2015年03月のエントリー 

ころね、ぷりぷり。

2015-03-31 (Tue) 23:46[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い

パン3兄、お引越し後の健康状態はそれなりに良好で、
(それぞれにいつも通りの症状はありますが。あ、えぴは健康)

通院することも無く、投薬することも無く、
サプリメント入りのご飯だけで過ごしています。

中でも、

ころねの二次成長は目覚ましく。

体重は増加、お体もグーンと大きくなりました。

ころね


ゴキっぷりの艶々感が半端ないです。

胴体も具がたっぷりつまっていて、
針でつついたら、
プリンッ♪と弾けて羊羹かアイスでてきそうなパツッぷりです。
(このタイプの商品知っているヒトいるかしら?)


大きくなったけど、中身は相変わらずで、
らすくしらたまに体当たりしていってますが、
最近じゃ、
べび扱い期間終了したのか、本気で怒られたりしていますよ。

えぴみしゅは怒られないんだけどね。
あっちはまだちみこいからベビ扱い期間延長らしい。



こると ぽち

代理のこるとぽち………これ、黒く塗りつぶせばころね





こると君にもあったけど、
ころね君にもあるほくろ。

ころね

右のお手々にポチリです。







狭いんじゃない?

2015-03-31 (Tue) 01:38[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
押入れ下段、一番左のケージはばいらの個室。

大型ケージなので、
押入れから10cmほど飛び出しているのですが、

あらめ

最近、
あらめのお気に入りの場所となっています。

オレンジのバスタオルは、
就寝時のカーテンの代わり。

あらめちゃん、
お手々も、しっぽもはみ出してますよー。


ここあ ぽち
変寝相ではヒケを取らないここあで代理ぽちっと。



ただいまー。

2015-03-27 (Fri) 20:23[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い

無事帰りました

本日のお支払。
麻酔+歯のカット+抗生剤注射+栄養剤+捕液注射2本+飲み薬
で、
7776円でした。

2万円くらいいくだろうと覚悟していたのですがε-(´▽`)
ホッ

帰宅して、キャリーバッグから出るなりストーカー。

ご飯ご飯とシツコク。

歯をカットしたばかりなんだから、
1時間くらい待ったら?なんて言うことをきくはずもなく。
ご飯要求の大騒ぎ。

正直なトコ、
まだあげたくない。
でも、
「食べたい」と言っているタイミングでガッツリ食べてもらいたい。
ので、
痛くなったらまた病院と思い、ご飯の準備。

柔らかご飯はやはり拒否で、
ちゅ~るを4本勢いよく食べました。
食べてくれるならなんでもいいさ。
食べ終えたら、
今度は抱っこの要求。
今、膝の上で丸くなって寝ています。

痛いときは丸くなれないから、
注射が良く効いているということでしょう(^▽^)

お口はまだ真っ赤ですが、
ご飯食べたせいか、体温も上がってきました。

自力で食べないと、
また痛いことになるんだぞ、ぱいん

膝上写真撮りたいのですが、
カメラははるか頭上。

じゃあせめて携帯………と思ったんだけど、
携帯、どこだ??



ぱいん、治療中。

2015-03-27 (Fri) 18:41[ 編集 ]
お口痛々があり、
犬歯ぐらぐら。
上唇にキズができてしまうため、

現在、

局所麻酔で抜歯中です。

待合室待機してますが、
処置室から鳴き声が聞こえるよー(>_<)

ぱいん、ガンバって!!

ぱいん記念日ですよ。

2015-03-26 (Thu) 23:36[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い

今日はぱいんが友人Kちゃんに連れられてきた日。

我が家では、
あんまり記念日~ッ♪♪♪って気にしないし、
特別なコトもほとんどしないんだけどね。



出勤するKちゃんの耳に届いた鳴き声。
帰宅するKちゃんの耳に届いた鳴き声。
ペットを飼っていないKちゃんには、ただの猫の鳴き声。
けれど、
箱に入った状態で、
お耳が横についているようなベビの声が、
Kちゃんに届いたこと自体が奇跡だよねー。
でもって、
Kちゃんがすぐに私に連絡をくれたのも、
夜だというのに、電車乗り継いで連れてきてくれたのも、
全部スゴイコトだよね(^▽^)

だって、こんなベビが、
http://cor10.blog45.fc2.com/blog-entry-11.html
この季節の気温に耐えて、
足も尻尾も骨折してて、
朝から夜までヒトリでガンバったんだから。

運の強いコだったワケだ。

そんなぱいんも今日で9歳に。
(まぁ、来宅=誕生日だから若干の違いはあるけどね)

庭出組だったけれど、
ウィルス感染もないまま過ごしたきたけど、
ココにきて、
体調不良バリバリ。

ぱいん+るふな

体調不調ペア………まぁ、るふな君はこの状態が通常運転か(T_T)
特別ご飯のお皿を枕にして睡眠中。
お片付けできなーい。


ぱいんは、
血液検査では、特別異常無し。

ではガッツリ検査するかというと、それは我が家の方針ではなく。

ともかく、
おじーちゃんによるヒトご飯あげの蓄積と、
手術で残してしまった犬歯が痛いことは間違い無さそう。
(全部取っちゃってって言ったんだけど、犬歯は抜きにくいらしいのね)
そんでお口の炎症か?

明日、病院決定。

痛み止めだけでもしてもらおうと思います。

ぱいんポチット

味の濃いご飯が欲しくて、
(おじーちゃんいなくなってからもらえないから余計にね)
にゃんこ~ずご飯を拒否しています。
日課で、
夜ご飯食べているよしほさんの膝の上で、
お箸の行き来を凝視。

先ほど、
蒸した鶏胸肉を食べましたが、
すぐに「もーいらない」と拒否。

食べないと痩せちゃうぞ。

ママの強制給餌は優しいけれど、
おかぁちゃんの強制給餌は強引だぞー。
自分で食べた方がマシでしたーって後悔することになるぞー。











娘ちゃん、お誕生日だったんですよ。

2015-03-24 (Tue) 02:12[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
よろよろひょろひょろで体力無しだったベビ、
いまだにお薬を手放すことはできずとも、
こうして歳を重ねていっています。

娘ちゃん、また一つ歳をとりました(^▽^)

今日は、
オメデトーをこめて、
朝から二人でデートしてきました。

行きたがっていたお店をかたっぱしからハシゴ。

一番行きたかったお店は残念ながら改装中でダメだったけど、
新しいお気に入りのお店に出会い、
食べたかった♪♪♪をタイミングよく見つけて食べて、
食べたかった♪♪♪のお店で食事して、
誕生日プレゼント買って、
食べたいなーって思っていた♪♪♪をお腹いっぱいなのに食べて、
うろうろうろうろして、
お土産を買って、
予約していたケーキを受け取って、
昨日から仕込んでいた夕ご飯を食べての一日。

一時バラリと雨に降られましたが、楽しかったー(^▽^)


朝から出かけたので、
帰宅もそれなりに早く。

日が陰るまえに戻りました。

おばーちゃんがお掃除するのに重ねたイチゴの箱の上で、

みしゅ

みしゅが女王様になっていました。

みしゅも、
一つずつ歳を重ねていけるように元気でいようね。

涙べしょーでも、
サプリ手放せなくても、
通院かかせなくてもいいからねー。



りぃる ぽち 
代理のりぃるさんぽちっと。


目標は、りぃるさんのようにまったりとした老衰だ!!






毎年恒例、季節の変わり目は微熱ですよ((+_+))

2015-03-20 (Fri) 01:40[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
昨晩、盛大なけぽをしたみしゅ

こにゃ~ずのケージにはアンカを入れずにいたのですが、
(3匹入っていると、ケージ内の温度結構上がるもので)
昨日、一番小さなアンカを入れてあげたら好評で。

朝、
みしゅは、ぐあいわるいのー」
と、
アンカに抱き付いておりました。
鼻詰まりしてフーフー呼吸しているので、
若干風邪っぽくなっているのかもなぁ。
様子見だなーと思っていたら、
みしゅ、おなかすいたの」
と、
のてのて出てきて、ご飯の要求。
朝のコニャカリを食べなかったので、
年寄り飯の袋入りチャオチュールを出したら完食。
みしゅ、もすこしほしいの」とお代わりまで。
「これおいしいねー」と甘えたサン全開。
もすこしもすこしとかなりの量食べました。
………うん、まぁ元気だな。

他のコ達も、今日はそれなり。

捕液してきたちびりん白黒は「食欲全開」状態。
「ごはんたべてませんよ」の声が四六時中。
年寄りも年寄りなので、ケポるから量を食べさせることはできず。
年寄りウェットやカリカリを用意したら「これじゃないですよ」
ちゅーるを出したら完食。

ちゅーるって、きっとおいしいんですね。

らすくのお目々も少し良くなってきたし、
ころねはほぼ完治。
(まぁまたなるけどね)
あらめも涙が少なくなってきました。

うじゃ

さび姉妹は、他のコに対して心が狭いタイプですが、
るふな君やぱいんとは濃厚なヒッツキムシしている姿をよく見ます。


うじゃ

今日は珍しく、幻猫がイスで熟睡していました。

れもん

れもんが押入れから出て安眠している姿はめったに見ませんからね。

やっぱり、
りぃるさんいないとダメなんだろうなぁ。
きぃねもいなくなっちゃったしね。


れもん ぽちっと

今夜はちみと寒いかしら。

ホカペさんのスイッチ入れて寝ようと思います。


よしほさんは、
季節の変わり目の恒例行事真っ最中。

ごくごく微熱、だーらだーらですよー。











まったくもう!!!!!

2015-03-19 (Thu) 01:44[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしきいぬていえん
夢の話しに付き合って下さってありがとです。
お体の方はスッカリサッパリよくなりました。
季節の変わり目状態です。
冬から春が一番キツイ(T△T)

で、
も一つ付き合って下さいませ。

あの夢の翌日は、
またも火事の夢でして((+_+))

今度は、知っている場所。
だけど、
そこに建っている建物は本物と全然違う場所。
駐車場になっているトコが一軒家だったり、
マンションのトコロが倉庫みたいになってたり。
で、
建物と言う建物が全部シルエットなの。

我が家から5分の市役所からの、
道路だけは標識までキチンとしてる帰り道。
家まで半分というところで、
やっぱりシルエットな公園の向こう側が大火事。

「あれはNの家!!!!」
と、
実際、
現在N家は建てなおして全然違う形になっているうえ、
夢で見ている家も以前のN家とは全然違う形だというのに、
なぜか確信。
「うちは無事か!!??」と、N家そっちのけで家へと戻ると、
なぜかお隣の寮みたいな横長の集合住宅になっていて、
一番端の室外機から火が噴き出しているのが見えました。
窓の外から見えるのは、
お年寄り2人が部屋の中で火を見て怯え抱き合っている姿。
玄関を開けて避難させようとしたら、
なぜか保育所((+_+))??
内装、とってもファンシー♪
しかもお母さん方の帰宅時で、室内はラッシュ状態。
とにかく、
火事だから、消火器、あと早く逃げてーと言えば、
窓の外の火を見て「あらまぁ」と平然とした面々が。

ともかく伝えた、あとは自己判断でどうぞーと、
反対端の我が家
(なぜかそうなっていたのね)へ飛び込んでみれば、
娘ちゃんが
「猫は全員捕獲した!! あとは運び出すだけだよ」と、
大きな台車を押して出ていった。
「安全なトコで待っててねー」と見送ると、
台車の上のダンボール箱が、
微妙に変形しつつ動いているのがわかって、
「あ、満杯だぁ」
と。
「娘ちゃん良い仕事してる。ひじき、きっとすんげく怒ってるな」
と感心してしまったり。
家の中では、おばーちゃんが廊下の物入れの中に、
細々としたモノをせっせと詰め込んでいる最中。
「なにしてんの?」
「消防車来たら、水浸しになっちゃうから」と、
シャンプーやらバスタオルやら、カップ麺やらをお片付け。
早く手伝ってと急かされ、
よし全部片づけた。それじゃ避難と、
玄関の扉を開けたトコで目が覚めた。
ちなみに、
火も煙も来てはおらず。
玄関の外は、学校の渡り廊下みたいな景色だったり。

レンジツ、ワケワカンナーイε-( ̄▽ ̄;)

それが、火曜日の朝の話。
幸いなことに、
水曜日の朝、つまり今朝は夢を見ずに目がさめた様子。
夢は白黒というヒトもいるそうだけど、
わたしは基本ガッツリカラー。
微妙な部分
(見たくないトコとか)だけ白黒になるという、
高性能フィルター機能付き。

どうせならさ、幸せな夢をお願いよぅ。


さて。

にゃんこ~ずはというと、

らすく+ころね

この2匹あらめがお目々イタイタで目薬中。

らすくは慢性結膜炎。
ころねは猫風邪の後遺症。
両目ベショになるみしゅは今回はキレイなまま。
あらめは、ぷりんにチョッカイ出して反撃くらったみたい。

さらに、

昨日の夜から、
ちびりん白黒が「ご飯いらない」して、
ばいらは相変わらずのハンストなので、
娘ちゃんが午前中に通院してくれました。

よしほさんが帰宅すると、
ちびりん白黒は「ごはんごはーん」の要求。
いつもの特別ご飯組でガッツリと。
年齢が年齢だから、
食べてくれないとちみと心配ε-(´へ`)

手間かかる手間かかる。

らすく ぽち


いま、
娘ちゃんが「おやすみー」と、
寝室に出ていったとたん、
みしゅがケージの中でけぽけぽー!!!

しかも、
ハンモックの上。

ころねはオロオロ。
えぴはけぽを頭から引っかけられてパニック。
みしゅはハーハーしつつけぽー。
食べ過ぎです。
どう見ても食べ過ぎです。
寝んねご飯に好きなカリカリでも入れてもらったのか、
丸飲みカリカリがそのまんまえぴの頭に((+_+))

えぴ
目をむき出して硬直してないでプルプルしていいのよ。
ケージ内大惨事になるけど、
頭からけぽ落としなさいって。

ベッドに入った娘ちゃんにヘルプして、
ケージお布団を全交換しました。

寝る時間に行儀よくケージに入ったのに、
大騒ぎで出されたころねえぴは室内でパニック。
逃げ場所をさがしてオロオロバタバタ。

みしゅは茫然としていましたが、
けぽもパニックも収まった様子。
ころねは隠れ家ですぐに捕まりましたが、
えぴは娘ちゃんに大声で鳴き、シャーまでしていました。
不測の事態に弱いコ達です。

たかがけぽですよ、けぽ!!!!

毎日誰かしらやってんでしょーよ。

………まぁ、頭にかけられるコは滅多にいないけどね。





…んぅ?

2015-03-16 (Mon) 23:24[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしきいぬていえん

今日は具合が悪くてお仕事を休んだ。

夜中、
寝返りを打つたびに、胃が痛くて目が覚めてを繰り返していた。
鋭い痛みじゃなくて、
鈍くてズーンとくる痛み。

「あ、痛ッ」というんじゃないから、なんとなく我慢できてきたけどね。

一晩中、なんともスプラッタな夢を見る始末。

普通の住宅街なのにサビサビの廃路線が走っている知らない町。
廃路線の向こうを覗きこんだら、
5mくらい下に緑色の側が流れていて、
路線下のヘドロ溜まりで五人くらいのヒトが底をさらっていた。
上で指示を出していたヒトと少し会話したけれど、
なにを言っているのか理解できず。
他に誰もいなくて、仕方なく廃線路伝いに歩いていくと、
線路横の50cmサイズの材木に火がチョロチョロとついていて、
「火事―!!!!」と、
助けを呼ぼうとしたら、左側2軒目の家がゴウゴウと燃えていた。
残っているヒトがいないかと覗きこんでみたけどとても探せない。
1つ手前の家にも逃げ遅れがないかと覗きこんだら、
地下へと続く階段。
その途中の壁に1mくらいの穴があり、内側からダンボールで塞がれていて、
なぜか背後にいた娘ちゃんが「そこ、私の部屋だよー」と一言。
「ダンボールどかして入るの」
そう言われてやたら軽いダンボールをどかしてみると、
2帖くらいの部屋になっていたんだけど……床が血まみれ。
娘ちゃんを振り返って問いかけてみたけど、笑っているだけ。
「道路からもお部屋見えるんだよ」と言われて戻ると、
道路側は腰高くらいの窓がポカリと開いていた。
覗きこんでさらにビックリ。
血まみれどころじゃなく、内臓っぽいモノまで散乱。
これって殺人じゃなく、爆発?って。
すごい夢見てんなぁ…バイオ☓ザートってこんな?
(映画、キチンと全部見たことないけどね)
なんて、
冷静に思っていたトコロで、
寝返りを打ったらしくて胃がズキリ。

そんな夢見((+_+))

どうせなら楽しい夢見たかったけど、
久しぶりに長い夢を見たと思ったらこんなん。
夢って、自分の願望だとか?
こんな願望って、どう判断すればいいのかしらε-( ̄△ ̄;)
胃痛が見せた悪夢というコトにしておこうかしらね。



にゃんこ~ずは、
そんな胃袋と格闘するママなんざ露知らず、
今日も今日とて、
ベランダでさんざん暴れまくってから
気持ち良く昼寝。

しらたま+ころね

押入れのケージ隙間に、
カーペットでベッドを作ってあげたら、ここも好評。

うじゃ

るふな君が寝ている箱は、奪い合いになるベッド。

イチゴの箱って、すごいシッカリしているものね。

ひじき

うじゃ


うじゃ

メンバーチェンジしつつ、ベンチは好評。

それ、
爪研ぎされないようにミシン部屋に置いていたんだけど、
ママが高校生の時に気に入って買ってもらったベンチだから。
ママのだからね!!!!
そう思いつつ、
アパートに引っ越してからというものの、
ほぼ座れていないベンチと化しています。

幸いなことに、
爪研ぎも、歯型の被害もうけていないので助かるわ。





さび姉妹 ぽちっと


雨降ってきているというのに、
ベランダに出ます―の面々が((+_+))

濡れた足で入ってくるの、カンベンなんだけどなぁ。





えぴの可愛らしさに…

2015-03-16 (Mon) 01:25[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
めろめろです(////▽////)

寝る時間にケージを用意すると、真っ先に入っていくえぴ

えぴ

綿毛布の中にもじょもじょと入っていって、お布団スタンバイ。

この後、
ケージの中に寝る前ご飯を用意するのですが、
待ちきれずに寝てしまうことも。


顔はあいかわらずアレですが、
鳴き声と甘えたサン仕草は絶品。

えぴ

足の間に入り込まれたら、撫でコせずにはいられませんよ(^▽^)


あんこ ぽち
代理のあんこぽちっと。


パン3兄の中で、
一番貧相ですが、一番健康体です。

涙も鼻水も、お腹の調子も絶好調です。








続々通院ですよ((+_+))

2015-03-14 (Sat) 13:05[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
きぃねさんがいなくなった時も思ったけど、
りんごがいなくなって更に、
特別ご飯時「なんて静かなんでしょ」としみじみ。

まぁにさんに、ぱいんちぴりん白黒るふな君と、
体重増加、体重維持、栄養補強、投薬等目的の、
特別ご飯組は継続しているものの、
ご飯要求の声が大きいのはまぁにさんくらい。

当のまぁにさんも、
ハラヘリがなければほとんど鳴かずに、
特別ご飯スペースにちょーんと…否、
ドーンと座って待っているだけ。
ハラヘリの時は「なぁぁぁぁん」とすさまじいけど。
若い時に比べるとだいぶ声が変わったよね((+_+))

ちびりん白黒は、
お口開けて「はーん」って言うだけのかすれ声だし、
ぱいんは時々大きな声をだすけど、
基本的に「んのぅ?」って疑問形の鳴き方で愛らしい。
るふな君は、
「きゃるるるぅ」と甲高い声だけど、あんまり鳴かないし。

きぃねさんは「なーんなーぅんなー」で、
りんごは「きゃきゃーんきゃーんきゃーん」と、
大声なうえ、連続鳴きだったから、
2匹いた時はすさまじかったねぇ(T△T)

けれど、

この、
「ママ、ご飯の時間ですよ」の合図が無くなったせいで、
まぁにさんが待ちぼうけすることが多くなっちゃって、
申し訳ない感じにもなってるのよ(^▽^;)

そんな特別ご飯組。

通院したのは、ぱいん、ちぴりん白黒、そしてぱいら
あ、
庭出組全員じゃん。

ぱいんちびりん白黒は、
連日の捕液と、ビタミン剤の注射で食欲回復。
1回目は、
いつものB病院、2回目以降はお財布に優しいA病院。
最初にB病院へ行ったのは、
心臓とか、肺とかをチェックしてもらうため。
心臓によって、捕液できないコがいるって説明もらったからね。
でも、
B病院だと、この注射してもらうと5000円越え。
毎日なんかとても通えないので、
A病院での継続治療になるのです。
こちらだと、
1回500円から1000円。
お薬の違いはあんまりないけれど、お財布には大きな違い。

結果、いまでは自力ガツガツ復活。

………ああ、
ぱいんは、
採血もしたから20000円越えだったんだわーε-(´△`)
いつまで経っても、カネクイムシだわねぇ。

 
ちびりん白黒+ぱいん

年寄り顔全開の2匹。

 と、

ひきこもり継続中のばいら

ばいら+らすく

最近、
ばいらのそばに誰かしら一緒に居たりしてほほえましい。

たとえそれが、
ばいら専用の特別ご飯を狙った計画的犯行だとしてもε-(´へ`)

ばいらの方はいうと、
「…知らないコがアタシの場所にいるんですけど」という顔はすれど、
生来の内弁慶がガッツリ顔を出しているのか、
威嚇も攻撃も視線をあわせることもできず、
おとなしく下を向いて座っているだけ。

トイレ使われたりすると「あ!!」って顔はするのに、なんにも言えない。

あいかわらずのハンストで、
生命維持最小限しか食べずに過ごしているのに加え、
おえっとするのと、よろけるのが加算されて通院。
食べなきゃ胃酸は出るし、よろけるさ、当たり前。
体重は3.8kg。
「体重は十分ありますね」
と言われてのスタート。
内臓チェックの触診で、お腹ムニムニされて、
「腫瘍は無し…腎臓はやっぱり年齢相応に悪くなってますねー」
心臓に肺も問題無し。
「このコ、かなり大柄だったんじゃないですか?」
お腹たるんたるんだからバレタか?と思いきや、
「肋骨がすごく立派だから」
あらためて見れば、たしかに他のコに比べて見事な胸巾((+_+))
お腹がペッタンコになっているせいで、余計に目立つコト。

病院では、オトコの先生だったせいか終始ご機嫌。
ゴロゴロ言うわ、捕液しても気にしないわ、スリスリするわで、
とても楽な通院でした。

これで食べてくれればいいんだけど、
相変わらず「アタシ、ぱぱじゃなきゃ食べないから」を貫く日々。
ハラヘリには耐えられないからの最小限接種。
ダイエットにはいいけどね。
肝臓には悪そうだわー。

年寄りなんだから、
ご飯はちゃんと食べてくれなきゃ困るんだよねぇ。



ばいら ぽちっと


いい加減、

色々とあきらめてくんないかなーε-(´へ`)











血の繋がりはなくても、

2015-03-08 (Sun) 01:13[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
友人が「どうしよう」と相談してきた骨折ベビニャに、
ぱいんと名前を付けたら、
それからしばらくしてきたオンナノコ。

ぱいん」の次だから「りんご
二匹そろって「ぱいなっぷる」になるってワケ。

当時、
ぱいんを先頭に、夏までに7匹だかのこにゃ~ずが来宅し、
頭数的にも、
オトコノコの運動量的にも、
育児部屋に居続けさせるのはムリという判断で、
面倒見と、教育が抜群のぐみに初等教育をまかせ、
オトコノコ達は庭出組にしていたので、
ぱいんりんごは、
生後6ケ月を過ぎたトコで、2匹は別れ別れに。

その後、
ぱいんが自力骨折というワケわかんないことをし、
病院入院後、育児部屋入院という状況で再会したものの、
お互いのことはすーっかり忘れてシャーフー。
すぐに馴染んだものの、
まぁ、にゃこずの記憶なんてこんなモンかと。

その後また、
ごくまれに育児部屋の扉を境にして、
顔を突き合わせる程度に戻り、
引越しを機に同居再開したワケだ。

ぱいんが具合悪くて通院していた時は、
ぱいんは猫らしく、
ヒトリボッチで隅っこにうずくまっていたけど、
りんごは知らん顔だった。

ところがだ。

りんごが具合悪くなった時は、
ぱいんがずっとそばにいたから驚いた。
自分だって少し回復したとはいえ本調子じゃないだろうに。

りんごが座っている横に、なんとなくいるぱいん

りんごは隅っこに座るタイプじゃなかったから、
たまたまそばにいただけなのかもしれないけど。

それでも、
「あれ?」と思うと隣に座ってて。

最期の夜。

ぱいん+りんご

ゆっくり呼吸するりんごに、この距離で寄り添ってた。

ぱいんには、りんごが遠くに行くってことわかってたのかなぁ。
ヒトの感情だけど、
そんな風に思いたい。

りんごはひどく穏やかで、
「ああ、死んじゃう…死んじゃう、どうしよう」という、
 
不安を煽られるような時を過ごすことも無かった。
「うん、ゆっくりしてて」
本当に、心からそう言えるような。
りぃるさんの時も、きぃねの時もそうだったけど、
あらためて、
なんて優しい命なんだろうとしんみりとされられた。

若い頃から散々な「ばかりんご」だったけど、
結局、
愛してたんだよね。

おばーちゃんに、
「なーにしても"可愛い"って言ってんじゃん」
って言われるけど、
なにしても可愛いから仕方ないんだよ。




りんご ぽち 



これからもね。

手の届くところにいるかぎり、
我がコ達には、
愛情だけはしつこいくらいたっぷり注いであげたい。

出会っちゃったらさ、仕方ないもん。
最期まで、
くどいくらいの愛情を注いであげる。

その変わり、
体を捨てる時はさ、
ママとおかあちゃんが、
「もうこんなの嫌だよぅ」
って泣くような最期は勘弁してほしいなぁ。







りんご、亡くなりました。

2015-03-07 (Sat) 00:31[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
本日、
AM10時過ぎ、りんご、お体を捨てました。


正直に言いまして、
昨晩の寝る前に「おやすみ」を言った時点で、
朝に「おはよう」は言えないだろうなと思っていたのです。

そのくらい、状態は悪いものでした。

りんごの治療は、
「具合悪くなったら痛み止めのステロイド射つくらいです」
でしたので、
昨日の夕方までガッツリとご飯を食べ、
吐くこともなければ、
お腹を壊すこともないまま、
きぃねさんのように、
ポチンと、スイッチオフの最期の時間を迎えました。

もっとしつこく検査をすれば理由はわかったかもですが、
「治るならば」
という希望が無い状態の中、
検査を繰り返すより、自宅でのケアを選択しました。

痛い苦しいがなければ、
我が家ではコチラの選択の方が多いですね。




朝、
目覚ましの音に、
リビングまで迎えに来ているにゃんこ~ずにおはようを言うと、
りんごはテーブルの下、
昨晩、
オケツの下にシーツを敷いた姿勢から、
ちみっと動いた寝姿でいました。

半分目を開けた姿。

りんごー?」と声を掛けると
かすかな声で「きゃーん」のお返事。
ゆっくりと呼吸していました。

さわると、
ホットカーペットの上にいるのに冷たくて固い体。
そっとさすり、
ごくゆっくりと軽く手足の伸縮運動をしました。
関節痛があるかどうかなんてわかりませんが、
手足が固まったままだったら、
きっと痛くなってるんじゃないかなと。
血行不良を一時的に直したところで、
半分以上捨てている体にはなんの意味もないかもしれないけど、
痛いときにさすってもらうのって、
ヒトだって気持ち良いですから。

ご飯が食べられている間は捕液も無しでしたが、
昨日の夜から食べられなくなりましたので、
もうやってもなぁ…と思いつつ、
やったら少しは楽になるかもなぁ…の気持ちで、
娘ちゃんに通院をお願いしました。

仕事中に娘ちゃんからの連絡メール。

結果、捕液もできませんでしたが、
帰宅してからも、
ゆっくり呼吸しているだけでうんともすんとも言わないまま、
痙攣を起こすこともなく、
1時間後に、
静かに息を引き取ったそうです。

おじーちゃん、きぃねさんに続き、
りんごも上々の死に方でした。

帰宅後、
寝ているようなりんごの姿。
娘ちゃんが、
椿の花を飾ってくれていました。

明日は天気が崩れるそうなので、
更地になった元じゃんぐるの、山茶花の左側。
きぃねさんの左隣です。

りんごと、きぃねさんのお墓に、
他のコ達全員の代表でお線香をたててきました。

ついでに、
解体ででた石を使って、石垣も作り直してきました。
「こっから先は触るな」です。

りんごとお別れした夜。

いつものように、お薬ご飯を用意しそうになりました。
一皿少なくていいんだった。
と、
あんまり騒ぐことなくご飯待ちをするまぁにさんと、
足をちょいと触りながらジーと見つめて待つるふな君と、
鳴きながらウロウロウロウロウロウロウロするぱいんに、
お皿を3つ用意しました。




りんご ぽち 


りんごのエネルギーでも吸い取ったか、
ぱいんの元気度が異常にアップしています。

イイコトなんだけど、
10日違いくらいで来宅して、姉弟同然に育った2匹。
なんともビミョーな気持ちです。





りんご、危ないかも。

2015-03-05 (Thu) 23:33[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
一日数回のちみっとご飯タイム。

体重維持をしたいまぁにさん。
具合の悪いりんご
虚弱児のるふな君。

と、

きぃねさんがいなくなってからは、
お皿3つの高カロリー食タイム。

これに、
ぱいんも加えて、お皿が4つになっていました。

仕事から帰宅すると、
いつものメンバーによる「ご飯コール」


夕ご飯の支度なんかしていると、
また、
りんごまぁにさんのご飯コールがあるのが普通なのですが、
今日はまぁにさんだけのコールが。

りんごはというと、テーブルの下で座っています。

お皿の準備しても来ない。
おかしいなぁ…と、お肉を鼻先に持っていきましたが、
口を開けずにそっぽ向きました。

「病気が悪化するのはさ、夜中とか休日だよねー」
ってくらいのタイミングの悪さで、
病院は終了している時間。

明日、朝一で娘ちゃんに病院に行ってもらうようだな。
と、おばーちゃんと会話。

その後
「食べない」ものの、
トイレに行ったりして普通に過ごしていましたが、
夜ご飯のこにゃ~ずウェットの時間になる直前に、
立ち上がると、
ふらふらへなへなっと座り込んで横になってしまいました。
呼吸は普通。
心拍も普通。
瞳孔反応も、お返事も普通だけど、動かない。


これは危ないかもと、オケツの下にシーツを敷いて、
りんご、嫌になったらお体ポイしちゃっていいのよ」
と、声をかけると尻尾パタリ。
この声掛けは恒例行事。
育児部屋では、
最期の時間には絶対に名前を呼ばないし、声掛けもしません。
律義で素直ですから、
お名前を呼ばれても、話しかけられても反応しようとするから。
もうすぐ楽になるという時に、
苦しい方へ戻されるなんて、私だったら真平御免なので。
その時は、
手を軽くさするとか、耳をさするとか、
鼻先に呼吸のジャマにならない程度に手を置いておくとか、
「そばにいるよ」をしておくだけです。

ジッと横になっているりんご
「そばにいる?」には無反応。
「撫でコする?」にも無反応。
「静かにしてたい?」には尻尾パタリ。
「じゃあみんなにご飯あげちゃうよ」にもパタリ。

こにゃ~ずのお薬ご飯を食べさせ、
おおにゃ~ずのご飯を用意していると、
起き上がりスタスタ歩いて、キッチンの床に座りました。
ご飯食べるかと思いきやコロンと横に。
ここでもオケツ下にシーツを。
ぬるま湯を差し出すと少し飲みました。

しばらくするとテーブルの下に移動。
ぱいんの隣で横になりました。

いまのトコロ、静かに過ごしていますが、
「今夜が峠です」と言われる状態と思われます。

テーブルの下から、パソコンテーブル下のダンボールの中へ移動。
覗きこんだら、
ずいぶんとしっかりとしたお顔で振り向き「きゃーん」のお返事。
神妙なお顔で横になっていますので、
危ないとは思うのですが………どっちなんだ?




ガンバってほしいけど、ガンバり過ぎてほしくないの。




りんご ぽち 



ちなみに、昨日はこんな感じ。




りんごの最期が、ゆったりとしたものでありますように。





古いお家はね、

2015-03-05 (Thu) 17:28[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
全体像を撮っておこうと思っていたんだけど、
「あ、忘れてたー」と、
解体始まってから、気づく始末。


撮影してみようとガンバったんだけど、
国道の向こう側に行かないと全体を撮れなかったりして、
結果、
まぁテキトーでいいかーになりました。

記憶が曖昧になりそうなので、
記録はしとこかな………といったトコ。

家

どっからどこまでだ?的な、お隣の倉庫との境。

似たような白だったことに今更ながら気づいたりした。
我が家は横線、倉庫は縦線。
三階建ての高さがあるのがお隣の倉庫ね。
ひーじーちゃんの時「土地売ってください」と言われたらしい。
売った先は材木商で、
ついでに我が家を建ててくれたんですって。
だから、
この家の梁も柱もとんでもない太さ+大きさだったの。

ちなみに、
離れだとか、店舗だとか全部いれて数えたら、
(10帖×1、6帖×7、4.5帖×1)D3K+トイレ5ありました。
驚きだね。
半分くらいしか使ってなかったワケだ。

家

ボロリーな家の前面と、さらにボロリーなじゃんぐる。

撮影はアレだけど、地面に通路はちゃんとあったのですよ。

家

左に写っているのがお隣さん。
寮になっていて、
住み込みの管理人さんと、
通いのお手伝いのおばーちゃんと、
住人が数名。
朝が早くて、夜も早くて、時折笑い声がする程度の静かなお隣さん。
その地面の下は、
実は、我が家の歴代のペット達の墓場ですよ、とは…言っていない。
30kG越えのワンコとか何匹も埋まってますよ、とは…言ってない。

ロサンゼルスに住んでいた叔父
(故人)が相続した土地だったんだけど、
「住まないから~」と売った部分。
売るための手続きをしたのは伯母の内縁の旦那さん
(故人)だったんだけど、
アレヤコレヤと後々問題発覚して大変だったらしい。
身内だからって信頼してはいけないという教訓バリバリでした。

家 

更地になったので、撮影してみました。
なぜか踊る娘ちゃん。

ふぅん、こんなモンかーという感想。

じゃんぐるの木の伐採が一番の痛手。
生きてたんだけどなぁ…と、実はそうとう心苦しいのです。

ケヤキ、金木犀、山茶花、グレープフルーツが、
残っているだけでもマシと思うことに。

椿は、それぞれの子供達を拾い集めていて、
苗木にしているので、
落ち着いたら植える場所を考えるつもり。
獅子頭の根っこを腐らせてダメにしてしまったのは激しく後悔。

この後、
ブロック塀も取り壊し、完全に更地になるまで一週間かかりました。
門があった場所にデカい庭石を集合させて、
国道の事故の車除けに。

いまはキレイに整地されて真っ平です。
地面も落ち着いて、歩いても足が埋まらなくなりました。

明日から地縄の作業が始まりますよ。


合宿所は、いつも通り平和。

らすく+みしゅ

おにーちゃんにヒッツキムシして甘やかしてもらっている妹を見ると、
あの時、ユーカイされてホントによかったねぇ(TvT)と思うのです。

たとえ、
よしほさんの手を血まみれにして、
腫れ上がらせたみしゅだとしてもです!!!!




らすく ぽち


この後、
らすくみしゅの背中にあごを乗せて熟睡。

しばらくしたら、
みしゅらすくの背中に乗りあがって熟睡。

どちらも「重たい側」は遠慮なようです。




まだ疲れてるのよ。

2015-03-03 (Tue) 21:45[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
古いお家にいた時から、
どうしても宵っ張りになり気味の我が家。


娘ちゃんの帰宅→ご飯にお風呂→にゃんこ~ずの寝支度と、
ベッドに入るのは2時とか。

にゃんこ~ずを先にしちゃえば一時間は短縮できそうだけど、
「でんききえなーい、ママおきてるー、ねんねしなーい」と、
ケージの中できゃわきゃわ騒ぐので、
電気を消す直前に、
ケージの中に入れるようにするしかないのですねー。

真っ暗=寝る時間と学習しちゃっているので、
コレ、どうにも直しようがないんですねー。

日中だろうと、夕方だろうと、
好き勝手に寝てられるにゃんこ~ずに比べ、
眠い寝る………とできないヒト~ず。

結局、
疲れ果ててダウンダウン。

うじゃ

おばーちゃんはベッドでダウンするけど、
娘ちゃんは相変わらず床でダウン。

良いベッドです。

具合の悪いぱいん
月曜日に娘ちゃんが捕液に行ってくれた後から、
ご飯を食べだしました。
もともと小食なので「も少し食べてくれるとねぇ」ですが、
シーバなら1/2本、
チュールスティックなら2本食べるまでに回復しました。
普通ご飯は、ドライウェットとも、まだ最低量食べきれないようです。

このまま元気になってくれると良いのですが。

みしゅ

みしゅもお鼻べしょーがキレイなお顔に。

こちらも回復。

えぴ

えぴは、涙鼻水お腹も問題無し。

細くてちんまいままですけれど、健康的です。

うじゃ

りんごも現状維持。

ウンチョさんもキレイ。痛い痛いも無し。食欲有り。運動異常も無し。
で、
当然ですが通院も無し。

うじゃ


娘ちゃんは、床ダウンが日常になりつつあります。

で、
夜寝る時間に、
ヒトと別室になっている育児部屋にゃんこ~ずは、
ここぞとばかりに同衾。

「おかぁちゃん、あつーい」と、交代しつつヒッツキムシしています。



りんご ぽち
りんごのご飯は、1日5回
ちまちま少量ずつ食べさせているのですが、けっこう手間かかるのよぅ。

ついでに、
a/d缶の量も半端ないのよぅ。












いまでも、いたりするんですよ。

2015-03-03 (Tue) 00:02[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い

ふとした瞬間に、ふぃせる君が。

ふぃせる君の名残

これは、パン3兄のお薬ブレンド療養食。

いまでは、
全部メインは一緒で、別々の味を混ぜて5本作っていますが、
あの頃は、
体調に合わせて作っていたので、
娘ちゃんにわかるようにセットしていたのですねー。

「ベビ」と書かれている3本は日中のモノ。
「よるごはん」は就寝時間に、ケージの中に入れるモノ。
ふぃせ」のは、高カロリー食にお薬+サプリをブレンドしたモノです。

普段は気にしないけど、
時々、
ふぃっちゃーん」とボトルに声かけています。


ぶどう ぽちっと

ふぃーの代理は、ぶどうくんぽちっと。



あらめちゃん、ぶさいく。

2015-03-01 (Sun) 00:01[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
レッスンを終えて帰宅しました。

プリンターの上で熟睡しているあらめちゃんを発見。

緑色のアーモンドアイに、キレイな顔立ち。
愛らしい短くて丸っこいからだ。
噴水のように広がるしっぽ。
中途半端にふわんふわんな毛並み。

黙っていれば、なんて可愛いにゃんこ!!!!
黙っていれば………ね。

寝姿も
(黙っているから)可愛いなぁと、カメラを構えたら、

うじゃ

白目かよ!!!!

「ママ、あらめちゃんのどこが可愛いでしゅか?」
と、
冷たい視線を向ける三匹。

うん。

あの顔だと、三白眼+鬼歯のえぴの方がずっと可愛く見えるよね。


あんこ ぽち