2017年01月のエントリー 

1/19のコト………子宮筋腫摘出手術 と、今日のお昼ご飯。

2017-01-31 (Tue) 21:47[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
シャワーの許可がでたんですよぉぉぉぉ!!!!!

1/19

スッキリしたというより、ひやひや感のほうが強かった((+_+))

ハラマキって偉大。


お風呂タイムは、患者さんで順番に。

3階と5階にあって、初日は3階のお風呂。
残念にことに、扉にカギはない。
「使用中」の大きな札をかけて入ります。

入ったところは、脱衣所。
その先のお風呂場を開けてもらったら、
かなーりの広さ。

介護用のバスタブが置いてあったので、
ゆうに10帖はあったと思う。

暖房がガッツリ効いていて、
外に面した壁は全面曇りガラス。

浴室内は作業所みたいだけど、
陽が入ってくるせいかイヤな感じは無し。

シャワーは浴びたかったけど、
シャワーが当たったら痛いかなーとか、
お湯がしみたりしないかなーとか、
石鹸しみたりしないかなーとか、
そんなことばかり考えていました。

それよりも恐怖がソコにあったというのに。


 1/19


筋肉が萎えてしまっているので、
立っているのが辛かった!!!!

とはいえ、
家でもバスチェアを使わないヒトなので、
座って洗うということは考えられませんでした。


でね、

横になって回診してもらった時は気づかなかったのですが、
立ってお腹を出すと、
妙な形になっているワケですよ。

ムニッと横につまんだような。
あんパンがお腹から飛び出しているようなポッコリ。

それがキズグチテープの上から、おへその下という、
ごく狭い場所にあるんですね。

物凄く気持ち悪い。

3段腹とか、そんな緩い曲線じゃないの。

どうしよう、コレ、伸びてるだけだといいんだけど。

そう思いながら、
初シャワーを終えました。

1/31現在は、
ペッタンコに戻っていますよ。

けどねぇ。

動作開始時に、お腹の中がおちつかない感じがヤですね。
ぐにょぉぉぉって。

空間できたからシカタナイものなのかな??


まだ腹筋できないので、
お腹プニョプニョです。

自分のお腹じゃないみたい。

懐かしいわ、娘ちゃん産んだ直後くらいだと思うわ。
こんなぷにょっ腹。



りぃる ぽち
にゃんこ~ずのお腹が左右にタポタポする感じって、こんなの?




さて。

1/31現在。

仕事はまだ午前中だけにしてもらっています。

痛みは気にならない程度になってきているとはいえ、
時折気になる鈍い痛みはあるし、
不意の動きでツキンとしたりと、
いつになったら完全に消えるのかなーと思いつつ、
帰宅すると、
やっぱりドッと疲れています。

家だと「……んー」って時は好きな姿勢取れるけど、
職場だとそうはいかないですしね。

今日は、
よしほさんの帰宅と娘ちゃんの出勤が入れ違い。

10分くらい会うことができました。


娘ちゃんが出かけてからすぐに、
「お昼ご飯、冷蔵庫の中ね」とメールが。
(我が家のご飯担当は7割娘ちゃん)

冷蔵庫を開けると、
いる時に言わなかった理由はコレか………と。

オムライス

地味にディスられてますな。

「笑うと中身出ちゃうから!!!!!」のアレなのか?
ベシバシ叩いた腹いせか?

せっかくなので、

オムライス

ケチャップしました。

オムライス

ケチャップほとんど無いくらい残り少ないのに、
こういう時に限って、爆発しないんだよなー。

爆発したら、もっとリアルにいけたのに。

………この「内臓出ちゃった」は、

卵が破れたのか
娘ちゃんが一口食べたのか

どっちなんだ?



そんでもって。


冷蔵庫の中には「夕ご飯」もしっかり入っていました。

こっちはお弁当の残りをワンプレートにしたもの。
娘ちゃん、
自分の分はお弁当箱に詰めるけど、
よしほさんのはプレートなのよね。


ンまい(^▽^)









1/18と娘ちゃんのコト………子宮摘出手術

2017-01-30 (Mon) 22:56[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
そろそろ、長距離歩けるかなーと意気込んだ日。


今日の回診の先生は、これまでより更にフレンドリーなヒト。

「こーでぇこんなでぇ」と言うと、
椅子に座り込んでしゃべりだしてくれました。

この病院、
嫌な感じの先生っていないけど、
返答してくれるけど+αは無い人もいる中、
うんうんって相槌打ちながら会話。

聞き上手の話し上手。

決して、難しいことを言わず、
日常会話での説明………いいなぁ。


今回、ミシンしてたものだから、時間なくて手抜き。

1/18

これで、

後の不安は「この痛い痛い」がいつ無くなるか。
だけ。

後遺症は出てみなきゃわからないからね。


午後になって娘ちゃんが来たので、
あれやこれや会話。

そういえば、

院内の売店に行ったことないなー。

ささやかな売店だけど、
せっかくだから、
一回くらい利用したいと、
娘ちゃんに腕を借りて三階から一階まで行きました。

もちろん、エレベーターね。

市民病院だけあって、
売店の閉店時間が早く、
残念ながら利用不可。

明日もっとはやくに付き合ってねと、
話をしながらエレベーター待っていんたですよ。

1/18

うっすらとシルエットが写るエレベーターの扉の前。


物凄いバキィッ!!!!!の音。

若いのに、若いのに。

「ママは、鳴らないよ?」
とりあえず抵抗しておきました。

中身出ちゃうってば。





れもん ぽちっと
れもんはバキって言いそうだ。



Nさんからメール。

「今家にいるー?」

いちご

でっけぇ苺さん、いただきました。

Nさんダーリンの会社からの頂きもののおすそ分け(^▽^)

デカい、甘い、酸っぱくない、おいしーい。

娘ちゃんは生の苺嫌いなので、
ヒトリジメですよ(^皿^)






















1/17と娘ちゃんのコト…子宮筋腫摘出手術

2017-01-29 (Sun) 22:01[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

起き上がるのがだいぶ楽になってきました。

けど、
横になるのは痛いんです。
ベッドの手すりにしがみついて、ソロリソロリと体を倒します。

「そんなに痛くないですよ」という人がうらやましい。
めっちゃ痛いです。

まだ足は擦るようにして歩きますが、
それでも、
「歩いてる」という感じになってきました。
前に膝を上げることはできませんが、
かかとを後ろに上げることはできるようにもなりましたね。

足が萎えてしまっているので、
トイレに行くたびに、
手を洗いながらチョコチョコっとそんな運動をしていました。




毎朝、トイレの回数を申告するんですよねぇ。

そのたびに、
翌日から出るヒトっていたりするのかしら?
と、
私、遅いのかなぁ………と考えていました。

1/17


少し焦りましたね。

朝ごはんが刺激になったのだろうとは思いますが。
食べてる最中はヤですよねぇぇぇぇ((+_+))

具合が悪い時ならいざ知らず。


ともかく、

お通じというお子さん、無事出産いたしました。






一つ荷が下りると、次の心配が。

………わたし、生臭い………。

ニンゲンの匂いってスゲェ、と。

たぶん、
まだ自分が思うほど
臭気をまき散らしてはいないのでしょうけれど、
やっぱり気になりだしたら止まらねぇのですよ。

いつものようにお洗濯ものを持って帰ってもらう娘ちゃんに、
「ママ、生臭い…シャワーいつだろう( ;∀;)」と愚痴をこぼしたトコロ、

1/17

こんな態度。


ええ、ええ。

一匹だけど娘を産んでおいて、良かったわぁと心から思いましたね。



この後、
激痛来るから、
笑わせるんじゃねぇですよと言ってあるのにも関わらず、
笑わせようとしやがりましてね。

ベシベシ叩かせていただきました。


中身出ちゃうからヤメテ!!!!!


まぁに ぽちっと
まぁにさんの仕事っぷりは最高級。








1/16の深夜のコト…子宮筋腫摘出手術

2017-01-29 (Sun) 02:14[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
夜中の話。


点滴も外れて、動きやすくなって、
自分の中でも病人という感じでなくなって。

「帰りたいなー」「ヒマだなー」「時間が長いなー」
と、
娘ちゃん持ってきてもらった本を、
ことごとく読みまくっては
「本棚の下から三冊持ってきてー」を繰り返しました。

安定剤をもらっても、二時間睡眠がやっと。
しかも、
バッチリ目が覚めてしまうので、
結局、
電気をつけて、本を読んで、うとうとしたらそのまま寝る。
そればかり繰り返していました。

「オシマイ」恐怖を病院でするわけにはいかないので、
(入院と関係の無い呼吸困難になられても困るでしょうし)
本棚に並んでいる古い本ばかり持ってきてもらいました。

ほとんどクリスティー。

実生活と縁のない現実味の無さなうえ、
シリーズであっても「どこが最終巻かわからない」ので、
安心して読めます。
何回読んだかもわからないくらい読んでいますし、
内容覚えているものもありますが。

そんな本を眠りの合間に読んでいても、
よしほさんの夢は引っ張られないようです。

1/17の明け方に見た夢は、こんなのでした。

1/16から1/17
1/16から1/17

ボロ屋の記憶。

西側の部屋の畳、障子、襖で仕切られた続き間。
縁側から見える窓の外は、
よしほさんが子供のころの庭でした。

サッシではなく、木枠の大きな窓の壁の無い縁側。
木製の雨戸はあれど、カーテンなど無いその窓の外。

右側に物干し場があって、正面に滑り台。

西洋シャクヤクとアジサイで仕切られた外庭は、
奥の方には種類の違う数本の桜。
桜の一番右にザクロの樹と、
その下の園芸台に並べられたヒーバーチャンの山草の鉢植え。
その向こうには大きなドラム缶で作られた焼却炉。

目線を左に向けると、
ライラックの樹が伸びた向こうには、ヒーバーチャンのバラ園。
足が動かないヒーバーチャンが松葉杖で行けるように均された小道。

桜とバラ園の向こう側は、
敷地の南端に作られたクコの垣根。
ヒトの背ほどの垣根に均等に植えられた柳の木が伸びています。

娘ちゃんが産まれた翌々年に無くなったボロ家の庭の部分。

庭を横切る踏み石の小道はヒージーチャンが並べたもの。
山茶花とコブシが見える中庭
(育児部屋の前ね)を仕切っているのは、
ポトスの垣根。
ここから手前が、ブログにも出てきたじゃんぐるのスペースね。

育児部屋の扉。
小さな娘ちゃん。
子供のころに見た記憶のある炊飯器。

時期がバラバラ。

懐かしいと思うことはなく、
ごく普通にいる感覚。



なんだったんだろうね。



りぃる ぽち
りぃるさんは出てこなかった。
りぃる
さん、
絶対に遊び歩いてるに決まってるわ。




天気の良い日だった。


みんとがベランダを見ているので、
カーテンを全開にしたら、
小さな鳥が何回も行き来していた。

そりゃ夢中になるね。

みんと

行儀よく並べられたお手々がキュート。





今日は、自転車乗ってみました。

スタジオまで、いつもなら20分の道のり。
今日は40分かけて漕いでみました。

担当医に言われた通り、ゆっくりゆっくり。

特に痛むことも無ければ、
出血もありません。

道路のデコボコが、いつもより一層気になるくらいでした。











1/16のコト………子宮筋腫摘出手術

2017-01-28 (Sat) 00:14[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

おはようございまーす」の声とともに、
朝一から、チックンでした。

検温だけがよいな、検温だけが。
やはり熟睡はできず、二時間おきに目か覚める状態。
それも、
また全て違う夢を見ているのがなんとも言えず。

もちろん、
全部の夢を覚えているワケではないのですが、
次から次へつつながりのない夢を見るのも疲れますね。



1/17

1/17
どこまでも生々しい「つぶれたハトさん達」

あーと、中身は出ていないんです。
つぶれているのはあくまでも外側だけ。

羽根が散らばっているのが何とも言えず。

泥だらけの斜面に、
つぶれたハトさんと、壊れたアバニコが張り付いていました。


起きてから、
「ああ、あれは猫に食べられたのをノーミソが記憶してるんだろうなー」
と。

一度にあんな大量のは見たことないですけれどね。





午後になり、
「あと一本点滴したら終わりですからね」と告げられ、
嬉々とうけた500ml。

留置針がさすがに痛くなってきていたので、
助かりました。

あと一日って言われたら、
別の場所に刺し直してくれとお願いするくらいでしたから。

さて。

抜かれた点滴の針を見てビックリ。

なんてぇ太さだい((+_+))オソロシイ。


針を刺していた場所の5cmほど上が腫れてしまい、激痛。
袖が当たるだけで激痛でした。

それでも、
針が入っていないというだけで、動作も楽になります。

が。

こうなると、次の恐怖が。

そう………抜糸。

猫たちの抜糸はヒョイヒョイできますが、
自分のは自分でやらせてもらえないよねぇ((+_+;))………と。

触られるのヤだなー。

と、ここで友達にメール。


抜糸痛かった?の問いかけに、
「痛くないよ、トゲが取れたような爽快感があった」
「縫う時の方が痛かった」
という返事が返ってきて、ちょっとだけ安心。

けれど、
 
Nさんのお返事は違うものだったんですよ( ;∀;)

1/17

「大人だけど痛かったら大騒ぎしてやるわー」
とお返事しておきました。




あんこ ぽち


あんこが定位置でえらそうにしていますよ。


あんこ

ソファーの背もたれ、好きよねぇ。








1/15のコト………子宮筋腫摘出手術

2017-01-26 (Thu) 23:01[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
ご飯の話。

重湯でしたが。
お粥苦手ですが!!!!!

オカズが、柔らかくておいしいんです。
療養食だからなんだけど。

とろんとろんに煮着けてるのと、
薄味だけどしっかりとした味がついているので、
少量ずつとはいえ美味しく食べられるのが良し!!!!

いただきますも、ごちそうさまも言えず、
食べきることもできず、
栄養課のヒトに申し訳なく思い。

ついてくる名札に、
お礼の手紙を書きました。

なんとなく楽しくなって、
毎食毎食書いていたら、
ベッドまで来てお礼を言われました。
いやいや、こちらこそ………ですよ。

野菜嫌いで申し訳ない。




1/15

センターから一番遠い病室なので、
配膳も最後なら、
お茶を配られるのも最後。

ご飯の前に、お茶を一口飲むのが常なので、
お茶が来ないと食事が始められない、
痛みのせいで食べるのも遅いと、
踏んだり蹴ったり。

数回繰り返すうちに、
「あのヒトはゆっくり」と気づいてもらえました。
お膳を返しに行くと、
配膳台はもう満タン状態。
ビリっぽいなーと思いつつ急かされないのも助かります。


この時は、
微熱と頭痛と腰痛がメイン。

ハラキリの痛みは二の次です。

我が病室の方々は、
ほとんど横になっているようで、
誰も会話せず。

退屈なので、歩け歩け運動すれば、
オカーサン達につかまります。

が。

これが全然イヤではないので、
会うオカーサン順番に立ち話してお散歩してました。

娘ちゃんが家でお留守番してますって言ったら、
「まだ小さいんでしょう、可愛そうね」と言われ、
成人してますと言ったら、
「結婚早かったの!!??」と。
年齢伝えたら、
「うちの娘より上だわ、驚いた」と言ってもらえましたよ(^▽^)



1/15


反対側の病棟にはオトーサン達もいまして。

数人とはご挨拶する仲になれました。

オトーサン達の方が、廊下ウロウロするの気が引けるそうです。


確かに、
よしほさんのいる側の病棟は、
30台の女性患者さんもいるからねぇ。



あんこ ぽち





見事なチベットスナギツネさんがソファーにいますよ。

チベットスナギツネ

知ってる?

チベットスナギツネさん。


みんと、キチンすれば美人なのに。
無表情にもほどかあるでしょ。








1/15のコト………子宮筋腫摘出手術

2017-01-26 (Thu) 01:02[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

二日目です。


ベッドが違う、枕が違う、体が違うと、
寝付くことができませんでした。

同室のヒトかいるのに、
眠れないからと夜中にウロウロするのも気が引けるし、

寝付きそうになっては、
痛みに目が覚める繰り替えし、
仕事している平日の夜はあんなにも短く感じるというのに、
実は夜って長いんだな………なんて。

子供のころ、
寝付くことができずに不安だったことを思い出したりしていました。


最終的には諦めて、
眠くなったら昼に寝りゃいいさ、入院中だからな!!!!
と、
ベッドヘッドの電気をつけて、
ひたすら本読んでいました。

それでも朝はやってきて。

6時近くになって、
ようやく窓の外が明るくなってきたのにはホッとしましたね。

今日から、朝の回診が始まりました。



1/15

ご飯は、食べられなかった………内臓がね、
ぐりゅうって動くんだもの。

未経験な痛さ。

痛み止めをもらうタイミングがわからない。

あーちょっと我慢できない。
そこでもらえばいいの?


1/15
あとはとにかく、歩け歩け。


痛いけど、気はまぎれる。

猫背の自分がとほうもなくイヤだけど、
体を伸ばすことができないんだから仕方ない。






まぁに ぽちっと

トイレの違和感も、
10日もすればなじんでくる。

この気持ち悪さも、
そのうち、消えるんだろうなぁ程度。

けど、

ちょっところね
「抱っこ抱っこ」はいいけどお腹ふんづけたでしょ。
君が抱き着いて足を置くトコ、
ちょうど傷口なんだよね!!!!!

と、
文句は言わせていただきたい。



明日から社会復帰開始。

といっても、

この体のキズの限界がわからないうえに、
「安静1か月、生活全て日常に戻していいのは3か月目から」
と言われているので、
どこまでどうしていいのか。

とりあえず、

お仕事場、休憩室が3階の位置にあって、階段。
階段を下りるのは、
家の中で一番痛みを感じることなので、
半日仕事で復帰します。

ちなみに、

自転車に乗れないので、
送り迎えはハシャチョーだぜぃ。

自転車で15分の距離を、この体で歩くのはツライ。
ちなみに、
コチラ方面、ちょうど良いバスってないのよねー。














1/14のコト………子宮筋腫摘出手術

2017-01-24 (Tue) 17:22[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
手術翌日ですね。

「私、切ったのお腹なのにぃぃぃぃぃぃ」
って絶叫したくなる腰痛でした。


脊椎分離症ってわかった当初の腰痛を思い出しました。
あの時も痛かった。

誰にもわかってもらえなかったなぁ。
母親も腰痛というものがないヒトだったから、
成人してから、
「学校行きたくなくて言ってるのかと思ってた」
と告白されたものです。

教科書詰め込んだカバン持って、徒歩30分の道のり。
痛み止めも効果無しの、
吐きたいくらいの腰痛と毎日戦っていたというのに。

自分が「我慢できないくらいの痛い経験のないヒト」って、
けっこう残酷。
そういえば、
元夫ちゃんも、痛みがわからないタイプのヒトだったなー。
病気になってもケロッとしててねぇ(´へ`)=3

チキショー。


お腹痛くてロキソニンもらうんじゃなくて、
腰が痛くてロキソニンもらってましたよ。





1/14



看護師のオニーサン、
娘ちゃんと間違えすみませんでした(^▽^;)
たぶん、
押してもらっておいて「そこ違う~」とか文句言ったと思う。



さて。

歩け歩け運動。


癒着を防ぐとか言われたけけど。

怖いね、癒着。
またお腹切るのはヤだからガンバりましたよ。

点滴台にしがみつけば、結構歩ける。

立ち上がるとか座るとかいう動作は地獄。

歩き出せば、
腰痛が楽で、腹痛がクル。

横になれば、
腹痛が楽で、腰痛がクル。

どうしたらいい?




さて、気持ち悪いの筆頭がトイレ。

オンナを捨てて覚え書きです。


娘ちゃんが、
「見た目も手触りも調理前のフォアグラだった!!!!!」
と、
お手々をわきわきさせながら説明してくれた子宮。

まぁ………高級食材だから………いいか?………ビミョー。


通常、
子宮は、鶏卵Sサイズと説明されました。

よしほさんの子宮はソフトボールサイズ。

そんなものをお腹からポイッとしたワケですから、
内臓スペース、
「空き室あります」状態。

膀胱に尿がたまっている時は気にならないのですが、
トイレに行くと、
内臓が、
うぞぉぉぉぉぉぉぉっと下がる感覚に襲われるんですね。

気持ち悪い、とにかく気持ち悪い。

この感覚は、術後11日経った今もあったりします。


1/14


術後、

うっかりしちまった咳が1回。
くしゃみ0回。
鼻はかまずに拭くだけを繰り返しています。

クシャミ後?

2度としねぇと思ったくらい後悔しました。

声も出せずに悶えるくらい痛かった。
中身飛び出ちゃうかと思うくらい痛かった。



あんこ ぽち
あんこならこう騒ぐだろうなぁ…は、
気を紛らわすのに効果的だった。



ベッドの中での、
らすくの寝起き直前の甘えたさんをお絵描きしたい!!!!!!
という欲求にさいなまれています。

やらしいんだよ、すっごいヤラシーの。

なんだよこの彼女は????
(オトコノコだけど)
と、
やられているコチラが恥ずかしくなるくらい可愛いの。


写真とか、動画撮れたらいいんだけど、
ちょっと難しいし、
毎回やってくれるとも限らないしなぁ。

ことこういうコトに関しては、

可愛いるふな君も惨敗。



うん、
らすくときたら、
これが「彼女」だったらどうしよう………の可愛さなんですよ。

ヤラレタ日には、朝から思わず赤面です。


………オトコノコだけど。

………目がちみこくで残念なタイプだけど。



















































 








1/13のコト………子宮筋腫摘出手術

2017-01-24 (Tue) 00:18[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

仕事にいけないうちに、

入院中に、
スケッチブックに書いといたお絵描きをアップしちゃいたい。

暇だったのもあるし、
その時にどうだったかの覚え書きだね。

一番忘れたくないのは、
「その瞬間の痛さと気持ち」かな。

誰かの参考になるようなものではないですしねー。






手術当日。

朝からカンチョーして、お腹の中を空っぽにします。
その後、
点滴して、
内臓の動きを止める筋肉注射をして、
お着替えしてスタンバイして、手術にGO!!!!!

1/13
本当にスコンって抜けた感じ。

人によっていろいろなんだろうけれど、浣腸さん、初体験。


1/13

特になんてことない時の点滴のひんやり感は好きじゃない。

腕は冷たくなるし、体も冷える。

具合悪い時は、神様ぁぁぁぁぁって思うくらいのお助けアイテムなのに。

手術のお着替え。
「あ、点滴前に着替えておけばよかった、ごめんなさい」
ああ、そうかー。
点滴さんと点滴管さん、袖から通さなきゃ着替えできないもんね。
まぁ、気にないないけどね。


1/13

それよりなにより、デカいんだけど。

娘ちゃんがケラケラ笑うくらいはだけちゃって、
たびたびセクシー状態で大変。

1/13

お腹空いた………より、コーヒー。

カフェオレ飲みたい、カフェオレ。

「ーーーさーん、緊急の手術が入っちゃってね」
ああ、さっきの救急車かな?
「一時間くらい待ってもらうことになっちゃうの」
気にならなーい。
だって、よしほさんの手術、緊急性ないもの。
でも、カフェオレ飲みたい。

さて、
手術の付き添いをしなきゃならない娘ちゃん到着。
昼ご飯を食べ損ねたというので、
待つみたいだから下の売店で何か買ってくる?
と、送り出しました。

少ししたら、
「お待たせー」
と。

おおう、娘ちゃんまだ戻ってきません。
「戻ったら声かけてください。どんなのか?んー、見ればわかると思う」
便利な、
「よく似た親子だね」機能。

で、
手術開始。
1/13

なにこれ、なにこれ????

こんな視界になるもの????

ヒトだよね、ヒトの声するもん。
なんだかバケモノがいっぱいユラユラしてる。
原色のシマシマオバケ。
ミミズのような形に、錦鯉ペイント。
二重、三重に重なってユラユラ。

とりあえず、状況を訴える。
術後って、こんなに苦しいものなの?

力入らないけど、訴えないことには。
ヤなコト黙って受け入れられません。
カスカスで絞りだす言葉に、お返事が返ってきます。

訴え以外声出したくないから、
とりあえず了解の意味て親指立ててお返事のご無礼。

移動の振動すらツライ。

手術代から移動用のベッドの移し替えが地獄。
カウントされて、
ああ、コレは動かされると思った瞬間に振動。
決して大きな振動じゃないけど、激痛。
麻酔覚める前に動かしてくれたらいいのに(T皿T)

エレベーター乗った、廊下移動してる、
小さな振動が痛い。
ちゃんと見えないのに、照明がチカチカする。

体のアチコチに色んなものを取り付けられる。
ピッピッて音。
ああ、血圧とかの機械か((+_+))

頭の中はまだ点滅状態。
指をクリップで挟まれるのですら痛い………ナニコレ。

私のひとつ前に手術だったオジーチャン。
入れ違いに出て行ったけど、なんともない顔して静かにしてたのに。
オジーチャンはなんの手術したんだろ、イタイ、腰痛くて息がすえない。

1/13


覚えのある腰の押し方。

手をチョィと動かして見せると、スッと痛いところに移動してくれる。
娘ちゃんがいて良かった。





まぁに ぽちっと


1/24

座っていることが可能とわかってきました。
ここから立ち上がったりすると痛いけどね。

床に置いたものを取るのは大変。

掃除機掛けで体を前後に動かすことはできるけど、
しばらくすると痛みが襲ってきます。
ああ、体感動いちゃうからかしら。

屈んでの猫トイレ掃除はできません。

ベランダに出るとか、温度変化は素直に傷に響きます。




寝る時、
まだ仰向けにはなれません。

足を延ばすと、
そっくり帰っているような感覚のツッパリ感があるんです。
痛いというより、気持ち悪い。


でも、
腰も痛いから、短時間で寝返りは打ちたい。
朝起きた時、
仰向けで立膝で寝ている自分に気づいたとき思ったのは、
「寝てても違和感あるってことかー」でした。


そうそう。

いまだに娘ちゃんはよしほさんのベッドにいるのですが、
(ベッドでかいからいいんだけどね)
最初、
娘ちゃんの方を向いて寝ていたら、枕の上の手に違和感が。

寝返りを打った娘ちゃんが、
よしほさんの手のひらに顔を乗せたうえ、
ぐーりぐーりと擦り付けをしてました。

………猫か?

直後、
「うー」とか「むー」とか言い出したので、
とりあえず、
頭を撫でたら「ぷふー」と息を吐いて脱力。

よしほさん入院中は、
一人暮らしみたいで気楽と言っていましたが、
退院してからこっち、
毎夜、夜中に娘ちゃんが唸り声をあげて、撫でろ要求してきます。
成人しているとはいえ、
そこそこ緊張感はあったんだろうなぁ。

………めっちゃ可愛い。


同衾にゃんこ~ず×5は、さらにひどい状況です。
「もうオシマイ」って言うまで、
ベッドの中で甘えたさん状態。
5匹同時に撫でコする手は持っていませんよ(´へ`)=3

………ちょー可愛い。



























1/12のコト………子宮筋腫摘出手術

2017-01-23 (Mon) 01:16[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
入院初日の話。


1/12
1/12
1/12
1/12

お昼ご飯食べて。

夜ご飯食べて。

後は「出す」「出す」「とにかく出す」

………食べないとか………量を減らすとかの方が、楽だったんじゃない?

ってくらい「出す」でした。


下剤って、
バリウム飲んだ時にしか使ったことないのですが、
その時の薬と違って、
お腹が全く痛くないのが新鮮でした。

ゴロゴロゴロじゃなくて、
あんこのゴロゴロくらいの大きさで、
どっちかというとチリチリチリー。

ただし、お腹はやたらと「くるくるきゅー」言ってて、
にぎやかでした。










まぁに ぽちっと


退院当日、

「ただいまー」言った瞬間、
にゃんこ~ずが脱兎する様を描いていましたが、
みんな、ソファーの上で寛いでいました。

座ったとき、
病院の匂いでもしたのでしょうか、くんくんされましたが、
その後は歓待モード。

次から次へとご挨拶+キスの嵐。

ふかふかでもふもふでぽかぽかで幸せだけど、
この体にはガッツリ過ぎる重量感!!!!

お腹踏まないでくださいを連呼しつつ、
たっぷり愛情を補充させていただきました。




るふな君の臭さの懐かしさと言ったらもー!!!!!!









無事退院しました。

2017-01-20 (Fri) 23:47[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
ああ………長くて短い入院生活。

朝の診察で、
「退院ですが、今日する? 明日にする?」
とサラリ~と言われました。

………軽いな、センセ。

「今日で」とお返事すれば、
「お昼ご飯食べてく? もうすぐ帰る?」

………軽いな、センセ。

というワケで、
娘ちゃんもシャチョーもいる午前中に退院することにしました。
といっても、
ほぼ昼だけどね、結局。

まーしかし。

よりによって、
こんな気温の日に退院とかって((+_+))
雪マークついちゃってたんですよ、コチラ地方!!!!!

痛いのよ、ちょっと冷えただけで痛いのよ。


空調管理されている病院ではどうということもなかったのですが、
家では、トイレが最悪です。

おパンツ脱いだら、速攻で痛みに襲い掛かられるのです。

冷えないように腹帯しているというのに!!!!!

ひんやりしただけで、ズッキーン!!と瞬間の激痛が走ります。



ちなみに、
今痛いのは三か所。

左腕の、点滴をいれていた部分。
袖が当たるだけで激痛です。
ポコポコーっと変形しています。


お腹、これはもう当たり前として。


背中、腹筋を使わずに生活しているため、
全ての姿勢維持は背中で行っています。
バリバリに張ってしまっていますが、
うつぶせで娘ちゃんに揉んでもらうこともできない状況です。
座って揉んでもらうとどうなるか?
お腹に力入っちゃうワケですよー((+_+))


手術してすぐに動けちゃえるのもすごいけど、
痛いのもけしてくれたらいいのにねぇ。







朝御飯~

2017-01-20 (Fri) 08:03[ 編集 ]

今朝はパン食。
ああ…嬉しい。

コチラ地方、今日は雪の予報です。
起きた時は青空見えましたが、今は真っ白。
降るのかなぁ?


昨日、
シャワーに受かれていたら、
お薬2回分忘れてました…てへ。




携帯の待受画面

2017-01-19 (Thu) 22:30[ 編集 ]

ガラケーさんの待受画面は、
「にゃんこ~ずのアップが次々に出てくる」
ようにしてあるんだけど、
しらたまのこの顔が出てきた時は、
「しらたま君」
と思わずに、
「ハンフリー・ボガード」
だと思ってます。

ああ…退屈だわ。

早く退院したい。



夜ご飯

2017-01-19 (Thu) 18:48[ 編集 ]

選択メニューでっす。
娘ちゃんが「食べたい」と呟いていたエビフライ。
細身だけど、
衣が薄くて身がしっかりしてます(^-^)
ソースいらない。
美味しい。


シャワー入ってきました。
最初はね、シミたらヤだなーが大きかったんですよ。

でもそれより、

立ち姿勢でヌードみたら、
おへその下から、傷口までの部分がモフッと妙な形に!

めっちゃ怖い!

明日の診察で聞かねばぁぁぁぁ( ̄□ ̄;)



お昼ご飯です。

2017-01-19 (Thu) 12:52[ 編集 ]

今日は選択メニュー。

シャワーの準備をし終えましたが、
14時からスタートなので、まだ入っていません。

お腹、腹帯取る許可はもらいましたが、
冷えるとひどく痛むので巻き直しました。

明日は雪なんですってね。
ベッドは窓際なので雪見できそうです。


娘ちゃんに思い切り甘やかしてもらいたいのに、
ツレナクテ寂しいです。
痛い苦しいが治まると、
病人って暇です。


我が病室は今日満員御礼になりましたが、
そこそこ若い人ばかりのせいか、
お付き合い無しです。

一番古い人は、
カーテン出た瞬間にぱったり会っても
ふいっと知らん顔な方(^_^;)
廊下で挨拶されても会釈も無し…自分じゃないと思うのかなあ。

別室のオカーサン達はフレンドリーですが、
我が部屋は誰も挨拶してこないそうですよ。



朝ごはん

2017-01-19 (Thu) 08:11[ 編集 ]


朝ごはんです。


昨日は一回目を覚ましましたが、
さほど時間をかけずに眠ることができました。
最長睡眠だったなー。
同じ姿勢で寝ていたようで、左側がジンジンしてました。



トイレに行く途中で担当先生が階段を降りてきまして。
「先生もう痒いッ!」
と訴えました。
ようやく、シャワー浴びれそう(TvT)
ようやく…娘ちゃんから、るふな君扱いを解除してもらえそう。


お腹の痛みは、
背筋伸ばす時に引っ掛かる感じ。

昨日から痛み止も使っていません。



そうそう、
ふりかけのタラコさんの笑顔…ものすごい好みでツボですvvv





夕御飯です

2017-01-18 (Wed) 18:32[ 編集 ]

時間の区切り、
食事でしかないんだよなー(^_^)


暇です。

病院での処置が朝の診察だけですので、
尚のこと、暇です。

かーえーりーたーいー。

まぁ…経過観察時間なんでしょうけど。


にゃんこ~ず不足による禁断症状発症ですよ。




娘ちゃんの差し入れ

2017-01-18 (Wed) 17:22[ 編集 ]

揚げ煎餅(手作り)
パウンドケーキ(手作り)
カットミカン(えーと…手…切り?)

お絵描き用のペンと、
消しくずがまとまる消しゴム



今日は売店を覗いてみたいと思っていまして。

病室は3F。
娘ちゃん来たから、
1Fの売店まで付き合ってもらったら、
運悪く10分前に閉店。
市立病院は健全ですな(;_;)


帰りのエレベーターの前で待っていると、
なぜか、
「生まれたての小鹿」
なんて突然言いながら、
足を曲げた瞬間に膝がバキリ♪
20代でそれかよっと思わず咄嗟にツッコンでしまい、
二人してケタケタ。
痛い!
お腹が痛い!
二人でいる時は沸点が低いので、
娘ちゃんが来ると、
なかなかツラいモノがあります(TдT)


友達からのメールも、
「お見舞行って笑わせて叱られたいわぁ」
なんて書いてあって…。
なんで私の周辺…変なのばかり(ノ_<。)
後で覚えとけって感じですよ。


ああ…お腹イタイ。


お昼ご飯。

2017-01-18 (Wed) 13:51[ 編集 ]

ピーマンどーん(T_T)


病院にはオカーサンが大勢入院しています。
たぶん、
この3Fでは、私は下から2番目に若いでしょうね。
一番年下だろう彼女は、
1日中寝ていますし、会話もしません。
考えてみたら妊娠中ってひたすら眠かったものねぇ。


そんなこんなで、
廊下での立ち話が増えてきました。
9割のオカーサンは骨折。
1割は目の手術。
回復に廊下ウロウロすれば、
あっという間に捕まります。

90才越えているのに普通に歩いている人もいれば、
60才で痴呆の人も。
みんな退屈だから、
毎日同じような会話になっても、
なかなか楽しいです。

思わぬご近所発見とかね。



朝御飯

2017-01-18 (Wed) 10:36[ 編集 ]

パンだー(*^▽^*)
と、
久しぶりの朝ごパンに歓喜しています。
これで娘ちゃんのコーヒーがあったら完璧なのですが。
毎食、なかなか美味しいのって良いコトです。
楽しみの無い生活ですからねぇ。


昨日からお向かいさんが入院しました。
痛み止が効かない五十肩らしく、一晩中痛いと呟いていました。
眠れないほどとは…お気の毒です。


良い報せももらいました。
今朝の診察で、
1.お腹の傷はテープが貼ってあり、
直接見えないコト
2.テープは、
自然に剥がれるまで放置するコト。
3.抜糸はないコト。
4.1ヶ月したら、
気を付けながらなら踊りに戻っていいコト。
を教えてもらいました。
今日の担当の先生、
ものすごーく丁寧でした。


あ、
娘ちゃんが、摘出した子宮を見て触って、
フォアグラと言いましたが、
写真で見せてもらったら
鳥ハムでしたね。
しかも何重にも重ねて巻いた感じ。
「普通は半分以下の厚みなんですよ」
と説明もらいました。

内臓って、本当に肉ですねえ。



夕御飯ですよ。

2017-01-17 (Tue) 18:57[ 編集 ]


よしほさんのガラケーさんでは、
投稿できても、
ブログの確認ができないのが難点です。
いや、
見られるんだけど、
時間かかるし、
画面は小さいし、
スクロール嫌だしで見ないからねぇ。

娘ちゃんが洗濯済の諸々の荷物を持ってきてくれました。

危なかったのが、
二人で話していると、
いつの間にか笑い出してしまうこと。
痛いの…すんごく。
力無く息をだすしかないんだけど、
なかなか止められない。
しかも娘ちゃんの制止のしかたが、
ニヤニヤしながら
「…ジワるな…ジワるな」
で、
もうこれは、
笑わせようとしてるんじゃないかと(`ε´)

るふな君と肩を並べられそうな
「体臭(不名誉)」をおみまいしましょうかと対抗しました。
お風呂入りたいけど、
入るのも怖い。
まだシャワーの許可はでません。

ああ、娘ちゃんのせいでお腹痛かった。



今日のご飯は青椒肉絲。
敵はピーマンさんです!
やりますよ、いつも通り!




お昼ご飯

2017-01-17 (Tue) 12:26[ 編集 ]

普通ご飯になりました。かぼちゃ甘ーい。
お魚ぅんまーです。


今朝、
意を決しつつ咳をしたのですが、
以降、
お腹ヒリヒリです。



朝の診察で、
「お腹の中は溶ける糸で縫ってあるからね」
と言われ、
ふんふん聞いていたら、
「ぶっとい糸だから溶けるの時間かかるんだよね」
と。
「溶けるまではツッパルからねー」
と!!!!

…溶けるの…いつですか?




にっこり

2017-01-17 (Tue) 11:42[ 編集 ]

このマンション、
笑顔にしか見えなくて。

ワンコっぽい。

朝御飯

2017-01-17 (Tue) 08:14[ 編集 ]

量が多くて大変なの(^_^;)
お粥とはいえ、どんぶり一杯なんだもん。
お茶碗でいいんだけどなぁ。



今日は、
明け方からご機嫌斜めのおじいちゃまが元気一杯。
「はやくきてよぉ」
を繰り返しています。
いつも、
「××ちゃんいるかなぁ」って言いながら、
ニコニコしてる人なんだけどなぁ。
あ、
看護師さん来たら途端に嬉しそうな声になった。
来てくれないって怒ることはないんだね。



昨晩は二時間+二時間睡眠。
少し長く眠れました。
妙な夢も無し。
何で目が覚めるかって、
リフトが動くようなモーター音で
起きちゃうんですよねー。
あの音はなんだろう。


今朝はなんと、
「手を後ろで組んで歩け」ました!
お腹痛くての前のめり姿勢から、
少しヒトっぽく戻れましたよ。
もうねぇ、
姿勢悪くて体痛いのなんのって堪らなかったのよねぇ。


でも看護師さんに、
「出た?」
ってせっつかれてます。
三食とってるとはいえ、量も少ないからなあ。

…こんな時こそまぁにさんの出番なんだけどなー。
P大先輩~!!




夕御飯

2017-01-16 (Mon) 18:38[ 編集 ]

Nさんから抜糸の痛さを覚悟しておけの、
ありがたいメールをいただいてしまいました。

…チキショー。

いざというときは騒いでやるぜぇ(`ε´)

やっと、

2017-01-16 (Mon) 18:03[ 編集 ]

点滴終了!

昼御飯

2017-01-16 (Mon) 16:55[ 編集 ]

お腹になんだか固いものが入ってる感じ。

ちりちりひりひりするのは、
傷がくっついてきてるからなのかしら?

溶けない糸だったら、
抜糸があるわね…キョーフだわー。

病室っぽい風景

2017-01-16 (Mon) 09:46[ 編集 ]

朝の診察が終わると、
しばらく気持ち悪いです。

傷口の消毒もヤだけど、
テープはがすのがもっとヤだ。

でもって点滴入れだすと、とにかく寒い。
体温下がるし、トイレ近いし(>_<)

爪先冷たくなってツラいわぁ。

朝御飯

2017-01-16 (Mon) 08:23[ 編集 ]

ご飯が五分粥になりました。

今朝は苦手おかず。

高野豆腐さんの脅威は、
周辺にまで味を移すとこ。
どうしても飲み込めないのです。

キャベツはなんだろう…煮浸しかな?

そろそろパン食が恋しいです。


昨晩は担当先生が就寝前に顔だしてくれました。
「一週間は痛いから遠慮しないで痛み止つかってね」
そう言われて、
そうかコレは痛み止つかっていい痛さなのかと。
我慢できないから使うモノという基準なので、
何回同じこと聞いても、
なかなかくださいって言えません。


ああー、るふな君が恋しいです!!

眠れないのがツラいわぁ

2017-01-16 (Mon) 06:45[ 編集 ]

ベッドが違うからか、
いろんな音がするせいか、
お腹が痛いからか、
にゃんこ~ずがいないせいか、
とにかく細切れ睡眠なんです。

安定剤もらっても二時間が限界。

熟睡からぱかりと目が覚めては、
時計を確認。
しばらくもぞもぞして、
また眠る。

ベッドの上にいるだけですから、
昼間寝てればいいんだけど、
昼夜逆転は簡単になっちゃっても、
戻すのは大変だから、
したくないのよねぇ。