2007年12月のエントリー 

今日は………

2007-12-31 (Mon) 23:31[ 編集 ]

びすけ君の一周忌。

三姉弟の末っ子で、体の小さかった君は、

いつもいつも、元気イッパイなお姉ちゃん達に踏み台にされていたよね。

おっぱいの代わりにって、両側から目の上に吸い付かれても、真ん中でくーって寝てたね。
ご飯のチャレンジは誰よりも早かったっけ。

ヒッツキムシも重症で、
いつもいつも「愛してる、愛してる」って寄り添っていたね。
誰に対しても、優しかったよね。
怖がりだったしふぉん君がママの膝の上で寝れたのは、きっと君のおかげ。
末っ子なのに、新しくできた弟の面倒もよく見てくれたよね。
娘ちゃんがふざけてると、一緒になって遊んでたよね。

 
こんなことしても、何にも気にしないのに、
指ちゅっちゅがしたくて、「お手々ちょうだーい」って大きな声で鳴くんだよね。
怖いまぁにおばちゃんも、文句を言うヒマもなかったね。
みんなと一緒が幸せだったね。
みんながパタパタ倒れたのに、ちょっと鼻水が出ていただけの君は、
 
みんなが治ってきたその日に、いなきり意識を無くしたんだよね。
 
他のコが、元気になったのを確認したの?
 
 
苦しいも、痛いも無くて。
 
 
いきなりの重体。
 

 駆け込んだ病院で、その意識を戻すことの無いまま、体を捨ててしまったね。
 
 
ちいさな、ちいさな温かい体を抱っこして病院から戻れば、
真夜中なのに、
大泣きで門の前に立っている娘ちゃん。
 
 
育児部屋に入れば、
不思議そうに集まってくるニャンコ~ず。
 
 
 
冷たくなっていく君に、
寄り添って眠るサビ姉妹や、他のコ達。
 
 
全員でお別れをして、
育児部屋から見える所へお墓を作って。
 
 
もう1年。
 
 
君と、君に続いたぱけら君の上に枝を広げる山茶花は、
夏に大きく枝を広げ、
11月に満開の花を咲かせたよ。
 
 
君のお姉ちゃん達は、相変わらず細くて小さい体をしていて、
君が生きていたら、オトコトノコだけど…やっぱり小さかったのかなと思うことも度々。
 
 
君がいなくなった後も、
育児部屋には新顔が増えたり、
卒業したはずのぱいん君が、怪我して帰ってきたりして忙しいけれど、
君を忘れることはないよ。
 
 
 
 
 
こんど生まれてきたら、
 
 
 
「この猫、汚いねぇ」って言われるくらいヨボヨボになるまで長生きしようね。
 
 
 
 
ママの手のひらも空いているよ。
 
 
娘ちゃんの指だって、誰にも取られていないからね。
 
 
 
 
 
 
追伸。
 
でも………早くしないと、誰かに取られちゃうかもよ。
 
 
 
 
追追伸。
 
戻ってきてくれないのなら、
我が家のニャンコ~ずが、元気でいられるように見守ってくれるくらいはしてよね。


さび姉妹 ぽちっと 

出会いの無い白黒。

でも、我が家のコ達が誰も風邪をひきにくくなったのは、
君が守ってくれているから?

どこで寝る?

2007-12-31 (Mon) 01:18[ 編集 ]

優しくしてもらえることをしっかりと覚えたこむぎちゃん。

 

持ち前のコニャ属性を生かして、寝たい場所で寝るんです。

 

さくらちゃんと、ぱいん君の間に入ったものだから、

背中を押されたぱいん君に、隣で大人しく寝ていたぶどう君がジャマにされちゃったり。

 
 
りぃるさんの背中で、空中をふみふみしていたり。
 
 
 
ふみふみウルサイって、さくらちゃんに寝つかさせられちゃったり。
 
 
 
暑くなったら、すみっこに移動してみたり。
れもんちゃんがデカく見える~。
 
 
 
また、真ん中に入っていたり。

うふふ………耳だらけ。
みんなと一緒、嬉しいねぇ。

こむぎ ぽちっと

抜糸してきました。元気です♪

2007-12-29 (Sat) 12:47[ 編集 ]

さて、本日は。

 

 

痛いトコ見るのなんか大嫌い

 

 

という方は、止めといてくださいね。

 

 

まぁ、傷口がグチャッとしているわけではないので、

スプラッタというほどでもないです。

 

娘ちゃん、平気ですし。

 

 

ぱいん、抜糸してきたんです。

 

 

見た目には、こんな感じです。


よく見れば、縦に3cmほどの切れ目がありますが、
ほとんどくっついているのでピンクの線でしかありません。
実際に、キズだなって思うのは1cmほどです。
ポチポチしているのは縫合跡。
 
真ん中でポチッと膨らんでいるのが傷口です。
 
 
問題は、こっちの腫れ。
骨折時に靭帯も痛めているうえ、再手術でも筋を動かしていますので、
ボコンとタンコブできています。
膝の両側を切って針金を抜いているので、内側にも傷口があります。
(キズ2)
こちらも、外側と同じようにポチポチ跡だけです。
 
 
こうして見れば、腫れているのがわかるかな。
飛び出したように見える部分がそうです。
 
ニャンコの膝って、もっと滑らかな曲線ですからね。
 
 
 
 
立ったり座ったり歩いたりするのはスムーズ。
 
トイレに入るのに足を上げるのも引っかかり無し。
 
 
 
ゲージから出たとたん、こむぎと遊びだしてしまったくらい元気です。
 
走り回って、早々に叱られました。
 
 
骨、筋肉、ともに問題は無いようです。
 
 
 
 
まぁ、
 
体力がガタ落ちしているので、
そのままベッドに上がって寝ています。
 
写真を撮るのに、一人寝をしてもらいましたが、
 
今は、こむぎと、さくらにくっついて寝ています。
 
 
とんでもなく元気です。
 
 
 
さすがは、大王様といったところでしょうか。
 
 
 
 
追伸。
 
娘ちゃんが熱を出しました。
微熱ではありますが、
ようやく大掃除ができるという日に熱を出しやがりました。
 
ニャンコ~ずと並んで、今も、まだ寝ています。
 
一番幸せなのは、
 
発熱によるぬくぬくの恩恵にあずかり、
大嫌いな掃除機が動くこともなければ、
部屋の中をバタバタと引っ掻き回されることもないはこびとなった
ニャンコ~ずですね。

ぱいん ぽちっと

誰かが、

2007-12-27 (Thu) 23:01[ 編集 ]

そばにいてくれるのって、幸せだよね~。

背中、あったかいね。


ぱいん ぽちっと

あのタナギが。

2007-12-26 (Wed) 18:15[ 編集 ]

こぉんなに可愛くなりましたっ

 
↑音量注意で、ぽちっとどうぞ↑
 
自力で、精一杯腕を使ったのですが………こむぎ、ちゃんと写ってない。
 
でもでも、
甘々のベタベタ。
甘えたスイッチが、しょっちゅう入るようになってきました。
 
ただいまーっ
 
って言うと、
 
「おかえりっ、おかえりっっ」
 
って出てきて、ちゅーしてくれちゃうんです。
 
………でも………
一番コニャコニャした可愛い時期を逃したような気がしてなりません。

こむぎ ぽちっと


半端布で、試作品。

2007-12-25 (Tue) 22:25[ 編集 ]

娘ちゃん夏用ワンピの予行を、中途半端に余った布で練習です。

いや、もぉ、ホントに半端分しかなくて、70cmサイズを作るのがやっと。
 
しかも、ワンピにする余裕も無いから、シャツ程度。
 
 
リボンもそこいらにあったのを適当に。
 
ボタンも、同様。
 
なんだか、笑えるモノができました。
チャンチャンコみたい。
 
 
 
型を抜きながら、「この柄を、わたしは何に使ったんだろう」って考えていたんだけど、
娘ちゃんが小学校2年生くらいのときに、
自分で、
「給食袋を作りたいの」
って言って選んだ生地でした。
どうりで、わたしの記憶に無いハズです。

胸元は、左上で合わせ、ボタンで留めています。
 
娘ちゃん用には、
ここにバストラインのタックか、ギャザーを入れてやらねばなりません。
メンドイ。
 
 
 
 
娘ちゃん用の生地は、
 
生地ストックの中にある、
生成りに小花の刺繍入りの綿にするか、
真っ白い楊柳にするか。
 
 
あー、リボンもなにか良いモノを見つけなきゃ。
メンドイ。
 
 
透けないようにってことも考えてやらにゃ。
メンドイ。
 
 
 
 
ミニにしようかな、ミドルにしようかな。
 
レースはどうしようかなっ。
 
 
………って考え始めると、楽しいのよね。
 
それで、結局、止められない………と。
 
 
さぁて、夏ワンピの準備をする前に、冬ワンピの型紙を切っておかないと

りぃる ぽち

屋根ニャンコから、木ニャンコになりました。

2007-12-25 (Tue) 18:20[ 編集 ]

屋根の上から、木の上へと、転居したらしいぐりすちゃんが、

ご挨拶の為に降りてきてくれました。

倒木の上で爪研ぎ。
 
まん丸もっちり、
みちみちで隙間の無い毛並は、外でも十分に耐えられます。

捨てられていた時の後遺症で、少し目が悪いのですが、行動に問題無し。

塀の向こうを走る自転車の音にもビビルような小心さん。
 
灰色と白毛がキッチリと分かれています。
 
 
 
はい、こむぎにもやった顔掴み。
我が家のコ、何故かコレが好きってコが多いんです。
 
ぐりすも大好き。
ゴロゴロ言いながら、手に頭を押付けてきます。
 
掴んであげれば、グイッと体重をかけて。
結構重たいんです。

お鼻のポチョがはっきりと見えました
 
優しいコですが、育児部屋のベランダの屋根を壊したコでもあります。
脱走しておいて、「入れてぇぇぇ」って泣くコでした。
 
 
頭の悪さには、定評があります


ぐりす ぽちっと

今朝の育児部屋。

2007-12-24 (Mon) 11:55[ 編集 ]

風が強いね。

 

ジャングルの葉っぱがザワザワ鳴ってます。

 

初めこそ、この音にビクビクしていたこむぎも、すっかり慣れたようで気にしなくなりました。

まぁ、窓に枝が当たると飛び上がって驚きますが。

だから、ソコは、わたしの寝場所なんだってばっ!!!!
 
娘ちゃんのマスクは病気じゃありませんよー、風邪予防で一年中こうして寝るのです
木の皮の下で冬眠するテントウムシみたいだよね。
いないのは、だぁれだ??

りぃる ぽち

冬の洋服屋さん。

2007-12-23 (Sun) 22:59[ 編集 ]
冬物を売り出した服屋さんって、
振り返ってみると、こんな色ばかりじゃない?
夏の艶やかな色合いから、一気に色彩が無くなっていくって感じ。
 
洋服に、そんなに色を使わないよしほさんでも、
気になるくらい色が無いのよね。

さび姉妹 ぽちっと

満足?

2007-12-23 (Sun) 01:45[ 編集 ]

ジーチャン………遊ぶ前に、メヤニとってあげておくれ。

ぷらむ君、そのまんま寝ちゃダメだぁぁぁぁっ!!!!!


こると ぽち

出番の無いコ。Part.2

2007-12-22 (Sat) 00:26[ 編集 ]

ワンコを見ないという声がありましたので。

 

どどーんと、はっぴーさん。

ジムショワンコ。
 
もう、10歳を越したセントバーナードです。
 
このおばーちゃん、白内障で目が見えません。
でもって、病院から治療拒否されるほどの凶暴ワンコ。

肘には、脂肪の塊がプラプラしていますし、後ろ足はヨロヨロ。
でも、
声を掛ければこうしてご挨拶だけはしてくれます。
 
これ以上はダメ!!!!
 
撫でようとでもしたら、驚くほどに大きなお口でガブリとされますから。
ご挨拶は、鼻の先に手の甲を軽く当てるだけでガマンです。
 
軽く噛んだだけでも、手のひらを貫通する威力ですからねぇ。
 
 
 
はっぴーちゃんに比べれば)ちょんっと、まっくす君。
 
体重なんか、三分の一だしね。
こちらも、ジムショワンコ。
見ての通りのゴールデンレトリバー。まだ3才。
 
おっさん臭い顔していますが、遊ぶ時は元気一杯。
 
 
でもって、ニワワンコのちゃーちゃん
 
最近は、玄関ワンコですが。
こちらは、雑種。9歳くらいかなぁ。
 
車が大嫌い。
娘ちゃんが散歩してくれる時が、走るチャンス。
でも、
娘ちゃんの走る速さについていけないかったり。
 
普段は大人しいコですが、玄関での番犬っぷりは天下一品です。
(もう吼えなくて言いよって言っても、止められないんだけどね)
 
 
 
追伸。
 
 
ぱいん君、諦めがついたようで。
 
ゲージの中で大人しく寝ています。
 
エリザベスカラーつけたままで苦しくないのかなぁ。
 
抜糸まで、後九日。
まだ骨の真ん中に穴が開いているんだからガマンよ。
それまではガマンしてね。


ぱいん ぽちっと


無事。

2007-12-20 (Thu) 23:32[ 編集 ]

ぱいん、退院しました。

 

皆様、気にかけてくれてアリガトです

また、エリザベスカラーです。
 
傷口は、
膝の内側と、外側との2箇所に、3cm弱。
 
写真をアップするのは躊躇っちゃうグロさ………かな。
ビッシリ、ガッシリと縫われております。
 
「ゲージから出してぇ」
 
って大騒ぎしています。
 
 
ああああ、出してあげられないことに心が痛むぅぅぅぅぅぅッ!!!!
 
 
本日の手術+入院費は50400円也。
 
………財布、痛ッ。・゚・(ノД`)・゚・。

ぱいん ぽちっと

退院できるかな。

2007-12-20 (Thu) 08:13[ 編集 ]

病院からの連絡待ち。

 

今日は退院できるかなぁ。

 

 

脅威の回復力。

 

それが仇になるなんて思いませんよねぇ。

ぱいん ぽちっと

思った以上に、

2007-12-18 (Tue) 21:21[ 編集 ]

ぱいん君の手術終了報告を、今か、今かと待っていましたが、

 

思った以上に、

 

骨折部の回復が早かったようで、

 

針金をしっかりと噛んでしまっていた………らしいです。

 

 

 

無事に針金を抜くことはできたのですが、

 

術後の痛みがひどいようで、

「明後日まで、痛み止めを使います」

と連絡がありました。

 

 

またも入院です。

 

 

育児部屋は、ぱいん君がいないというだけで、ぶどう君が以前のように大人しく、

お陰で、

オンナノコ達、ま~ったりしています。

 

 

 

ぱいんってばカワイソー!!!!

 

 ぱいん ぽちっと

 

あ。

 

ご飯は食べたのかしら。

手術。

2007-12-18 (Tue) 00:49[ 編集 ]

ぱいん君、明日、針金を抜いてきます。

 

 

このキズが治って、

 

足がちゃんと動くようになったら、

 

念願(?)の、しふぉん君とのらぶらぶが待っています。

 

 

ただいま、絶食中。

 

 

ヒトリでゲージの中にいる予定でしたが、

 

先にりんごちゃんが入って寝ていたので、犠牲になってもらうことなしました。

 

 

ついでに、部屋に中に出たままになっているこむぎがうはうはになっているようなので、

 

こいつもご飯の無い(今晩はね)ゲージの中に入ってもらうことにいたしましょうか、ねぇ。

ぱいん ぽちっと

そういえば、ね。

2007-12-17 (Mon) 18:25[ 編集 ]

ニャンコ紹介っていうカテゴリがあるはずなんですが、

 

サビ姉妹を最後に書いていないかなって思いまして。

 

 

 

とにかく、

 

亡くなったコもいることですし、

 

一度数えなおしてみることにしました。

 

 

 

まずは、

 

長女………じゃなくて、次女→りぃる

(長女は娘ちゃんだしね)

 

三女→ちびりん白黒

 

四女→まぁに

 

五女→きぃね

 

長男→ぐみ

 

六女→さくら

 

七女→ばいら

 

八女→ぐりす

 

次男→こると

 

九女→りんご

 

三男→ぱいん

 

十女→れもん

 

十一女→ぷりん

 

十二女→くっきー

 

四男→しふぉん

 

五男→ぷらむ

 

十三女→すもも

 

六男→ぶどう

 

十四女→こむぎ

 

 

 

うーん………19匹か。

 

 

でもって、

 

事務所ワンコが、はっぴーまっくす

 

庭ワンコがちゃーちゃん

 

 

うーん………………22匹か。

 

 

全部、

 

捨てニャンコに、放棄ワンコ。

 

わたしもバーチャンも、

懲りずによく持って帰ってくるもんだよねぇ。

太ったよね

2007-12-16 (Sun) 22:29[ 編集 ]

ガリガリすももちゃん。

ふっくら、もっちりになりました。
毛の色も、キレイに。
お目々は、水色。
スタイルも、抜群。
性格も、甘えたで愛らしい。
飼猫としては、超一品。
 
 
でも、育児部屋でのニャンコ達の人気は無し。
(シツコ過ぎるのが原因かと)
 
 
 
 
そして、育児部屋で、こむぎに続くタナギ(言い切れないけど)のれもんちゃん。
触ってもシャーはしない。
 
娘ちゃんが触ろうとすると、逃げ腰。
バーチャンや、ジーチャンが育児部屋に入ってくると、隠れ。
姪っ子~ずが来れば、いなくなる。
 
わたし以外のヒトは、敵。
 
 
 
 
美人なコに限って、なんかしら問題がある育児部屋です。
 
 
あ。
 
他のコがブサイクって意味じゃないのよ、ないのよ~。

すもも ぽちっと

ヘビさんじゃないでしゅ。

2007-12-15 (Sat) 23:22[ 編集 ]

「ヘビ柄だけど、ニャンコでしゅ」

ぶどう君のおでこの柄………す・て・き
 
 
 ぶどう ぽちっと
 
 
 
皆様へ。
 
 
昨日の日記へのコメントありがとうございました。
 
 
いるま~れさんから頂いたコメント。
お医者さんの説明の、まさに、その通り。
 
精密検査しなければ、なんとも言えませんがって後からつけたされましたが。
 
あの意識不明の時の表情。
 
熟睡していると、半目になって、口を開けてってヒトいるじゃないですか。
そのまんまなんです。
 
違うのは、声を掛けようが、叩こうが、何をしても反応が無いってことですね。
 
呼吸と鼓動があって良かった。
 
 
今日は元気です。
 
昨日に引き続き
姪っ子~ずNo.1&2を預かることになりましたが、3人で仲良くゲームしていました。
 
ただ、疲れやすいようではありますが。
 
 
まぁ、元気でいてくれれば、後はどうでもいいやって思いましたが、
元気であれば、
やっぱり、もうちみっと頭の中をどうにかしてくれと思い直しちゃいますね。
 
 
 
お騒がせいたしました。
 
 
皆様の大切なヒト達に、こんなことが起こりません様に。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本日のこむぎ
 
 
 
ぱいんのオシリにクッツキムシして、ぶどうとゴッツンゴしていたと思ったら、


すももと一緒に、ダブルベッドの中にいたり、
(頭のトコにアンカが入っています)

りんごと一緒に「い」の字になっておりました。

たくさんご飯食べるのです。
すごい勢いで、むくむく大きくなっています。
 
でもまだ半タナギ。
 
ゲージの中では、ぶどう以上の甘えた。
 
ゲージの外では、ばいら以上のタナギ。
二重ニャン格なのか、ゲージの中と外で線を引いているのか??
 
 
この性格、直せるかなぁ………ムズカシイかも。


こむぎ ぽちっと

びっくり。

2007-12-14 (Fri) 15:22[ 編集 ]

今朝ね。

 

娘ちゃんが倒れたんです

 

 

 

目覚ましが鳴った瞬間、

ベッドから飛び跳ねるように起きて、ダッシュでトイレへ駆け込んだんですよ。

(トイレは部屋の中にあるので、駆け込むも何も、ベッドから5歩の距離)

 

ニャンコを踏んでしまう可能性もある行為ですから、

寝坊したとかっていう理由がない限りやらないことです。

 

でも、今朝、起きたのは6時57分。

いつもなら、7時20分頃までクズグズしているのに。

 

こちらも起き上がりながら(一緒に起きるからね)

 

もっと静かにしなさいっ

 

って言いました。

 

次の瞬間、

 

どすんっ!!!!

 

って音。

 

トイレの横にトルソー(洋裁用マネキン)が置いてあるので、

それを倒しちゃったのかと思い振り返ると、

トイレに座ったままの姿勢で、畳に倒れている娘ちゃんの姿が。

 

これがヘナヘナと倒れたのなら、まだ寝足りないのかとも思いますが、

どう考えたって、転んだ音。

 

寄れば、

半眼になり、口の端から少量の泡を出し、完全に弛緩しています。

 

意識は無し。

 

そりゃもう、慌てたものの、

呼吸と心音を確かめて、しっかりしていることを確認。

泡を吹いているということは…と、気道を確保するために、姿勢を変えさせてから

(重かった。大きくなっているのねって妙に冷静に考えたり)

西側の寝室(わたし達は東の部屋)にいるジーチャン達に声を掛けました。

 

で、

救急車。

 

意識不明ながら、

血圧を測るのを拒んだり、

心電図をつけられるのを嫌がったり。

 

手でもって、抵抗するんですよ。

 

こういうことって、無意識でやるんだなと、また冷静に考えていました。

 

病院が決まるまでに40分間。

 

「小児科医がいません」って返事ばかり。

内科医でもいいじゃんって思うのは間違っているのかなぁ。

小学生や、幼稚園児じゃないんだし。

 

そんなことをしている間に、

パチッと目を開けた娘ちゃんは、救急車の中で不思議そうに周りを見回しました。

 

名前が言えない。

質問がわからない。

誕生日が言えない。

 

なにを聞かれても、首を傾げるばかり。

 

「えっと、日本語わかりますよね?」

 

はい、日本人です。

 

なんて会話まで。

ちょっと待てぃ――と、

噴き出しそうになっちゃいました。

 

その間も娘ちゃんは、あちこち見回していましたが、

足元のわたしと目が合うと、ようやく頭をベッドにつけました。

不安だったんでしょうね。

 

決まったのは、都内の大学病院。

 

電車だと、4つ目。

14分の距離。

 

でも、通勤渋滞の時間。

 

「20分くらいで」

 

と言っていたけれど、結局30分くらいかかったかな。

 

渋滞している車がなかなかどけないのはわかるんだけど、

(橋では、おまわりさんが出てきてくれて、車の移動を指示してくれました)

 

赤の交差点を直進しようとすれば、

右折信号出ているせいか、右折車が止ってくれない。

 

路地に入ろうとすれば、

通学途中の小学生の列。

 

信号がない横断歩道で、

集団登校の上級生が慌てて渡るものだから、後続の低学年生達も慌ててついていき、

これも途切れない。

「救急車通してくれますかー」

と、マイクで言われて、やっと止る子供達。

そうか…こんなことは、誰も教えてくれないわよね。と、またも考えちゃいました。

 

途中で、意識がハッキリした娘ちゃん、

名前に、生年月日、住所と、質問に答えるように。

 

体温35.8

血圧98/50

心拍数は………70だったかな。

ゼイ音(肺の音)無し。

 

横を向くと、病院につくまで、心電図をジーッと見続けていました。

 

わたしも、昨日から具合が悪いせいで、完全に酔いました。

救急車って揺れないっていうイメージがあったけど、かなり揺れたのよね。・゚・(ノД`)・゚・。

娘ちゃんの意識が戻った安心感もあって、

気持ち悪くなるわ、頭痛は酷くなるわで辛かった~。

 

娘ちゃんの横に寝てもいいですかってくらいキツかった。

 

 

病院では、

緊急外来で採血やら、血圧やらで、しばらく安静にされ、

その後、運動能力(?)を調べると、小児科へ移動。

すっかり意識を取り戻した娘ちゃん、

「お腹空いた」

を、連発。

 

体温など、救急車内と変化無し。

 

しばらくすると、熟睡してしまいました。

採血の結果を待ち、ここでも運動能力のチェック。

説明をしてもらい、

脳波の検査の予約と、神経専門の先生への予約をして帰ってきました。

 

 

副交感神経がナンタラで、

自律神経関係だそうです。

 

「この年頃の子供には、時々あるんですよ」

 

ふぅん。

おっかないけど、

ようは、気絶みたいなもんね。

 

………で………。

 

靴をもってきていないことに気付きました。

 

あらららら。

 

靴下のまま、総合受付に移動。

ジーチャンの車を待つ間、ハラヘリに耐えられなくなった娘ちゃん、

靴下のままペタペタ歩いて院内のコンビニに。

 

オニギリを一つ。

紅茶を一本。

わたしのバッグに入っていたキャラメルのバー二本。

 

四時間前に倒れて意識不明になった人間が、

こんなに食べるものなのかしらと思っていたら、

まだまだ食べました。

 

迎えに来てくれたジーチャンに、

「お肉食べた~い」

はい、ステーキが食べたいって意味ですね。

 

ペロリと一人前を平らげ、

バーチャンが差し出した分を断ったので、お腹一杯になったかと思いきや、

わたしの分はシッカリと食べました。

 

三日間はベッドの上で過ごしなさいと言われました。

 

あー………週末で良かった。

って、日曜日は法事があるんだったっけ。

まぁ、暴れることはないから大丈夫でしょ。

 

 

朝から、ビックリな事件でした。

 

現在、当人は、上機嫌でゲームして遊んでいます。

ええ、ちゃんとベッドの上でね。

 

 

こんなこと、遠いトコロの話だとばかり思っていたわよー( ̄△ ̄;)=3

 

あああ、疲れた。

 

結果ナニゴトもなくて、良かったわぁ。

最近、出番無いんだけどー。

2007-12-12 (Wed) 23:21[ 編集 ]

って声にお答えして。

………してない??

 

 

 

ぷらむ君?


寝てますね。
逆さハート、見えますか?
 
 
 
 
では、こると君?

……やっぱり、寝てますね。
あごの黒ポチが、好きっ、大好きだぁっ!!!!
 
 
 
こほん……気を取り直して……えー、ぐみ君??

もっさりとですが、起きてくれました。
 
よく、りぃるさんに間違えられて名前を呼ばれます。
でも、りぃるさんに間違えられることを利用して、
こっそりと、育児部屋に潜り込むという技をもっています。すぐに摘まみ出されますけどね。
 
 
えっと、しふぉん君。

ゴメン、美味しいモノは無いんです。
 
 

え…っと、ぱいらちゃんは………いるかな?
 
ああ、いたいた。

白毛No.3。
 
白毛はみんなオンナノコで、
誰も庭に出ないばいらは庭出部屋だけど、外に行かないコ)けど、彼女はいつもバッチイ。
毛繕いがヘタ………というより、毛繕いを知らないのかもしれない………と思う。
 
 
 
 
ぐりすちゃんは、直前にお外に行ってしまったので写真撮れず。
 
 
本日の庭出ちゃん~ずでした。
 
寝てるのばかりじゃんって?
だって、起きてくれないんだもん。とほほ。
 
 
 
ぐみ ぽちっと
 
 
 
 
本日のこむぎ
 
 
ベッドの上ででろーんと寝ていたかと思えば、
部屋の中を全力疾走。
 
でも、逃げ回っているのではなさそうなので………楽しんでいる…のかな??
黒い影がスミッコを走っていきます。

疲れたら、スミッコで休憩。
模様のせいなのか、笑っているように見えますねぇ。
 
こむぎちゃーん
 
と呼びながら手を出せば、逃げ腰ではあるもののすっ飛ばなくなりました。
 
抱っこすると、ゴロゴロゴロ。
 
バーチャンが抱っこしてもゴロゴロ言いますが、体が逃げてる(^▼^;)
しばらくすると、体を捻って逃げ出します。
 
ってことは、わたしとバーチャンの区別はつけていてくれているのね
 
ママ、嬉しいっ!!!!
 
 
 
 
 
 
追記。
 
昨晩のこむぎは、
暴れも騒ぎも、粗相もせずに、一晩中、オコタモドキでれもんちゃんと寝ておりました。
 
念のためにと扉を開けておいたゲージの中には、
ぱいんぶどうくっきーの姿が。
ニャンコアンカが温かかったようです。
 
 
つか、ぱいん君は、まだ夜の部屋ニャンコにしちゃいけないの忘れてました。
一緒に寝ていて、寝返りをうったひょうしに、足に何かあっては大変。
そうだ、そうだ。
こむぎの様子に浮かれていてはいけないのでした。
 
反省。
 
自分から入っていてくれて、アリガトね。

こむぎ ぽちっと

デジカメってキレイでいいねぇ

2007-12-12 (Wed) 01:00[ 編集 ]

本日のこむぎ

 

 

今日はね、お昼ご飯に家に帰った時、こむぎゲージを解放して行ったんです。

 

これは、賭け。

 

育児部屋のニャンコ~ずは、ある程度こむぎを認めているのですが、

新参者を認めるのに時間のかかる、きぃねちゃんに、まぁにちゃん。

最近、ワガママ姫をしまくっているくっきーちゃん。

自分の力加減を知らないぱいん君。

 

と、多種多様の問題児がいるんです。

 

わたしも、娘ちゃんもいない育児部屋で、何が起こるか。

 

もっとも、見慣れないコニャが来たからといって、攻撃をするようなコはいないのですが、

教育的指導は当然有り、

こむぎのようにパニックを起こすコの扱いはそれなりに大変なのです。

 

うっかり、

まぁにさんの隣に行ってしまおうものなら、

そして、

あの無駄に垂れた毛を踏んでしまおうものなら、

「やめんかっ!!!!」

の声とともに、巨大な手による鉄拳制裁が降り注ぐのです。

 

ぶどう君もすっ飛ぶ威力。

 

あの、デカいぱいんですら、よろけるパワーです。

 

こむぎだったら………ねぇ。

 

「××ちゃんと、××ちゃんと、××ちゃん嫌い」

ってことになったら、可哀想じゃないですか。

 

といっても、いつかはゲージから出なければ。

安心できる場所としても、一生をゲージの中で過ごすようにはしたくないし。

 

育児部屋名物ニャンコダンゴにも、真冬になる前に加わって欲しいし。

 

なにかあってもまだ修正は効くだろうってことで、決行しました。

 

 

帰ってきてみると、

んー………ビミョーな位置。
さくらちゃんは代理母ですから、傍にいられるのは当たり前だしねぇ。

仕方ないので、隣に座ってみました。
すると、こそこそとわたしの腿にくっついてきたこむぎ
………ああ………些細なことだけど、ママも幸せ
 
あったかいのか、うっとりモード。
 
しばらくすると、
ごそごそごそ。

わたしの隣は、いつも渋滞するんです。誰がわたしの体にくっつくかで場所の取り合い。
 
それを一つ一つさばいて、こむぎを驚かせないようにガンバりました。
こむぎがはっきりと起きた時には、もうこの状態。
 
わたしの足の上にはぷりんちゃん。
パニックを起こす暇も、理由も無し!!!!
だって、みんな寝てるもん。
 
ニャンダンゴ成功
 
しばらく、このままで寝かせておきました。
 
一回、成功すればコッチのモン。
次から次へと形と場所を変えるダンゴの中に、しっかりとこむぎの姿が。
 
ゲージ卒業オメデトーってトコですね。
 
ようやく、育児部屋の一員になれました。

こむぎ ぽちっと

こんな姿も見られるように。
 
左から、きぃねすももこむぎ。上にいるのはぱいん君。
スレンダーボディのすももの隣にいると、ちみっと大きく見えますね
遠近法って、ヤヤコシイ。
 
でもって、

どどーん。
あからさまなサイズの違い。
 
ぱいん君………気付いてあげてよ。
肘掛じゃないんだからさぁ。
 
こむぎも何とか言いなさいよ。
完全に乗られちゃってるじゃない、圧死しちゃうわよ~??
 
 
ゲージの中には戻さずに、今晩はこのまま外で寝かせてみます。
 
運動会しないようにねっ!!!!
布団にチッコしないようにねっ!!!!
 
この二つが守れなかったら、ゲージの中よっ。
でもって、一緒にいたコは連帯責任でゲージ入ってもらうからねっ、
ニーチャン、ネーチャン達はしっかりとこむぎを見張るコトっ!!!!
 
以上、ホームルーム終わりっ。

やせっぽっちのネズミ。

2007-12-10 (Mon) 23:33[ 編集 ]

というのが、ぶどう君のあだ名だったけど。

最近、肉付きが良くなってきたので、返上のし時かどうか迷っています。
 
………こうして座っていると、矢印みたいだったのになぁ………。

細かったときはね。
 
 

 
ぶどう ぽちっと
 
 
 
本日のこむぎ
 
娘ちゃんが掃除機をかけてくれたのです
 
掃除機を準備したとたん、イヤ~なお顔に。

色っぽく、流し目。
 
このコの顔ってば、生後二ヶ月には絶対に見えない(-×-)うーむ。


こむぎ ぽちっと

今日はね。

2007-12-09 (Sun) 23:02[ 編集 ]

バーチャンの会社のシャチョーが、
お仕事で伊香保に行くというのに便乗して(いつものコト、いつものコト)温泉してきました。

 

けど、温泉だけじゃつまらない。

 

なので、

途中にある、グリーン牧場という所に行ってみたんです。

 

冬ということもあって、ヒトも少ないし、イベントも無いけど、ふらふらと歩くには良いお天気。

 

入場して、「とりあえずアッチに行こう」と向かった先に、「らくやき」の看板。

もちろん、挑戦です。

娘ちゃんと、バーチャンは貯金箱。

よしほさんは、ボードにお絵描きです。
 
インクの特徴が違うから、楽しいんだけど、難しい。
 
それでも、キレイにできたかなぁって思ったんだけど……焼きあがったら、。・゚・(ノД`)・゚・。なことに。

上薬をかけた方向がくっきりわかりますよね。
これって、素人目に見ても、掛け過ぎじゃない?
右の縁はキレイに色が出てるけど、左の縁は白くなっちゃってるし。
滲んでるどころか、流れちゃってるし~。
………オジサァン(ラクヤキ屋さんね)………ウラムワヨ。
 
はぅ。
 
残念。
まぁ、なっちまったモンは仕方無い。
楽しんだ分、良しとしましょか。
 
 
さて、楽焼屋さんを出てトコトコ歩いていくと、サラブレッドさんが。
わーいとカメラを構えたら、担当のオジサンが
「出してきてあげるよー」
と、一番若いコを連れてきてくれました。
(これも、ヒマだからこそのサービスですよねぇ。得しちゃってるわ)
 
ドアップのうえ、触り放題、撫で放題

左が娘ちゃんの手、右がバーチャンの手。

ちなみに、彼の名前は、

どこかで聞いたお名前
 
体は大きくなったけど、頭の中身はまだお子様なんだって。
撫でるとうっとりと目を閉じるところが、とってもキュート。
 
最年長は19歳の紅一点のコなのですが、ちみっとの差で会えませんでした。
けど、途中で、お家だけ発見。

………ぷふ
 
カレンさぁん、遊びましょ~」
って声を掛けたけど、顔を出してはくれませんでした。
 
 
乳牛舎に行けば、生まれたばかりの子牛ちゃんが。
トンボ君、リンちゃん、あんずちゃんは生後1~2ヶ月。
撫でると、やっぱりうっとりしてくれます。
 
大牛さん達は、相手してくれませんでした………しくしく。
 
ヤギさんにも無視され、ウサギさんにも連れなくされましたが、さん達は遊んでくれました。
 
軽く食事をして、さて、温泉へ。

バスを待つ間、娘ちゃんは結構な急斜面の土手(?)を上がったり下がったり。
大笑いしながら、息を切らしていました。
これで中学2年生。
親としては、可愛くていいんだけど、
世の中のオンナノコは、こんな感じなの?どうなの??誰か教えてぇぇぇ。

青空の色って、違うよねぇ。
家の方じゃ、こんなキレイな色じゃないと思うもん。

ホントにキレイな青
 
 
温泉は、ご近所さんが集うような場所だったので、建物はあまりキレイとは言えず。
でも、お風呂は気持ち良かった
 
普通のお風呂、石でできたお風呂、露天風呂と三つあって、2時間入って200円。
 
シャチョーのお仕事が終わって、合流。
 
高速も混まなかった。
 
疲れたけど、楽しい日曜日でした。

温い探索中。

2007-12-09 (Sun) 00:20[ 編集 ]

わたしが起きた後、娘ちゃんのお腹にもぐりこんでいきました。

オシリ掃除しているように見えるけど、頭を隠すのに必死なだけだったりします。
………ブカッコウ………

ぶどう ぽちっと

初めての食卓。

2007-12-08 (Sat) 01:43[ 編集 ]

本日のこむぎ

 

初めての、皆でご飯。

恐る恐る、大皿に近づきました。
ぱいん君の方に頭を突っ込んでいますね。
新参者が来ても、コニャならば誰も気にしない。
 
これは、我が育児部屋のちみっとした自慢です


こむぎ ぽちっと

オシリ、フリフリ♪

2007-12-08 (Sat) 01:37[ 編集 ]

姪っ子~ずが、習い事でクリスマス会(?)のようなことをするらしいんです。

 

でもって、踊りがあるそうで…。

 

嫁っこから、スカートを作ってくれと言われたんです。

リボンの長さがヘン?
 
だって、同じもの作るのが嫌いなよしほさんが、同じのを三枚も作ったんだもん。
 
上2人のは、ちゃーんと計算して作ったけど、
3番目のは、いつもの如く、飽きちゃってねぇ。
 
適当にリボンをカットして、適当にくっつけたら、長さ間違えちゃってたの
まぁ………ご愛嬌ってことで。
 
で、オシリ、フリフリしたら、ウサギシッポポンポンするんですよ~。
 
ちなみに、同じ生地でヘアバンドも作りました。
頭の天辺でおリボンになっているモノです。
 
 
さて、次は、クリスマスプレゼント用のスカート作りをせねば。
 
でもって、娘ちゃんのスカートも作らねばです
 
………でも、もう寝る~。

さみしんぼ。

2007-12-06 (Thu) 22:42[ 編集 ]

しふぉん君、大好きなぱいん君がいなくて寂しいんです。

 

ガマンしているのは、自分だけじゃないってこと、ぱいんにはわからないんだろうケドね。

 

↓いつもの如く、音量注意です。

お風呂場でぬくぬくしています。

隣にいるぷらむ君は、静かなモノなのにね。
しふぉん君は、いつでもこんなガラガラ声なのです。
 
お目々は、擦ったために腫れてしまったようで、夜にはキレイになっていました
 
 
 
でもって、さみしんぼはしふぉん君だけじゃないです。

ぶどう君inカーディガン
 
ぱいん君が、こむぎと一緒にゲージに入ってしまったので、スネ坊してます。
末っコ根性丸出しです。
こむぎの方がよっぽどオトナっぽいというのに、態度だけはオニーチャンしてます。
 
でも、体重は1.85kg。
………ぱいん君の3分の1以下………。
 
ええ、このまんま動かなきゃならないとはいえ、軽いもんです
 
 
 
 
 
 
 
 
本日のこむぎ

決して、決して、ぱいん君がデカいわけじゃないんです………嘘付きました、デカいです。
 
お部屋の中を全力疾走したこむぎちゃんは、もうオネムです。
 
今日はね、お部屋の中にいるトコロをネコツマミで抱き上げました。
そのまま、抱っこしましたが、緊張しながらもゴロゴロ言ってくれましたよー。
 
シャーもウーも無しでした


こむぎ ぽちっと

Gさんじゃないモンっ!!!!

2007-12-05 (Wed) 23:59[ 編集 ]

本日のこむぎ?

 

興奮状態です。

 

ええと………こむぎもですが………ぶどう君も。

 

そして、いつもどおり、よしほさんもウルサイです。

 

こむぎのすっ飛びですが、この程度なら、ごく普通のコニャですよね
パニック起こしていないこむぎは、可愛くなってきましたよ~。
でもって、ものすごく良く食べるので、急激に大きくなりつつあります。
 
もともと大人びた顔つきをしているので、ただでさえ短いコニャ期間が、いっそう短いかも。
ツマンナーイ。
 
まぁ、鳴声と仕草はまだまだベビっぽいので、
老け顔(この月齢で、この顔はねぇ)はガマンしましょ。
 
 
 
はい、次もよしほさん+ぶどう君がウルサイです。
こむぎちゃん撮りたかったのに、ぶどう君のヤキモチヤキがすごくってねー。
 
「抱っこ、抱っこ、抱っこ!!!!」
 
の要求ばかりなんですよ。・゚・(ノД`)・゚・。
 
このコ、ひょっとしたら末っコ根性抜けること、一生ないのかもしれない。
 
 
 
 
こむぎ ぽちっと
 
 
お返事。
 
 
 
沙織さん、怪我するなって言ってやって、言ってやって!!!!
絶対に、懲りてないから~。・゚・(ノД`)・゚・。
ぶどう君の敷布団、大王様ですよー。
ぱいん君、重いの全然気にならないみたい。
 
はなぴんさん、通院していても、看護婦さん達に構ってもらうのが嬉しくて仕方ないようです。
女の人がどうにも好きみたい。
先生(男性)だと、無関心だもん。
 
 
ゆこむしさん、もうねぇ、ベッタリコですよ。
ニータン、ニータンって後ろをついて歩いています。
金魚糞になっているようです。
 
 
ぽんたさん、いやー、絶対に「守ってない」ですねー。
構って攻撃ですよ~。
 
 
クロママさん、ぱいんが怒ることって無いですねぇ。
ノラさんがケンカ吹っ掛けてきても、のほーんと立っているようなコですし。
時々「いやー」とは言うようです。
しふぉん君ねぇ、ぱいん君を探して右往左往しています。
一緒に寝るはずのぱいんがいないから、落ち着かないみたい。
でも、育児部屋にいるのはヤなんですよね。庭に出られないから。
 
 
うっちん茶さん、この姿は、我が家ではごく普通の光景なんですよー。
時折、三重の塔になっていることもあります。
一番下のコは苦しくないのかって思うくらいです。
 
 
トモママさん、トモちゃんより1ヵ月早いですねー。
でも、針金入れているのはぱいんの方が長いかぁ。
お互い、無事な体に戻れることに感謝ですねぇ
 
 
カレンさん、そうなんですよねぇ。
骨折直っても、神経がダメだったら、一生育児部屋軟禁でしたしね。
庭出の大王様にしてみたら、ストレスたまると思うんですよ。
でも、この元気の良さなら、すぐに木登りもできそうです
 
 
らなこっこさん、同性同士が仲良しですよね。
育児部屋の場合は、オンナノコばかりなので、
ぶどう君には、初めての同性だったのですが、ぱいん君で良かったって感じです。
 
 
ちーやん。さん、庭出ちゃんの場合、オンナノコ同士の方は独立性が高いですね。
オトコノコの方が、べたべたしています。
ええ、そりゃあもお、ちみっとオカシイワヨってくらいに。
 
 
みゃ~さん、はいっ、お財布ももう一息です。
でも、もぅ、寒いです。・゚・(ノД`)・゚・。
年末越せないわぁぁぁぁ!!!!!
 
 
えるびうむさん、あー、頭の点々ですね。
確かに、肉球型なの
ちなみに、お背中にはハートがついてるの
 
 
いるま~れさん、幸い、我が家には絶えずケンカするってのは無いんですけど、
やっぱり「あのコ、嫌い~」はあるようです。
いつでも、ビクビクニャンコのぐりすちゃんは、ちびりん白黒ちゃんによく殴られちゃってます。
怪我しない程度だから、放置してるけど。

のっしり。

2007-12-05 (Wed) 08:16[ 編集 ]

ぶどう君は、すっかりオニーチャンコになってしまいました。

 

ぱいん君、大好き。

いつでも、そばにいたいんです。
 
いつでも、遊んでもらいたいんです。
オネーチャン達とは何か違うんだろうね。
 
ぱいん君の怪我、順調に回復してるでしょ
18日に針金を抜く手術が決まりました。
 
また傷口ができちゃうけど、今度は日帰り手術です。
 
痛いけど、コレで終わり。
リハビリが終われば、またしふぉん君と遊べるようになるから楽しみだね。

 最近、しふぉん君ってば寂しそうでねぇ。

ぶどう ぽちっと

豪華なファー。

2007-12-04 (Tue) 10:00[ 編集 ]

冬にはいいわよね。

冬には。

まぁに ぽちっと