ふぃせる…白血病闘病中、決断しなきゃかも。

2014-11-08 (Sat) 01:06[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしきいぬていえん 白血病

昨日は、Fc2さんのページが開かなくて投稿できず。
混んでるとか、サーバーがどうとか、メンテ中とか、
そんなこと微塵もわからないので、
まぁいいかーとジーッと待っていました。
結局、
「開かない、開かない」で諦めたわ。



ふぃせるは、
今日の午前中普通に+午後の一回に強制給餌を食べたきり、
以降、
給餌拒否です。

お口には入れてくれるのですが、
ベーと出してしまいます。
もともとウェットが嫌いなコですので、
出した程度なら「ダメです、お食べなさい」と強行ですが、
出したあとで、吐くコトは無いものの「おえ」になってしまいました。

きっと食べるのも苦しくなってきたんだね。

4匙に増やしていた強制給餌ですが、
1匙に戻すしかなさそうです。
ただでさえ栄養足りていないのが、
圧倒的に足りない状態になりますね。

自分でケージ内を歩いてお水を飲んでいるのですが、
新しく入れたトイレを居住区にしてしまい、
しかたなく砂では無くシートを入れて対処。
結果、
トイレは、
ベッド+トイレと化し、ちっこした後に反転して寝に入るという状況に。

もう好きにしてくれい…な状態ですから、
ちまちまと汚れチェックしておくしかないようです。

お顔を上にあげて呼吸するようになってきました。
意識は残っていますが、
表情がうつろになってきました。
「外に出たいです」で、ミャッと声を出しますし、
出たら好きな場所まで歩いてきますが、
こちらの呼び掛けへの反応が鈍くなってきました。
決断時かもしれませんが、
できれば家で、みんなの中で眠らせてあげたいものです。
(他のコ達は、どうと思う感情もなさそうですけれどね)
でもね、
逝くために苦しんで苦しんでというのもイヤなのです。
よしほさんがそれを看取るのは構いません。
安らかだろうか、苦しもうが、
これまで幾度となく見てきたことです。
これから先もずっと続くことでしょう。
けれど、
急性とはいえ、苦しみが長引く可能性が大きいとなると、
「そんなに苦しめていいのか」と可哀想になるばかりで、
だからといって決断するとなると、
「苦しいからもう死にたい」なんてヒトのように思わないだろうから、
「こっちの勝手な思い込みで殺していいのか」と葛藤するばかりで、
それを「いつにする」のか、
どう判断するのか、ここまできてもわかりません。

以下は、水曜日の様子。

ふぃせる

病院から帰ってくると、疲れ果てています。

緊張から、どうしても呼吸がはやくなってしまい、
呼吸がはやくなれば酸欠で苦しい。

お顔が歪んで見えるのは、バッグによりかかっているためね。

免疫力の低下により、
猫ヘルペスが出しゃばってきた。

涙が出てきたけれど、
猫風邪の治療は、白血病と別物なので、
優先順位から治療はできないらしい。

幸い、
涙は一日だけで治まって良かった。

鼻水が少し出てしまうけれど、
固まったら呼吸ができないのでマメにほじられるコトに。
これがまたイヤみたいで、抵抗大。

ふぃせる

みんなと一緒になって、カリカリを数粒食べてくれることも。

ほんの数粒。

それだけでも嬉しいね。


苦しい様子が見えてきたので、ケージに強制移動。

ふぃせる

酸素の近くで寛いでくれると、寝姿に余裕が見える。

けど、
「コレの近くにいれば楽」ということは覚えてくれないようで、
ケージ内のアチコチに移動してしまい、
横になって眠ることができなかったりする。
気付いた時はマスクモドキを鼻先に置くようにしているけれど、
振り返るとまた違う姿で寝てたりするのよね。

「そうそう、そんな感じよっ!!!!」…と、
最高に理想的な寝方をしてくれる時も。
↓ ↓ ↓
ふぃせる

ロートにすっぽり。

これだと、
ヒトでいうトコロの「酸素チューブを鼻につけている状態」になるので、
バッチリ酸素吸入。

こうしている時は「ふ…す…ふ…す」という、
お腹がポコポコ動く呼吸も少しだけ小さくなりますし、
寝ている時間も長くなります。
やっぱり楽なんでしょうね。


ふぃせる
はガンバっています。

だから、
ガンバってとはもう言いません。

「好きな時に、お体ポイしちゃっていいよ。傍にいるからね」
です。



すもも ぽちっと




この呼吸、動画にしておいたほうがいいのかしら。
残しておいたら、
誰かの役に立つ時があるかしら。













コメント

看取りって悲しくて、苦しいです・・・。私もここ数年でたくさんの子を看取ってきましたが、いつも迷いと後悔とが付きまといました。
でも、よしほさんはやれること全てやってらっしゃいますよ。
私なんかと違って・・・

最期までそばで見守ってあげることで、良いのかもしれません。

この小さな身体で頑張ってるのが痛々しいです。
判断はすごく難しいし、どれが正解っていうのもないんだろうし、いつまでも続く悩みですね。
あぁ・・・辛いです。

vaniraさんへ

はい、迷いますよねー。
でも、後悔はんまりしないコトにしています。
しても戻ってこないし、だから後悔じゃなくて「反省」ねー。

できること、もっといっぱいあると思うのですが、
何より一番の問題点はお財布かなー。
………現実的過ぎてヤだけど、真実なのよね。
お金いっぱい持っていたら、
あれもこれもで最大級の治療できるんだろうなっていつも思います。

でも持っていないから、できるところでガンハるんですよね(^▽^)
これからもお互いに自分範囲でガンバって行きましょうね。

カレンさんへ

でも理解したんです。
「食べられなくなった時が判断の瞬間です」って病院で言われたこと。
ヒト以外の生き物にとっては、
「食べる」が生きることだと思うのです。
それができなくなるということは、死ぬっていうことなんだろうなって。
そうなると、
それ以降の治療は………って、改めて考えちゃうんですけどねーε-(´へ`)

考えちゃうのがヒトなんだろうなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する