パン3兄妹、うとうと。

2014-12-20 (Sat) 23:39[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
朝。
目覚ましをオンにしっぱなしだった携帯が元気に鳴りまして。
「ああ~、鳴らしちゃった~」と、
急ぎ消したのですが、
ケージ内の高性能目覚まし機能がオンに。

そう………ころね

「みぁ~お、みゃ~お、みゃ~ぅおん」と、
ものすごく良い滑舌(?)、かつ、大音量の目覚まし機能。

……これが、
ほっほっておくと、一時間でも二時間でも鳴き続けるという、
究極のスイッチ無しスヌーズ機能。
ウルサイことこのうえなく、
シツコイこと比類なし。

捨てられて幾日も鳴きつづけた体力と声量はダテじゃない。

休日だというのに、
平日と同じ時間にもそもそと起きだして、
ケージを開ければ、
出てきてはウーンと伸びをする3匹。
目の前に来るたびに、
お背中をポンポンと撫でて「おはよー」と挨拶して、
(おはようのキスはぷりん達で懲りた…いまだにキス魔だからね)
コニャカリの朝ご飯。

自分用のコーヒーのスイッチを入れてから、
まぁにきぃねりんごるふなに、
お薬+サプリ入りの朝ご飯を準備して、
ほかのコ達用にカリカリと水の補充。
めだか~ずにも朝ご飯。

2度目しようかなーと思ったけれど、
ガッツリ目覚めてしまったので諦め。

まだ雨は降っていないし、
アパートに荷物運ぶかとカーテンを開ければ、
待っていましたとばかりにベランダの屋根が濡れはじめました((+_+))

もうね、なんもかも諦めました。

エアコンだとなんとなく寒くて、ヒーターにチェンジすれば、
朝ご飯を終えたにゃんこ~ずが伸び始めました。

ぷりん+らすく


一番温風が当たる場所を陣取った2匹。

らすくなんか、オコタモドキカバーにもぐりこんで至福の表情。

押入れ上段であらめご飯を食べていたえぴも、
この右側に移動してきて。


えぴ

ナデナデすると、ゴロゴロ言って甘えてきました………まぁ、怖い顔。

ベッドの上では、
みしゅころねがバトルしていて、
オオニャ~ずが避難開始。

枕の上から2匹を見学していたしらたまが、
ものの数十秒で興味を失い丸くなると、

みしゅころもダウン。


みしゅ+ころね

互いに蹴りを入れていたバトルの姿勢のまま熟睡突入。

こんなトコがまだまだベビです。


そんなこんなを見つつコーヒーを飲んでまったりこ。


しばらくすると、


ころね

みしゅに噛まれたころねが悲鳴をあげてベッドから降りてきました。

今日は左目がちみと涙。

Dフラクション飲みだしてから、
涙ベショーが少なくなってきているので良い傾向です。

みしゅはまだ鼻詰まり+両目涙だけど、うるうる程度に収まっているし、
えぴはもうすっかりキレイなお顔
(怖いけど)になって上等なの。

このサプリは続けていく方がいいようです。





らすく ぽち




そんなまったり時間だった今日でしたが、
らすくがオモチャにされました。



らすくにはね、永遠のライバルがいるのです。

それが、

らすく

掃除機。


写真に見えているのは、おばーちゃんの掃除機。

育児部屋の扉を開けて、わざわざらすくをからかいに来ます。

寝ていようがご飯食べていようが、掃除機の起動音が、
バトル開始の合図です。

おばーちゃん曰く、

全力で走ってきて、
力いっぱい叩くわりに、
へっぴり腰で掃除機に手が届いておらず、
なのに、ものすごい真剣な戦いっぷり。
それがどうにも可笑しいんだそうです。

くわえてね、

性格がビビリ過ぎなものですから、
写真のように「なにかの陰に掃除機がいる」状態でないと、
攻撃できないのが難点なんです。

そこまでして掃除機と戦う必要なんて、
これっぽっちもないんですけどね。











コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する