2016年11月のエントリー 

おひさまうれしいね。

2016-11-27 (Sun) 13:03[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

おばーちゃん、ぽかぽか日光浴中。

まぁに

毛が分厚いと、窓のひんやり感は肌まで届かないのかしら?


まぁに ぽちっと
あいかわらず、食欲旺盛。

元気です(^▽^)

無事に夏を越えたので、今度は無事に冬を越えることですね。

猫は、
夏よりは冬の方が過ごしやすいでしょうね。



けさのじしん、

2016-11-22 (Tue) 23:50[ 編集 ]

猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

ピッと目が覚めました。
んー?と思っているとゆらりゆらり。

 コチラ地方は震度3。

早い揺れではなかったので、
あんこちゃんはパニックになることなく、
枕の上で顔を上げるだけに留まりましたが、
リビングではころねがパニックに。

「うぁーん、ひゃぁぁぁぁぁん」の絶叫。

声が近づいたり遠ざかったり。
これまでの地震では見かけなかったパニックっぷり。
あんこちゃんとも違うパターン。

どうやら、
「この地震は怖い」
「この地震は怖くない」
という線引きがあるようですね。


昨晩は、
寝入りっぱなから、
ぷりんが部屋の中をウロウロしつつ鳴き通していて、
トイレハイかしら?と思って寝付けなかったのに、
朝の地震でも起こされ、
あと一時間寝かせて………の状態で眠い眠い。

もうお風呂に入る元気はないので、
明日、
お湯を張ってガッツリと入ることにします。

………眠い。












ばいかくき、つらい。

2016-11-19 (Sat) 15:48[ 編集 ]

猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

今日は、午後になって梅核気がガッツリと。

これって「気のせい」なワケだけど、
息苦しいコトこのうえない。

レッスンがあるのになぁ。

半夏厚朴湯飲んで凌ぎます。



のらっこのはなし。

2016-11-18 (Fri) 00:15[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
照合して、パソコンガガーッと打ちまくって、
就業時間あと五分~ッ!!
というトコロで、
「これお願いね」と渡された書類。

いやいや、
もっているので時間ギリギリなのですが。

そんなことしてたら、15分、30分とオーバーすることに。
いいんですけどね、
今日は娘ちゃんも仕事でいないしね。

………なんて思っていたのですが、

あ、ダメじゃん。
お薬取りに行かなきゃならなかったのに。

と、気づいた時にはもう遅く。

お薬明日かーと暗くなった道を帰りました。

途中、ねこだまりがあるのですが、
ここのにゃんこ~ずは、
手術していないコと、しているか不明のコばかりで、
ネコ飯係が大勢いるのも知っていたので、
通過するだけで手を出さずにいたのです。

夏にシロさんが三匹のベビを生んだのですが、
ほとんど姿を見せず、
生きてるのかなーと気になるとチラリと姿を見せていたのですが、
突然、
見知らぬ三匹のベビが登場しました。

シロさんのベビは、尾長しろと、尾曲がり白と、白黒。
この白黒の姿が見えなくなったのが二か月くらい前。
小さめだったし、ダメだったかなーと思っていたら、
尾長全キジと、尾曲がり全キジと、キジ白が現れたんです。

しろさんコニャは、推定三か月。
キジコニャ~ずは、推定二か月。

おいおいおいおい捨てられたのかよー…と(´へ`)=3
しかも、キジ~ず風邪っぴき。

さて、なんとかできるかな………と、
持ち歩いているオヤツで釣ってみましたが警戒心の強いコト強いコト。
君達じゃないというデカニャンコ~ずも集まっちゃって、
若干パーティ気味に。
ところが、
「いつもの飯ばばぁじゃない」とみんな一定の距離。

「うちもう二匹いるけど、どのコでも捕まえられたら、連れて帰るわ」
と、
我が家より、
もう少し向こうに住んでいるという女性も一緒になって、
踏ん張りましたが、
捕まらないんだなー、これが。

一時間ほどねばってあきらめました。

裏路地だけど、車通りもあるので、
毎朝毎晩、
轢かれていないかとハラハラさせられていますが、
それは無く。

二日ほど姿が見えないなーと思っていたら、
ちゃっかりとシロさん家族に紛れ込んでいるキジ~ずの姿が。
シロさんも気にならないのか気づかないのか、
ひっつかれても知らん顔。

とりあえずは寝場所は確保したんだなーと思ったのもつかの間、
今日は、
シロさん、尾曲がりシロ、キジ白と、これまた半端な顔ぶれ。
餌場ではなく、遠くにいたので食事は終わっているのかな…と。

全キジ二匹は風邪っぴきだったので、
生死不明と言ってもよいかもしれませんが、
一番体がデカくてガッツキムシの尾長シロもいなかったので、
もう塒に戻っていたのかもしれません。

この場所はご飯には困らないとはいえ、やはりノラッコは大変です。
夏生まれのコ達が冬を越せる確率は低いでしょうね。

………そう考えると、
大雪の翌々日に、よしほさんと出会ったるふな君は、
そうとうの運の持ち主だったということでしょうか。

いまでも風邪っぴきで、ベタベタドロドロでくっさいけどね。

帰宅すると、
リビング前のドアの向こうに頭頭頭のシルエット。

開ければ、
我先にと足にしがみついてくる我が家のにゃんこ~ず。
ゴロゴロニャニーニャーの大合唱。
「だだいま」言いつつ、順番に頭ポンポン。
このコ達は、
外にいた記憶なんかスポーンと抜けているのでしょうね。

ご飯が空だったので、補充。

部屋が冷えていたので、
少し温度を上げましょうかね、と、ヒーターのスイッチをオン。

お腹いっぱいにして、ソファーにまとまるにゃんこ~ず。
我が家ではココが塒というわけですな。

うじゃ

部屋が温まるにつれ、とたんにベロベロと伸びだすにゃんこ~ず。

るふな君の前ならえ、大好きだ!!!!!

うじゃ

らすくは、まぁにさんを挟みこみ、

うじゃ

ころねは、自分のシッポを頭に乗せて。

スコースコーという寝息に、時折聞こえるいびき。
穏やかだね。


自由を無くして、ご飯と寝床を得た我がにゃんこ~ず。

その「自由」すら忘れているかもしれませんが、
いま幸せなんでしょうかね?

時々、
ふとした瞬間に聞きたくなるんですよ。

でも。

「お口を美味しくしてくれたら、もっと幸せになれそうッ!!!!」
とか返ってきそう((+_+;))


らすく ぽち
特に、このオトコ↑↑↑とか。


生肉大好きらすく君。






きょうはさむくて。

2016-11-16 (Wed) 23:34[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

仕事を終えて帰宅、
アパートのリフォームをしてくれている業者さんの所まで一走りし、
帰り道、
お買い物をして帰宅しました。

切り干し大根のストックが切れてたなー
(娘ちゃんの好物)
と棚を探していたら、
500gの大袋がありまして、しかも本日のお買い得品。

ああ、ちみと良いことがあった………と、
幸せをムキュッと嚙み締めつつ、
手袋をきっちりとして帰りました。


帰宅すると、ひんやりしたお部屋。

お出迎えが無いので、今度は淋しさを噛み締めることに( ;∀;)

電気無しでオコタモドキにしていたテーブルの毛布をめくると、
グッチャグチャにした敷物の上に男衆。

とりあえずあるのは若さだけ。
けれど、
若さ=体温なのか、テーブルの下はもふりとした温かさで、
四匹とも、
ふかしたての饅頭のように全身ぽかぽかになっていました。

うじゃっと。

女衆は年寄と若いのに分割………され切ってはいないな。
みんとの後ろはぷりん
真っ黒に映ってて、写真ではころねに見えます。
でもおねたんはオコタモドキの中。

彼女たち、お背中はひんやりですがお腹側はアツアツ。

お体の温まり加減は好みがあるのでしょうかねぇ。


さて、

こんなみんとですが、
ついに気温に負けました。

うるうるお目々の美少女となってしまったので、お薬開始です。

お薬の時は「特別ご飯」となるので、
喜び勇んで食べていますよ。

まーたデカくなっちゃいそう(´へ`)=3


りんご ぽち
同色仲間の飛び三毛りんごより、絶対に重たいと思う。

りんこはデカかったけど、ズッシリ感はそんなになかったし。
ぱいんとセットだったから………そう感じてただけかしら?






んー。

2016-11-14 (Mon) 01:55[ 編集 ]

はてさて。

説明文を入れれば「問うていることの返答になっていない」と言われ、
簡潔に返せば内容を間違えて読み解かれ。

私の文章が悪いのかしら。
それだと、
直し方がわからないから、どうにもならないんだけど。


ふむ。

会話にならない場合、
「誰か」を間に挟むしかないのでしょうか。

どうしたものでしょ((+_+))??

りふれっしゅしたいのよ。

2016-11-13 (Sun) 00:37[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん



大きなストレスのおかげで、

「なんとなく」という名前のストレスが、
チリチリと蓄積されていきます。
普段なら、
気づくこともなさそうな「なんとなく」


ううーん、

よい景色でも見てリフレッシュでもするかー。

と思ったんたけど、
コチラ地方、海や山どころか、丘も無いのよ。

川はあるんだけど、自転車で15分?
さして「良い景色」でもなくてねぇ。


しかないので、
手ごろな山で手を打つことにしました。

うじゃ

この中に顔をうずめたら、
さぞや気持ち良いかと思いきや、
「気持ち良い毛並み」は右の茶色だけで、
黒と白の毛皮は「ゴワ毛」なんですよ………まったくもー。


れもん ぽちっと
にゃんこ~ずとイチャイチャするのを忘れているくらいのストレス。

イチャベタ甘々が日課な我が家としては、
致命的かもしれません。

………ねむい。

レッスンで汗かいているんだけど、
娘ちゃんに、
「お風呂明日の朝にして寝ようよぉぉぉぉぉ」ってワガママ言ったら、
(娘ちゃんの発作が怖いので、基本的に娘ちゃんが寝てから寝るようにしていますもので)
「しかたないなー」と甘やかしてもらえました。


今日のレッスンは、イマイチ物足りない感じが残っちゃいました。

先週はものすごくスッキリしたんだけどなぁ。














ごはんたいむ。

2016-11-01 (Tue) 23:42[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

オンナを捨て、声を大にして発します。

「せーりつーでおしごとそーたいしましたーッ!!!!!」

ほんの一時間前までは普通に仕事していたのに、
突然コングが鳴り響き、
あとは耐えきれず、ヘラヘラ笑いだけが顔に張り付きました。

地獄を見ました。
二か月ぶり(?)くらいに地獄を見ました。

少し前までは、
「わざわざお腹切って全摘しなくてもいいんじゃないかなー」
なんて思っていた自分がひっくり返りました。

「………ダレデモイイカラナントカシテ」
それしか思えませんでした。

幸いなことに、
仕事休みの娘ちゃんがいたので心強かったのですが、
痛み止めはストライキ中かというくらい仕事せず、
けれど、
会社にいる時には決してできない、
「いーたーいーいーたーいーもぉぉいーたーいーのよぉぉぉぉ」
を垂れ流し、
娘ちゃんに「うるさい」と言われ、
とにかく楽な姿勢を探しまくり、
電気毛布をつけたベッドにもぐりこみ、
日中は寝室でお独り様生活を満喫しているぷりんに、
強引且つ強制的な添い寝をされ、
(丸まりたい時に腕枕をしろとかってホントひどい!!!!)
頭痛吐き気、めまいに腰痛に腹痛に、
もうどこが痛いんだかわからない自分を抱え込んで、
ともかく目を閉じているうちになんとか眠ることができました。
一時間後に娘ちゃんが声を掛けてくれましたが、
ようやく眠れたトコロだったので、もう一時間丸まっていました。

たんなる現実逃避です。

わかっているけれど、そのくらい辛かった。

先月の発熱とはまた違う痛み。

私以上に強い痛みの方々は、どんな我慢をしているんだろう。
なんか良い方法があるんだろうか。

痛み止め10錠くらい飲みたかった。

「取っちゃえば、あとは楽ですよーですよーですよー
ですよー
と、
頭に残る担当医師の声が、ひどくあまーく響きます。

コレをあと10年我慢することを考えたら………ねぇ((+_+))

痛みがあるときに診察があったら、
「スパンッ!!!!!」と、
決断できていいんじゃないかって思うんだけどな。


さて、

今日は娘ちゃんがお休みの日なので、
「一般家庭チックに夕ご飯あり」の我が家でした。

娘ちゃんが作ってくれたご飯を前に、
(よしほさんは生ジュース作った)
仕事が壮絶に忙しいらしく二徹しているシャチョーが、
あらめに憑りつかれていました。

抱っこは好き、撫でコも好き、でもツンツンされるのは嫌いな、
あらめちゃんを、
軽く撫でたのが「ツンツンされた」と判断され、
不意打ちで噛みつかれていました。

怒って唸り声をあげるあらめに、
「イヤなら降りればいいじゃんよー」
と、
説得を試みていましたが効果はなく、
またも撫でたら噛みつかれそうになり、
プリプリしつつ床に降りたあらめの背中を撫でたせいで、
爪攻撃くらって不名誉な負傷しておりました。

楽しそうでなによりですが、
あらめとは何か」を少しは学習してほしいものです。

我が家ではあらめ=バカメです。


そうそう、膝に乗せるなららすくがお勧めです。


デカくて、重くて、スペース取りますが、
悪いコトしないし、爪も立てない。
名前を読んだら、のほーと視線を合わせてくれますから。

うじゃ

足元では、にゃんこ~ずがウロウロ。

テーブルの上のご飯が気になっているワケですが、
おすそ分けはありません。

ヒトご飯が終わったら、にゃんこ~ずご飯なので、
待ちきれないご様子です。

うじゃ

オケツあったかいなーって見れば、
天然アンカが張り付いておりました。

火傷することのない天然アンカ。

やさしさでできていますなー。


らすく ぽち

明日はお仕事行けそうです(^▽^)