2018年07月のエントリー 

こうもあついと。

2018-07-01 (Sun) 15:08[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
毛刈りをしたい。

いわゆる「長毛種」はいなくなったけれど、
「中毛種」は現存中。

「短毛種」に比べたら、見ているだけで、暑苦しい。

らたん

もっとも。

エアコンオンのお部屋の中にいつつ、
お口ばかーではぁはぁしていたまぁにさんと比べれば、
らたんあらめも「なんともないでしゅよ」のお顔。

らたんは、室温26℃~27℃の中にいてすよすよ寝ているし、
あらめなんか、猫ベランダに出て外風だけで寝てる。
24℃にしてようやくすよすよできたまぁにさんとはえらい違いだ。

猫にだって、個別の体感適温温度がある。
我が家では「ちょうどいいから-1、2度」を考える。
「暑くて蒸す」より「ちみと肌寒い」くらいが自力調節できるからね。


そうそう。

我が家には、隣接する窓には「シャッター」がある。
防火の意味で、どうしてもつけなければならないものなんだけど、
シャッターが夜に使われることは皆無。

防犯とか、お部屋を真っ暗にして寝るとかしないから。
常夜灯も使わないけど、
基本的に遮光もないカーテン一枚で寝る。

シャッターが活躍するのは、
台風の時と、
暑い季節の日中。

暑い季節、娘ちゃんが仕事に出る時に、
半分だけ閉めてエアコンをオンにして出かける。
で、
よしほさんが帰宅したら、シャッターを全開にしている。

エアコンの効きが良いからという意味なんだけど、
全部閉めないのは、
にゃんこ~ずの日光浴の意味もあるんだよね。


涼しい室内で、
にゃんこ~ずは窓に集まって並んで寝ているからねぇ。

これがエアコン無しだと、
全員、日差しが無い場所に移動するんだから、
なんとも贅沢に生きてるよね。


ママとおかーちゃんは、
君たちのご飯代を稼ぐために、毎日、暑い中に出ていくんだけどね。


ちなみに、
外気がいいのーってコの為に、
猫ベランダが24時間オープンなのは365日変わりなし。
本当はお庭の木陰に伸びれたらいいんだろうけど、
それは無理だから、
それぞれが、
一番気持ち良い場所でごろんごろんできるように、
アレコレ用意はしといてあげるさー。





こると ぽち 

さて、
これからの季節はわたしもツラい。

「着込めば、カイロつかえば、外でも快適」な冬に比べ、
「脱ぎ切っても暑い、外気温に快適は持っていけない」夏はどうにもならない。
とにかく暑いの苦手なのが大きいけど、
高温多湿になると、呼吸困難が出る。
潜水して水面に浮かび上がって「ぶはぁっ」って呼吸するような息苦しさ。

せめて、
気持ちを尖らせないように過ごしていこう。