかく「生ちゅうちゅう」を殺した犯人はいるはずなんです。
 
ご遺体を調べた結果。
噛み殺したのではなく、絞め殺したことが判明。
(外傷はなく、首が潰れていたからね)
床に血が残ることも無ければ、
毛をむしった痕跡も無し。
 
立派なハンターの仕業です。
 
「生ちゅうちゅう」をハンティングでき、かつ、それを食さないのですから、
飼い猫としては上等。
褒めてあげたいくらいです。
 
が。
 
いったい、どのコが、どの口で「生ちゅうちゅう」を咥えたのかと思うと。
 
ああ……………しばらくキスはシナイデ。
 
こんな時は、チュッチュ大好きな連中ばかりなのが悔やまれます。
 
 
 
ちなみに、「生ちゅうちゅう」のご遺体は、
よしほさんが
ティッシュでくるんで、ビニール袋の中に入れ、しっかりと口を閉じて捨てさせてもらいました。
 
昔からそうですが、こういうの、全然平気だったりします。
 
一時は、オンナノコラシク、
 
「キャー」
 
なんて、してみたりもしましたが、すぐに飽きちゃいました。
 
悲鳴を上げている時間があったら、
ゴキさんは殺す、虫さんはつまんで捨てる、ちゅうちゅうは片付ける。
 
つまり、
 
誰かがやってくれるのを待っているということができないんだわ。
 
ということに気付いちゃったんです。
 
 
あ。
 
 
平気だからといって、
 
虫やら、生ちゅうちゅうやらが好きというワケではありませんのでー。

………すももちゃん?

2007-11-08 (Thu) 23:54[ 編集 ]

強引なコトばかりするから嫌われる………というコトに気付きましょう。

猫鍋ならぬ、猫籠。
 
出窓で、気持ち良く睡眠中のりぃるさんの上に乗ってしまうすもも
 
この後、
オシリの座り具合がどうにも悪いのか(当たり前だ)グリグリと動いた為、りぃるさんに怒られる。
 
当然の如く、追い出されたが、
(吹き零れになるのか!?)
彼女は「懲りる」などという上等な言葉は持っていない。
 
再び、りぃるさんの上に。
 
諦めたのか、どうでも良くなったのか、無視して眠り続けるりぃるさん。
すももちゃん。
好きになってもらいたかったら、
もうちみっとだけでもいいから周りに気を使ったほうがいいよ?
 
 
………それからさぁ………
 
2匹共気付いていないみたいだから言っておくけどさぁ、
 
それ、ママの端切れ入れなんだよねぇ。
水色の水玉模様だけでもいいから、取らせてもらえない?
 
 
 
すもも ぽちっと
 
 
 
 
お返事
 
 
 
ゆこむしさん、縞々がブチブチ切れている「豹」という柄もいいですよねー
 
クロママさん、「サバ」と「キジ」と「赤」と基本三種類らしいですよー。
一番簡単な分け方が、「黒」「焦茶」「茶色」と色別に見ればいいそうです。
縞模様の違いという分け方もあるんだそうで、ここには「雲」「豹」という名が付くようです。
ひーす君、帰ってきませんねえ。
 
ゆかりさん、そうなんですよね~。
色が違うだけなんだけど、印象が全然違うでしょ
 
はなぴんさん、うんうん、足………デカいんです。
 
らなこっこさん、すごい勢いで大きくなっていますよ。
この体型で、缶詰の大半をヒトリジメですから。
 
ロマさん、わたしは色の違いで区別する派です~。
 
クレハさん、おおお、そう見ますか
太さが大分違うのも、オトコ・オンナの違いってぇことで♪
 
ようたさん、うんうんうん。チームしましま。
みんなして集まったら、誰が誰やらわからなくなりそうですよね
 
沙織さん、性格も良いのですよー。
れもんちゃんは一途で、ぶどう君は八方美人。どちらも、可愛がられるペットタイプです。
 
みゃ~さん、わたしはこるとや、りんごのように
「筆からインクが落ちちゃいました」的ポチポチがあるのも好きなんです
一番好きなのは、ブサイクになりがちなサビ柄~
 
トモママさん、そうなの~、りぃるやぐみのように白トラもいるし、
ぱいん君は白サバだし、
りんごのように三毛トラ(足の裏一部限定)もいたりしてね
 
 
ぽんたさん、どうです?しましま1匹追加
 
くろ★るぅさん、きちんと線になっているコもいれば、
ブツ切れタイプや、蛇柄もいたりして、個性色々です
 
カレンさん、わたしも適当ですけれどねぇ。
ちなみに、ぶどうのような「銀色系」のサバトラは、日本古来のコではないそうです。
アメショちゃんとかと混ざって生まれたそうですよー。
キィちゃんのように、少しふっくらしてもらいたいものです。
ご飯食べさせてないみたいな体型なんですもの。
 
えるびうむさん、この柄はみんなまとめて「キジトラ」と呼ばれることが多いようですね。
しましま×3はできないんですよー。
ひーす君が帰ってきたとしても、ヤツは庭出ちゃんなので育児部屋には入らないんです。
して、逆もまたしかりなのです。
 
σ(・ω・ハル) さん、お腹までしましまだと尚スッテキ~です
 
おつきみだんごさん、………いいですね…その解釈
さあ、ぶどう!!!!
いつまでも末っ子満喫していないで、オトコらしく世界に飛び出すのよ!!!!
でもって、ねずみ退治してね。
 
ニャンママリンさん、チームしましまの魅力はたまりませんよね~。
一色毛ちゃん達と違って、顔を見なくても柄で誰だかわかるっていうのも良い感じです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんて、お返事書いていたら、

いつの間にか、中身が変わっておりました。
 
搾りを失敗した上に、焦がしちゃったモンブラン?
 
 
 
おーい、れもんちゃん…………ムシかいッ……水色の生地は取ったから………まぁ、いいか。

チームしましま。

2007-11-06 (Tue) 22:45[ 編集 ]

同じ柄だけど、色が全然違う2匹。

 

ぶどう君はサバトラ。

れもんちゃんは、キジトラ(茶系)。

ひーす君がいたら、この間に焦げ茶色の「正統派キジトラ」が入るのに、ザンネン。

ぶどう ぽちっと

洟垂れ息子。

2007-11-06 (Tue) 00:27[ 編集 ]

ぶどうくーん、お薬飲まないとだよー 鼻水止まらないよー

「おくしゅりはいらないですよー」
(こそこそ)
そんなこと言って、
半カケお薬を、
缶詰の中に入れて、
 
はい、どーぞ。
ぱくりっ
 
はい、お終い。
 
楽なコだわ~。
 
ゴシュウショウサマデス
 
 
 
ぶどう ぽちっと
 
 
 
お返事………したいけど、ゴメンなさいするです。
 
 
 
 
あああああ!!!!
 
 
 
そうそうっ、娘ちゃんは中学2年生ですよお。
はなぴんさん家のほ~にゃんちゃんと、一緒の13歳です
 
ちなみに、身長は156cmだそうです。
母の身長まであと少し。
ばーちゃんの身長までも、あと少し。
 
あ………でも、早生まれだから、学年は違うかもしれない。

爽やかな朝など無い!!!!

2007-11-04 (Sun) 01:19[ 編集 ]

体が痛い。

 

そんな思いで目が覚めかける。

 

横になった姿勢から動こうとして、ギシギシとなる背中に悲鳴を上げる。

(決して、年齢のせいなんて言わないッ!!)

 

眼鏡を取る為に腕を伸ばすこともままならず、

カーテンから差し込む朝日の中、

なんとか首を動かして周囲をさぐる。

 

さぐる。

 

 

さぐれば。

 

 

 

さぐる時。

 

 

 

 

………さぐれ?

 

 

 

 

 

0.04の視力に入ってきた、容赦の無い光景。

うじゃっ
 
一瞬、木の皮の下で冬眠しているテントウムシかダンゴムシかと思ったね。

思わず、眼鏡取るより先に、携帯を手にしちゃったしね。
 
衝撃映像
腕を目一杯伸ばしてガンバりました。
 
右端に斜めに写っているのが、わたしの胴体。
一番上に、水色に曲線を描いているのがきぃねちゃん。
 
ちなみに、さくらちゃんは娘ちゃんの足横。
つまり、このダンゴムシ~ずのずっと右側。
 
まぁにちゃんは、ダブルベッド独り占め。
 
わたしの睡眠に、安眠という文字は無い。
 
 
なーんで、うちのニャンコって、こんなのばかりなのかしら。・゚・(ノД`)・゚・。
 
 
 
 
りんご ぽち
 
 
 
お返事
 
 
 
 
らなこっこさん、大きいですよー。デブいだけかもですが。
 
沙織さん、ぱいん、飽きています…「出して」ってヤラレて辛いです。
ちゃーは、本当は庭にいるはずなのですが、
当人が散歩から返ると真っ直ぐに玄関に帰ってきてしまうので在住中なのです。
 
クロママさん、あはははは、ちゃーちゃんデカいんですよー。
ってか、我が家は大型犬オンリーな家なのです。
ぱいん君、元気になっていくのが=辛いことになりそうです。
 
ゆこむしさん、大工さんはいませんが、オーダーメイド家具職人ならおります。
玄関は、台風非難場所だったのですが、気に入ってしまったようです。
ゲージの中にいたり、タタキにいたり、扉を開けて外にいたりと、気ままにやっているようです。
 
ちーやん。さん、うーん、玄関自体は自転車が四台入るくらいの広さなのです。
ゲージはちみこいですが、中に閉じ込められているわけではないのですよー。
 
ロマさん、ちゃーちゃんは、生まれてすぐに保健所に連れて行かれた時のトラウマがあるんです。
怖いことがあったり、悪さをしたり、車が通ったりすると、
こんな風に上目遣いになっちゃうコなんですー。
 
豚骨姫さん、今度、娘ちゃんを隣に立たせて比較してみましょうかぁ♪
 
くろ★るぅさん、ゲージは、主に昼寝用に使用しているようです。
ゲージとは名ばかりの犬小屋なのですよー。
扉、開けっ放しだも~ん。
 
カレンさん、うーん。確かにねぇ。
まぁ、玄関開けて、外に出ていたりとか、上がりのトコに顔乗っけていたりとかしてますし、
誰かが玄関の方に行けば、撫でてくれって寄ってきますから、ニャンコと考えは変わらないかも。
ゲージったって、開けっ放しですからねー。
 
 
 
ところで………
お返事を書くのに、コメントを行ったり来たりするのがイヤで、
こちらに書いちゃっていますが、見づらい??
 
 
 
 
 
 
 
 
本日のぱいん君。

ニャンコアンカの真上で熟睡中。
 
目が合うと、
「出せー、出してくれー」
(でも、鳴声は「んのぅ、んのーん」に戻ったの。「にゃー」はドコに行ったのかしら)
って、言うようになりました。
 
現在、娘ちゃんの監視下で、毎夜のタオルの取替え時のみ、育児部屋徘徊許可が出ています。
 
でも、一周すると疲れちゃうようで、
わたしの後ろに来て
「ゴロゴロゴロ」
 
抱っこして、撫でこして、ご飯の支度をしたら、はいゲージの中へ。
ご飯を食べたら、後はすぐに横になっています。
体力も、筋肉も落ちています。
お腹なんて、たゆんたゆん。
 
リハビリには時間がかかるだろうなぁ。
 
 
 
  
 
 
 
そうそう、今日は、年内最後のお祭りがありました。

成長過程の娘ちゃん、食べる食べる。
 
目にしたもの、なんでも食べたがって大変。
 
フランクフルトの前にも、すでにあんず飴やら、串焼きやら、あんころ餅やら食べています。
 
これで、まだ41kg。
 
………どんな胃袋なんだか………
 
そうそう。
 
♪娘ちゃんが着ているスカートは、わたしのジーンズをリメイクしたものです♪
 
あちこちにレースを付けて、女の子らしく、ポケットも付けて小学校に着ていけるようにした一品。
何年目なんだろ、このスカート。
 
あー…確か膝下丈で作ったはず。
 
ニーソックスのラインが見えているってことは………ミニスカートになっちゃってるじゃない。
モチがいいのねぇ。