FC2ブログ

2021年04月のエントリー 

なかよししまい。

2021-04-16 (Fri) 19:44[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん


パソコンさんがご機嫌悪かった時の写真をどんどんアップ。





さび姉妹は、15才になっても仲良し。

同じ15歳のれもんも仲良いけれど、
2匹の関係性の深さにはかなわない。

DSCN5729.jpg

ぴっとり。

DSCN5743.jpg










ぴっとり。

なんてそんな狭い筒に乗ってるんだ?

さび姉妹 ぽちっと












らすくてんかん→ あさからちゅうほっさ。

2021-04-16 (Fri) 10:20[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

23:30
頭が揺れる発作が頻発。
あまり辛そうなので、様子をみつつ経口薬を考えました。

まず飲み込めるのかどうかを確認せねばね。
誤嚥されても、嘔吐されても困ります。
姿勢を整えて、
時間をかけてスポイトで、一滴ずつ口に水を垂らします。
口が固まってしまっていたら諦めるしかない。
一滴垂らして、口を動かさなかったら、ティッシュで押さえてぬぐう。
どうやら、
水の刺激は少ないようで、
前回のようにガボッと吐いてしまうこともなく。
三滴目で舌が動きました。
むぐむぐと動かしたので、少し待って四滴目。
これはあっさり飲み込みました。
気短かだけど、忍耐との戦い((+_+))
お水が無いけど、お口を動かすのを待ってお薬ポイ。
もごもごしていた延長で、あっさり飲み込みました。
効果は遅い薬と聞いているけれど、
イーケプラよりは小さいし、飲み込みやすいでしょう。
なんならば、
イーケプラもさらに小さくしてしまえばいいかしらね。
「体重に対しての効果ある量」が規定だけど、
もうそう言っていられないことだし。


0:20
小~中発作。
2分ほど、ガタガタバタバタではなく、パタパタレペル。
ここから、
全力疾走並みに体を動かすかどうかで警戒レベルがかわるんだけど、
後ろ足が顔まで跳ねたのと、前足をかく動作で終了。
「ふー…ふー…」という呼吸音あり。
ぜい音無し。
チッコも出なかったので姿勢を直して消灯。

01:15
小発作。1分
頭がゆらゆら。
前足を持っていた手で頭に触れると、寄り添ってくる。
寄り添ってくれば揺れが物理的に止まるんだけど、
お触り拒否の時もあって、確率は50%
意識があるのかどうかわからないけど、
「目を開けてこっちの姿を追う」ような状況の時はお付き合い。
15分ほどで瞬膜がでて半目になったので、
「寝付いた」と判断。

03:05

小発作。1分
頭ゆらゆら。
今回も手に寄り添う。
フェノバール効果か「薄くても意識がある発作」な感じ。
5分ほどで「寝付く」


06:15
つないだ手にもぞもぞ振動。
発作か?と思えば、なんとかして寝返りをしようとしている。
体温維持にホカペを付けて、
低温火傷しないように何枚も敷物をしているので「暑い!!」にはならないけど、
体の下はどうしてもホカホカになってしまう。
床擦れ防止に何度も寝返りをさせているけど、
今回は「暑い」ようで、
酸素吹き出し口から外れても、足元に丸まりたいらしい。
呼吸が安定しているので希望通りに動きのお手伝い。
それでもまぁ体が楽なのか、下手くそなアンモにゃイトに。
「ふーーーっ」と満足気な吐息をして尻尾の先をピコピコ。
酸素から離れてしまうので、
ムコフィリン入りの加湿器をオン。

あと少しで起床時間だし、
「酸素無い苦しい」になってもすぐ対処できるから、
「ま、いいか」で15分睡眠。
目覚ましが憎たらしかったので、止めて5分睡眠加算。

丸まったままで寝ている。

07:25
呼吸が微弱になってきたので、
チッコシート交換ついでに、丸まりから姿勢を変えてもらう。

脱水で、いわゆる「痰」の粘り気が強くなっているので、
上半身はすこし高くしてる。

DSCN5832.jpg

反応ほぼ無しかと思いきや、
前足をガード
(茶色部分ね)に「よよよ」と乗せた。

起きてきたひじきもだいぶ弱弱しいので、酸素室に誘導。

DSCN5833.jpg

らすくの足元で丸まった。
弱々ヨボヨボしているけれど「具合が悪い」症状がこれといって無い。
吐くけれど、ウンチョさんは良いモノをしているし、チッコも普通。
食べても太らないので甲状腺か?とも思ったり。
とはいえ、
れもんも、らすくも同様の状況で、
腎臓、肝臓、甲状腺ともに異常が無かったりするからどうなんだ?
どちらにせよ、
にとって非日常は全て恐怖の対象。
「通院も投薬も苦痛だからやめましょう」なので、
最期まで見守るしかできない。
ある意味、本当に動物らしい存在。
自分で食事を取れなくなったら時間の問題でしょう。

私が子供の時は、
動物病院も近所に無くて、こんなだったよなぁ……とか。
ひじきを見ていると
「弱ったり年取ったりした動物は普通死ぬものだ」と、
話しをしていたおばあちゃんを思い出す。
千代ちゃんの声は思い出せないけれど、
手縫いの座布団の上で背中を丸くして猫を撫でていた姿とか、
生き物に関わっていたシーンは走馬灯みたいに思い出す。

当時のコ達に、
「なんちゃって酸素室」なんて、
少しでも楽になれる場所とかなかったけれどね。
お体ポイは、普通に生活の場所で苦しみながら死んでいったよね。

一番覚えているのは、
縁側で双れで座っていて、
彼女のスタンダードプードルが猫達と庭を走り回って、
垣根の中に入って行ってから、
「キャン」の悲鳴とともにいなくなった瞬間。
「見てきて」と同時に庭の奥に走ったけど、影も形もない。
盗まれたんだと思うけど、
当時は探す方法もなかったね。



09:01-09:02
中発作。
バタバタ開始。
なんちゃって酸素室の、
フィルムの土台に使っているプラケースを叩くので、
その音に、ニャズがびびってすっ飛び。
1分で終了。
変な位置にずれてしまった体を戻すと、
「ふー…ふー…」の呼吸。

5分もすると意識が戻ったのか、
「もぉ!!らすくになんかしたでしょ」の視線。
「ままのせいじゃないでしょー」と指を差し出すと、

DSCN5834.jpg

「きゅむ」っと。
指先を丸めたままトロトロと睡眠
(という名の昏睡)


9:30
もぞもぞしているので寝返りか姿勢変更か?とフィルムをめくると、
「違う」と。
チッコしていたのでシーツ交換、オケツ拭き。
敏感すぎて、これが毎回大変。
力入って新しいチッコ出ちゃうわ、足バタバタしちゃうわで。
乳飲み子の下の世話を彷彿。

オケツのお世話は必須だけど、毎回毎回不本意の顔。


寝ちゃいなと手を撫でようとすれば、

DSCN5835.jpg

両手で「きゅむ」

一昨日は、この反応もなくなった時間あったんだけどな。
一進一退。


らすく ぽち


何回でも言うよ。

「もういいやーって思ったら、好きにお体ポイしていいからね」



らすくてんかん→つういんで、

2021-04-15 (Thu) 23:24[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

今日明日と、担当の先生がお休み。
それでも、この状態では補液しないわけにはいかず、
通院してきました。

カルテに書いてあるとはいえ、会話は必要。
先生によって対処が全く変わるなという印象でした。

担当医師には、我が家の状況を伝えてあり、
それに合わせた治療を薦めてくれます。

今日の先生の先生が進めてくれたのは、
1.発作時に鼻にいれる粉状の薬
2.発作時に使う座薬
3.脳圧を下げる点滴(一時間預かり)
でした。

1と2は、すでに担当医と会話済み。
2に関しては、発作中に入れても「力んで出ちゃう」よね。
3は期待しましたが、継続性は無いということでパス。

いまのらすくに欲しいのは、
少しでも持続性の長い効果なのです。

というわけで、補液のみ。

ムコフィリンは2セットもらってきました。

連日の通院だと、さすがにお財布に響きます。
明日から、A病院での補液に切り替えようかとも思っています。




DSCN5830.jpg

通院でぐったりです。

DSCN5831.jpg

寝顔は穏やか。

このままで過ごせると良いのですが。


らすく ぽち




はんにんは、ひじき。

2021-04-15 (Thu) 19:28[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

パソコンさんがご機嫌悪かった時の写真をどんどんアップ。









我が家の「宙に浮かざるを得ないストーブ」

「浮かざるを得ない」状況を作った犯猫が、
堂々とストーブの下で寝ていますよ。

DSCN5698 (2)

言っておくけど、
「そのストーブのサビの原因は、君のションだからね!!!!」

ぶどう ぽちっと

ひじきあらめのションも問題児だけど、
あずきの布ションも問題(´へ`)=3











らすくてんかん→ちゅうほっさ。

2021-04-15 (Thu) 15:06[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

14:00
呼吸穏やかに寝ています。

DSCN5823.jpg



みんとがカーテン部分に頭をつっこんでいますね。
彼女の体重は危険なので、入らないようにしておかないと。

今日は16:30に通院です。

















いつぶりかの中発作です。

14:34
コトコトの音から続けての全身発作。
寝ていたニャずが驚いて飛びのきました。

発作は2分。

バタバタしたあとのけぞりました。
呼吸はどうだ?
ふっふっという短い呼吸を繰り返します。
少し落ち着いたところで、姿勢を戻します。
次の発作があるかもしれない。
警戒心ピリピリです。

けれど、

DSCN5828.jpg



持ち直しました。
反応もきちんとあります。

ホント心臓強いな。







それはそれで苦しいのが長引いて困っちゃうね、らすく

らすく ぽち





あんまり苦しんでほしくないんだけどな。







15:00

しゃっきりしてます。

DSCN5829.jpg

















らすくてんかん→頭が小刻みにふるえてます。

2021-04-15 (Thu) 14:54[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

なんちゃって酸素室から出すことは躊躇われたので、
昨晩はリビングにベッドマットを運び、隣で寝ることに。

娘ちゃんも「付き合う」と一緒に寝ましたが、
「いつもと違う」ので寝付けないとジリジリしていました。

23:30
就寝時、らすくは横たわった状態で、呼吸も落ち着いたものでした。
マットから左手を伸ばし、らすくの手に触ると「きゅむ」と握り返しが。
酸素吸入器が近いのでそのお度で気づけないよね。
と、
発作時の振動に気づくためのお手々なんだけど、
毎回「きゅむ」の反射があるのもちょっと嬉しいのです。

24:15~45
握った手に振動。
常夜灯をつけると、灯りに気づいたのかむくりと頭を起こしました。
そのままブルブルと震えだす頭。
「寒い時の振動」に似ています。
でも、揺れているのは頭だけなので発作。
もう経口薬が飲めませんから、体をさすりながらだけです。
さほど苦しそうではないものの、意識レベルは低いかな。
横になったり体を起こしたりとしていましたが、
30分を越えるとため息ついて眠りだしました。

01:20
ぜい音。
加湿器でムコフィリンを使います。
ガーッと蒸かしてから最小で。
5分もするとぜい音も収まり、呼吸が静かになりました。

02:30
再び振動。
1分もせずに終わりましたが、自力でスフィンクスの姿勢。
ふらついては、維持しを繰り返すので、
横になりたくないのだろうとお付き合い。

03:50
再び振動、
1分で止まっては、5分休憩
3回ほど繰り返す。

05:00
再び振動。
止まってからの呼吸が苦しそう。
ぜい音は無し。
さすがに厳しいか?と、娘ちゃんを起こすかどうか迷っているうちに、
鼻を上に向けて入眠。
手の握り返しはなく脱力。
朝までもつか?


06:30
熟睡。

DSCN5820.jpg

ゲージから出たひじきが、
さっさとなんちゃって酸素室に潜り込みました。

DSCN5822.jpg





ちゃっかりしているというか、賢いというか。
「ここに入ると楽」を覚えたのでしょう。
らすくをつぶさないなら問題無し。

DSCN5821.jpg

背後でニャずも熟睡です。

らすく ぽち


















ぼん、ぼん、ぼん。

2021-04-14 (Wed) 19:19[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
パソコンさんがご機嫌悪かった時の写真をどんどんアップ。





ベンチに乗っている枕。

クッションではなく、枕。

四角くて平らだからか、人気です。

DSCN5693.jpg

隣にも、ドーナツクッションがあるんだけどな((+_+))

相も変わらず、みんと大人気なのですが。

DSCN5695.jpg



DSCN5696.jpg



そのうち、輪切りゆで卵になりそうです。



れもん ぽちっと

らすくてんかん→つういんきたく。

2021-04-14 (Wed) 14:56[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

通院でぐったりならすく

キャリーバッグの中で微動だにしません。
呼吸はかわらず。

急な対応用なムコフィリンをすぐ用意できるようにセット。
ムコフィリン一本+精製水2本。

ちょっと考えて、
ちみこい加湿器をつかうことにしました。
お鼻とお口の乾燥がとにかく気になってしかたなかったのです。
固まった鼻クチョ取ろうとして血だらけだしね。
お口も乾燥して舌がかぴかぴです。
また、
ネブライザーだと、
ほんの5分ばかりでお薬吸入が終わってしまいます。
加湿器なら、
ジリジリダラダラ吸っていられるのでは?
現状のらすくの場合、
急性な効果をえられたとしても、
一時しのぎにしかならないだろうしな。

そんな理由で「勝手な事」を決行です。

さすがに微弱呼吸になりつつあるので、
なんちゃって酸素室を。
病院で「この程度でつくってます」と、
写真を見せて説明したらOKもらえています。

DSCN5815.jpg

みんとが覗きに来ました。
加湿器が気になるようです。

酸素チューブを頭側のプラスチックケースにマスキングで固定、
キャリーの横に真新しいちみっこい加湿器をセット。
ビニールの中に頭が入るようにします。

お水以外使わないでね?だけど気にしない。壊れたらその時です。
まずは加湿器から最大出力でボワーッと湿気を出して吸わせます。
お鼻がしっとりしたところで最小出力に。
うわー、これすごくいいかも。
治療的にはどうなんだ?ですけど、やっている側からするとよい感じ。

お薬が終わったら「普通にお水」をセットして「普通に加湿」を。
出力調整ありがたいです。
最小でほんの少し湿度を上げています。
体には湿気つかないようにお布団を調整。



半分開いたままのお目々も潤ったのか、
瞬きをし、こちらに目線を動かしました。
うんうん、ママ隣にいるねぇ。

DSCN5816.jpg



みんとが頭をつっこんでいるお布団側は、
100均のワイヤーシェルフで高さを作っています。
手前のビニールも固定していないのでまくってしまえばいいのですが、



お布団側から手を突っ込んで触ってあげられますし、


ビニールを浮かせるためと、
二酸化炭素が勝手に出ていくようにとか、
普通の酸素が勝手に入るという意味もあります。
白いお布団でカーテンのようにしてあるのでスカスカではないのですが。

呼吸は微弱になったり、苦しいになったり、
意識あったり、無かったり、
こっちに視線を合わせることもあり、遠くを見てフリーズしていたり、
うごうご動いているかと思えば、完全に倒れていたり、
上半身起こしてみたり、布団の中に頭突っ込んてみたりと、
これまでの寝たきりのコとはなんだか違うのですけれど、
これはこれで危篤状態なんですよね。

らすく ぽち







心臓強いって大変。

通院後から、
すでに数回、小発作を起こしています。
呼吸も安定しません。

それでも、
穏やかな最期を願わずにはいられません。

また意識は無くなっていないので、時折声をかけます。
隣りにいるよ。









らすくてんかん→よるをのりきる。

2021-04-14 (Wed) 14:02[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん


昨日の急変から、


「酸素から外れないように動かないでね」と、
「撥ねた足に驚かないで済む」ので、
お腹の中のチッコを空っぽにしてから、
キャリーバッグの下半分に寝床をセットしたまま、
酸素を固定し、
ベッドに運びました。

よしほさんがベッドにいるなら「なにがなんでも同衾」なので、
完全に酸素室ならともかく、そうではないし、
こんな状況であっても「一人寝んね」させられない一匹なのです。
寝入りから朝まで腕枕。



ちなみに、現在だとくっきーもそうですね。

ぷりんれもんは寝入りは腕枕ですが、頭の上やソファにいたり。
しらたまは布団中足元か、ソファ。
らたんは布団上足元か、チェスト上です。

さすがに酸素にも慣れてきたのか、
「楽」と理解したようで、自分から酸素に近づきます。
それだけ苦しいのでしょうけれど。

一晩警戒しまくりました。

頭の横にキャリーバッグなので、
わずかな呼吸音や動いた振動で目覚めます。
薬が飲めないので発作を起こすかも。
寝返りを打たせる時間も気にしなければです。

電気を消して30分からスタート。
上半身を起こしてキャリーの縁に顎を乗せてます。
腕枕じゃないのが気に入らない?が、そこは譲歩できません。
酸素のそばにいてください。
手を伸ばして撫でコ撫でコ。

「くふ」という呼吸で、
触るか触らないか程度に腰をさすります。
呼吸には背中のイメージですが、
よしほさんが咳してる時に背中を触ってほしくないヒトなので、
(圧迫感を感じて逆に苦しいのです)

キャリーが揺れる振動でのぞき込み、
視線を合わせます。
唯一力が入る右手を伸ばしてきたら、
こちらの手をつかんでもらいます。
ゆらゆら揺すっていると、頭を置いて眠ります。

また揺れて起きれば、
キャリーの縁に頭を乗せていたり。




顔を寄せると思いのほか強い力でグリグリスリスリされました。
まぁ数十分おきにやらされるとは思いませんでしたが。

そんな理由で、ちゃんと眠れたのは5時を過ぎたのを確認してから。
6時半に目覚ましですが、止めて寝ました。



娘ちゃんが起きる音で二度寝に気づいて。

1時間以上寝ることはなかったので、
まさか!!と、慌ててキャリーを覗いたら半分目を開けて寝ていました。
(いや昏睡なんだけどね)
できれば、夜中に寝てくれよ。

そのままどっこいせーとリビングに移動。

ちなみに、
おばーちゃんの時、薄い掛け布団すら重くて辛い」とあったりしたので、
体温ガードにかけていますが、
キヤリーの縁にかけて浮かし、体に重みを乗せていません。




DSCN5814.jpg



酸素を警戒しましたが、安定しているのでカバーは無し。
他のコ達が「らすくー❤」と添い寝してしまうので、
いつもならいいけど、もうダメですと板でニャーニャーガード。

さすがにみんな異物警戒で乗りません。
















アラームを病院が始まる9時にセットして、朝の支度。
いつも娘ちゃんのお弁当を作りますが、
娘ちゃんが自分でオニギリを握ってくれました。

お口拭きやら、鼻クチョ取りやら、チッコ絞りして寝んねセット完了。

9時のアラームにスマホさんを手にしたら、
病院から電話がかかってきました。
昨晩の履歴でかけなおしてくれたようです。
10時に飛び込み予約を入れて通院。

昨晩の説明に、
1.本当なら昨日の時点で死んでいただろうこと。
2.もうできることはないこと。
2.補液だけ。
「やっぱ昨日、死に損なったんだね」「失敗したね」とお話しました。

ついでに、ひじきの相談。

らすくよりガリガリで、
死にかけの野良猫をみているよう。
最近、体力が無くなったのか、諦めたのか触れるようになったが、
一度通院すると3年根に持つので2度目の通院が厳しい。
病気が見つかっても、投薬は絶望的。

ひじきの結論。

そういうコは、「太く短く」の生でいった方が楽だろうと。
重病危篤患者だけど「酒もたばこもやめねぇぞ」ってヤツ。
わざわざ通院で怖い思いして、
「また連れていかれる」と飼い主に対しての恐怖の必要はなかろう。
になりました。

ひじきは一生、家庭内ノラでいてもらいます。
ご飯と寝床だけの居候ですね。
それでも、甘える声が野太くて可愛いから上等。

帰りがけに思い出して、
ムコフィリンを2セットもらいました。
明日の通院予約、とりあえずそのままにして。

らすく ぽち












らすくてんかん→こきゅうきゅうへん。

2021-04-14 (Wed) 12:35[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん


4/14 
12時 飛び込み通院にて60mlの補液。

18時まで熟睡(昏睡?) ※酸素吸入開始

水、食事、薬→お口に触っただけで嘔吐

20時 呼吸急変


夕ご飯食べながら「ネブライザー準備」の話をしていました。
ちらちらと隣にいるらすくを描く確認していたところ、
娘ちゃんが「おかしい」と。
手分けして準備。

娘ちゃん ネブライザー本体→薬液
よしほさん、ネブライザー備品→酸素室代わりの衣装ケース→薬液をセット

DSCN5811.jpg

しゅーっと。

酸素吸入しつつ、ムコフィリンで鼻を通します。

↓ 見たくない人は見ないでね ↓
「ふしゅふしゅ」しているだけですけれど、呼吸不全の記録です。
1分あたりから、危険ですが回復します。


呼吸状態はよくなりません。
このままか?と娘ちゃんが付き添い。
衣装ケースでは二酸化炭素が出て行かないので、
ムコフィリンが終わったところで、
ビニールで「適当ガード」しつつ蓋をずらし、
酸素吸入だけに。
落ち着いたところで、ケースを外しました。

三時間ほどオカラダポイがんばっていましたが、
弱弱しくも呼吸が落ち着きました。

これは深夜か?
と、酸素はしたままベッドに移動しました。


らすく ぽち

がんばらなくていいんだよ。
ままもおかーちゃんも、
君の形がなくなることより、
君が楽になる方がずっといい。




らすくてんかん→きゅうへん

2021-04-13 (Tue) 20:28[ 編集 ]

らすく急変です。

なにも病院が終わった時間ですることないのに


ゲージしゅくしょう。

2021-04-13 (Tue) 19:41[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

我が家の猫スペース。

超大型犬用のゲージを2段に重ね、
1階を、ひじきあらめ海藻兄
2階を、みんとあずきアイス姉
が、
寝る時は扉を閉めて。
起きている時はだれでも使ってオッケーな状態で鎮座しておりました。

ところが、
夜中に1階ゲージで寝ているひじきあらめに、
しらたまがちょっかいを出しては怒らせるという、
しらたま毎晩よしほさんに怒られる案件」が発生。
2階のゲージでは、
寝ずに遊びたいあずきみんとに「怒られまくる案件」が発生。

1階は単純に底上げ。と、
2階は、あずきが遊べない程度の狭さにすれば解決。と、
どうせ閉じ込めは「寝ている時間」だからと。
動きまくれる大型ゲージをやめて、
ワイヤーシェルフにしてしまおうと画策していたのです。

当初、ネットで買ってしまおうと思っていましたが、
この度、自転車2分にホームセンター開店。
無事にオープン特別価格で手に入れることができました。

予算の半分以下(^v^)

DSCN5777 (2)

ついでに前から気になっていた、ワイドなトイレも手に入れました。

周辺は100均のワイヤーネットでガード。
右奥は一段下げてトイレスペースに。
手前は90×45ですので、でかい2匹で入ると狭く感じますが、
お水とご飯をセットして、
ダラーンと眠れるだけのスペースです。
取っ組み合いをするスペースはないので、
お水もご飯もひっくり返されることなく、
なかなか平穏に過ごしていて、
安心です。

出入口の固定はダブルクリップを2個か3個してるだけ。
固定の仕方に気を付ければ開かないのです。

下がコロなのは、引っ張り出して床掃除しやすくするため。

上部はまだ設置前ですが、にゃずの荷物置き場にするつもりです。


まぁに ぽちっと







らすくてんかん→むすめちゃんにだっこ。

2021-04-13 (Tue) 19:36[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

夜、薬の後、ちゅーるをひと舐め。

ミルクなら飲むかと用意しましたが、これもダメ。

ベビ+授乳ママ用のペーストはどうだ?これもダメ。

らすくが寝ていた場所のシーツを交換するのに、
ちょっと娘ちゃんにあずけました。

「おかーちゃんだいすき」です。

DSCN5807.jpg



自分で姿勢を維持できないせいか、
抱っこするとすぐにもぞもぞしてしまうのですが、
もともとひっつきむしなのでどうしても抱っこしたがります。
少し硬めの毛布で体が曲がらないようにガード。

下半身はほぼマヒしているので、
持ち上げるとチッコ出ちゃうため、シーツも必須。




いよいよかな?と 思いえば夜中の警戒心も更に強くなりますね。

昨晩もよしほさんの腕枕で寝ていましたが、
気配で起きれば、0:45。
「うんちでたー」とのことで、オムツ交換。

再びの気配で起きれば、1:40。
「しせいかえてー」に、一度座らせてから反対向きに。
背中がよしほさん側になりましたが、
なんとしても頭を引っ付けようと動いたため、
よしほさんの鼻にらすくの後頭部が力強くヒット。
しばらくクシャミでまくりでした。

気配が無くても目が醒めます。
そろそろ寝返りさせないとか?
全く動いてないけど、筋肉強張ってないか?
息してる?
らすくが具合悪くなってから、朝までいくども起きるようになりました。
娘ちゃんの新生児の時を思い立させられます(´へ`)=3
この歳で育児は無理だわ………という気持ち理解です。
すんごく疲れますもの。

へとへと。

らすく ぽち





でも、
きっと、
夜中に、
よしほさんに気づかせないままお体を捨てたとすると、
それはとても穏やかなはず。

それはそれでアリだと思うのです。



なんせ、
母の警戒センサー、すごく優秀ですので!!!!!!











らすくてんかん→ごはんのたいみんぐ。

2021-04-13 (Tue) 15:58[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

寝たきりになっても驚くくらい食欲あるのって、
老猫介護の初期では普通でしたが、
(我が家だけ?それも下降しては行きましたが)
らすくの場合、
食欲はほとんどありません。

具合悪いのもあり、動かないのもあり、もともと量を食べないのもあり、
という感じでしょうか?

よしほさんの、
手術後の入院生活がこんな感じだったな…と思ったりしてます。
「動かないのにお腹空かないよー」です。

できれば、
体力つけるのに食べてほしいものですが、
助からないだろうなとわかっているコに対しては、
体力がつけば、それだけ状況が長引く。
それが、
正しいのかわからなかったりします。

DSCN5803.jpg

ピコピコと小さく痙攣する小発作が起きました。

ダンボールを足で蹴ったので、その音で気づきました。
小発作はほんの数秒。
動画を撮ろうと構える間もなく終わりました。

発作後は頭を上げてうつろな目をしていることが多いのですが、
こここそが食事のチャンス。

すかさず、

お水とカリカリ、チュールを差し出すと、もりもり食べだします。

DSCN5804.jpg


「もりもり」と言ってもほんの数粒ですけれどね。
お口から食べることはとても大切です。

シーバを数粒~袋1/2。
ちゅーるを1/2本。
自力でお水を飲む。

これだけできれば上等です。

らすく ぽち



基本、食べたかったら食べて。
食べたくなかったら食べないでいいから。

ですね。

らすくの場合、
強制給仕はできそうにありません。














らすくてんかん→ひっつきむし。

2021-04-13 (Tue) 13:57[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん


寝返りは自力で行っていましたが、
すっかり歩けなくなってしまいました。





DSCN5801.jpg

現時点、
体重はみんとの半分以下になりました。



らすくの状態ですが、



目に見えるなかで、
「痛い」はほぼ確認できず、
「苦しい」は体力落ちてしまっている範囲での呼吸。

痛みで暴れることもなく、
呼吸ができないともがくこともなく、
時折でる発作だけが、
彼の症状です。

その発作も、
「お、発作か?」と気づくのが難しくなってきました。

小発作は一日に2.3回ありましたが、
そのほとんどが「発作直前のお知らせ」である、
音や声がなくなってしまったのです。

DSCN5802.jpg

食欲も落ちる一方ですので、
体温の維持ができません。

ホカペと、他の子の体温を分けてもらって過ごしています。
ホカペの温度を得られるように、
けれど、低温火傷しないように敷物を調整してあります。



唯一、自分の意思で動かせる右前足で誰かの事をガシッとつかみ、
手の力だけで自分の体をにじり寄せ、
憑りついたコに寄りかかります。

「やられた側」が、
面白いくらい怒ることなく、
らすくがドッスと寄りかかってくるのを寛容しています。

優しいコばかりで助かりますね。

見ている側からすると、
ほぼほぼホラー映画さながらですが。

らすく ぽち

















おやつ。

2021-04-12 (Mon) 19:58[ 編集 ]
 
生のいちごを齧った時の食感がキライな娘ちゃん。

対して、
どんないちごでも大好きなよしほさん。

そんな理由で「買ってきてもいちごだけはヒトリジメ!!」な我が家なのですが、
帰宅すると、
こんなサプライズがあったりします。

200124イチゴパフェ


おやつ、美味しい!!!!

きぃね ぽちっと

甘やかされる母なのです(^v^)











とくしゅごはんチーム。

2021-04-11 (Sun) 19:35[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん


お腹を壊して通院していたれもん
オシッコトラブルで通院していたぷりん

どちらも15歳の高齢+もともと体重が無いのですが、
今回の体調不良で更に体重激減。

ギリギリ限界体重で留まりました。

ぷりんは注射+投薬でなんとか収まったものの、
れもんは薬を替えてもPが収まらず。

そんな中、私が体調を崩し、通院できなくってしまったので、
家にあった
「新ビオフェルミンSプラス(顆粒)」を、
ウェットに混ぜて食べさせていました。

結果良好。

猫用のお薬では、
オナラと一緒に吹き出してしまうPが、
粘液状になり、ぽってりとし、形が崩れなくなりと、
あっさりと好転。

なんでも試してみるものです((+_+))

それでも落ちてしまった体重は戻らず。

このコ達の食事は、みんなとは別物に。
これがまた美味しいのか気になるのか、他のコ達が欲しがる欲しがる。

でもね。

ただでさえ、大柄なのが栄養価の高いご飯というのはムリがありましてね。
特にみんととか、らたんとか。
ホンの2粒くらいで耐えてもらっているのです。

特殊ご飯チーム

最近は、ひじき君も特別ご飯に仲間入りです。

ガリガリなので食べさせたかったのですが、
寄ってこない食べないのですよ。

性格スイッチが切り替わったかのように、食べています。
歯が抜けたのも、大きいのですけれどね。

さび姉妹 ぽちっと









ちなみに、

通院時のれもんのウンチョさん報告は、
「シャンプー、リンス、歯磨き粉」
で、








その日の状態を表現しておりました。

毎回、持っていくわけにもいかないしね。











おせなかぬくぬく。

2021-04-11 (Sun) 19:25[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえ


パソコンさんがご機嫌悪かった時の写真をどんどんアップ。

おせなかぬくぬく

らたんは、いまだに自分よりちみこいコを見たことが無いため、
末っコ丸出し。

爪切りもブラッシングも大嫌い、オヤツ大好きなワガママ王子。




こると ぽち














おけつ、あったかい。

2021-04-10 (Sat) 19:22[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
パソコンさんがご機嫌悪かった時の写真をどんどんアップ。



おけつ、あったかい。

ぴっとり。

大あくびは、イケメン台無し。

ぐりす ぽちっと

らすくてんかん→ふほんい。

2021-04-09 (Fri) 23:13[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん


できればしたくはないのですけれどね。

垂れ流しなんですから諦めて(^▽^)

DSCN5799.jpg

するのは夜、寝る時だけです。

だって、
どうしてもベッドで同衾するということですので。

シーツだけならまだしも、
掛け布団ビシヨビショにされてはさすがに困ります。

じわーっと漏れちゃうのはOK程度にガードです。

このオムツは第一試作品。
「立体パンツ型」にすると安定するんだけど、
あえてのフラットな「ふんどし型」です。
いま主に第三段オムツカバー使っていますが、
昨日一昨日とシーツ汚れなかったのよね。
夜中の発作時にもお水とご飯の伺いをしているせいか、
吸水に使っているナプキンは全面黄色く染まっておりました。

日中は、ラグの上にペットシーツか、おねしょシーツ敷いて、
動きやすいように敷物敷いています。
ペットシーツだけだと、
後ろ足引きずって移動すると、一緒にもってっちゃうんですよ。






本日、お薬をもらいに病院行ってきました。

もらっているてんかんのお薬の効果は、
残念ながらイマイチになりつつありますし、
リリカは効果があるのか、必要なのかも不明です。
ステロイドを試すのは見送りました。
脱水による補液は次の診察で破断します。
B病院で処方してもらって自宅注射になるか、
A病院に毎日通院して射ってもらうかは後で考えましょ。

中発作は無し。
小発作は一日数回。
ほんとうはこの小発作もあってはいけないのですれけど、
食欲もないので、
発作後のガツガツ食いに助けられている面もあります。



らすく ぽち


少量のチッコとはいえオケツ周りは濡れてしまいます。
お腹壊していないのがさいわい。

おしり拭きシートでしょっちゅう掃除していますが、
思ったより汚れが取れないので、
さきほど下半身だけ洗いました。

体力落ちているのもあるけれど、
あまり動じない性格もあり、
介護のしやすさは抜群です。

まぁにさんには「気に入らない」と数回シャーされたからね。















しつれいなねぞう。

2021-04-09 (Fri) 19:26[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

パソコンさんがご機嫌悪かった時の写真をどんどんアップ。

みんと怒ってもいいと思う1

踏んづけられても、








みんと怒ってもいいと思う2

圧し掛かられても、

怒らない、動じない、微動だにしない。

ここあ ぽち


それがみんと











もぐら、はじめました。

2021-04-08 (Thu) 19:18[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん


パソコンさんがご機嫌悪かった時の写真をどんどんアップ。

もぐら始めました。



寒くても暑くても、潜り込みたいみんと



敷物に、躓く飼い主の危機を察していただきたい。




りぃる ぽちっと


へいわであんぜんなくみあわせ。

2021-04-07 (Wed) 19:22[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん


パソコンさんがご機嫌悪かった時の写真をどんどんアップ。

平和で安全な組合せ

なにがあっても、ケンカにならないというペアは必ずある。



ここあ ぽち









めのさっかく。

2021-04-06 (Tue) 19:16[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

パソコンさんのご機嫌悪かった時の写真をアップ。

目の錯覚。でかいのみんと



れもん<<らすく<<<<みんと

正しく1.2Kgずつ増えていく個体差。



りぃる ぽちっと





あついのならはなれなさい。 

2021-04-05 (Mon) 19:10[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

パソコンのご機嫌悪かった時の写真が残っているのでどんどんアップ。


暑くなったのね


ひっつきむしになっていると「暑い」ことに、
やっと気づいたらすくみんと

だけど、

離れたことに気づかれたら最後。

容赦なく、ひっつかれてしまうものなのです。







こむぎ ぽちっと

愛って重たい。









らすくてんかん→ほこうこんなん。おむつカバー。

2021-04-04 (Sun) 23:09[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん


らすくの歩行はかなり難しくなりました。
トイレに行くのも失敗してしまいます。

トイレにたどり着けない。
トイレの縁を越えられない。
トイレに入っても倒れてしまう。

せめて寝る時だけでもゲージに入ってくれれば、
全面ペットシーツにすれば済むのですが、
なにがなんでも腕枕で寝るコなのでそうもいかず、
(動けないくせに大騒ぎなので、あんまりうるさくて諦めました)

わたしのベッドはシーツの下に防水シーツで全面カバー。
(起きたら洗えばいいのよ、洗えば)
降りたり登ったりを自力でするのは制限できませんから、
ステップを用意。
(これは前足だけで上がりやがるのですよ、根性がすごい)
転げ落ちた時に痛くないように、

(当然失敗もします。ベッドの上徘徊してバランス崩して落ちますし)
二つ折りにしたラグでフローリングをカバー。





でもって、オムツです。

紙おむつ考えましたが、
ウンチョさん、チッコともに少量。

ならばヒト用のナプキンやライナーでいいや。
漏れちゃったとしても「チッコ出たよ」でわかりやすくていいや。

と、布おむつカバーです。

めっちゃ適当。
ホントに適当。
カバーできればいいか程度に縫いました。

汚されるの前提だし、
使ってから試行錯誤しなきゃならないかもだし。

DSCN5796.jpg







立体にしようかと思ったけれど、
使って不具合があるなら手直ししましょ。

行く先に期待ができない介護です。

あれしてこれして、

ダメだどうしようキィィィィィィってなるのは無しでいきます。

着用写真はまたあとで。


らすく ぽち







ふくふくのときもあった。

2021-04-04 (Sun) 19:05[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
らすくだって、ふっくらしていた時があった。

すでに過去形。

ふわふわでフカフカな毛触りは変わっていないけれど、
本体は骨しかなくなってしまった。

茶ケツグラデーション

茶けつグラデーション。

どんな姿になっても、みっともなくなっても、可愛いは変わらない。

らすく ぽち



らすくてんかん→らすくにやさしい。

2021-04-04 (Sun) 18:01[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬてい

現在のらすくは、
てんかんの発作こそ小発作で収まっているものの、
普通の生活がとても難しい状況。

体の力が入らなくて、歩けない。
座らせると、姿勢の維持が精いっぱい。

ご飯を食べるのも、トイレに行くのも大変。

体力が落ちているので、体温の調整も難しそうですが、

DSCN5772 (2)











そこはひっつきむしな我が家、
みんなしてらすくの周辺に集まっています。

一番奥には、つぶれたあずきが入っているんですよ。

ただの猫の本能だとしても、優しい世界です。




らすく ぽち











らすくてんかん→らすくせんよう、グリーンカーペット。

2021-04-03 (Sat) 16:23[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん


足が広がってしまって、うまく歩けないらすく
最近では、
広がるどころか、
腰から下を引きずって進む姿もあるくらい悪化しています。

その時によって、
歩ける歩けないの差が大きいです。

フローリングでは滑ってしまってどうにもならないし、
倒れれば骨が当たる音もするし、
なんども転がれば痛みもでるでしょうと、
キッチンマットを渡り廊下にしています。

DSCN5781 (2)

そりゃ全面敷ければ一番いいのでしょうけれど、そうもいきません。

ついでに「布ションの悪魔」のあずきもいます。
ラグには、すでに2回やられたので、洗いやすいマットです(TへT)


猫も学習するのだなというのも見て取れます。

らすくの意識がしっかりしている時は、
トイレに行くのにちゃんとこの上を通っていくのですよ。

意識が無い時や、行きたい方向が別の時はダメですけどね。

下手くそなアイススケート見ているようです。

いいから大人しくしておいてください!!
の、
意思疎通ができればよいのですが。

らすく ぽち

生きている限りは甘やかしますよ。


 お薬。

①イーケプラ 1/4錠を8時間おき。
頓服としてフェノバール 1/2錠 用意
(通常使用は逆だそうですが、らすくの体質はこちらのようです)

②新しく追加→リリカを朝晩。












ぱそこんごきげん。

2021-04-03 (Sat) 12:03[ 編集 ]
 猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
今日はパソコンのご機嫌が良いようです。

怒ってもいいと思う

春でも夏でもヒッツキムシの我が家です。

あずき、おにーちゃんに失礼が過ぎる。


こると ぽち

スマホさんも、
タブレットさんも、
パソコンさんほど言う事聞いてくれないから困っちゃう。

でもしばらくはパソコン買うことできないから、ガンバッてもらわないとね。