喪中となりました。

2015-01-12 (Mon) 01:39[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い

「あけまして…」のご挨拶をし終え、
出しそびれたヒトにあてた年賀状も送り終えたその日、
(=このブログでは、″おじーちゃん″)が亡くなりました。

いわゆる「急死」で、
自宅で亡くなったため「変死」です。
死因は、腎臓の病気による、急性の膵炎………だそう。

家に刑事さんが5人も来ましたよ。
育児部屋も確認されまして、
にゃんこ~ず、
デカイオジサンが三人も入ってきて、
「猫ちゃーん」「あ、ほんとにいっぱいいるー」「すごーい」
と口々に言われ、かつ「ちっちっ」と呼ばれてもいたのですが、
逃げることもできずに硬直しておりました。



父は、

知人友人親族に対しては「とても良い人」でしたが、
家の中では「自分勝手の極地」なトコロがあり、
その部分を極めた結果として、
夜中の2時までは生存確認できていたけど、
朝までに眠ったまま亡くなるという、
良いんだか、
(いつもの寝相のまま苦しんだ様子もなくですし)
悪いんだか、
(17日には70歳の誕生日だったのですが)
の結末を迎えました。


私的には、
「自分のベッドで眠ったままコロリと死ぬ」というのは、
当人にとっての最高の死に方と思っているので、
おじーちゃん上手にやったなぁ…と、
正直感心している自分は、
やはりどこか感情壊れてるんだろうかとも思うのですが、
たとえば、
病院のベッドの上で、
動けないまま、
痛い苦しいに堪える父を見る方が恐怖だったと思うのね。

近くに住んでいる上の弟が母をつれて走り回り、
昨日、
ようやく告別式を終え、
遠方に住んでいる弟も家に帰り、
家が静かになりました。

同居している、おばーちゃん+私+娘ちゃんより、
「平時のおじーちゃんを知らない」ヒトの方がショックが大きく、
…同居の三人はといえば、
ご飯時にできる空席に違和感を感じつつも、
冷静に過ごしています。
ジリジリと「さみしさ」くるかな………?

…こなかったらどうしようね((+_+))

ともかく、

今週末の引越しと重なってしまい、
とりあえずまとめて運んでおこう…とか、
遺品整理…とか言ってられない状況の中で、
昨今、
もらいたいヒトもいなかろうと、
弟達だけに「欲しいものある?」と、
サラリと確認して、
おばーちゃんは片っ端から捨てています。




問題はばいらなんですよねー。

おじーちゃんしか好きじゃないから、
おじーちゃんの姿がないせいで、
押入れに籠城しています。
さすがに数日になるので、
真夜中にご飯とトイレには行っているようですが、
日中は、
押入れから数歩出てきて、おじーちゃんのイスを確認し、
「いない」って押入れに帰っていきます。

おじーちゃんいなくなって、
知らない家にお引越しになって、
ばいらには辛い日々になりそうです。











コメント

おじいさん…とお呼びして良いのか…。突然だったのですね。
ご冥福をお祈り致します。
何ともおじいさん、静かなお迎えが来たのですね。ばいらちゃん…おじいさんが旅立ったの分からないのでしょうね…。これでお引越しは辛いなぁ…。
お義母さんが、家を建て替える時は家族の怪我等に気をつけなさいと言っていました。友人の家も家の建て替えの時、お母さんが突然亡くなったそうです。そういうのあるのでしょうか…。
家の引越しは大変でした。とっても…(>_<)
今だにみるくがその傷を引きずっている感じです。猫は荷物が移動して最後に連れて行った方が、慣れた臭いがあるから良いと言われました。その通りにしたのですが…ひとつのお部屋に閉じ込められて、お外でガタンゴトンと大きな音がして、知らない人が出入りしているのが相当の恐怖だったようです。チャトランは恐怖で震えていました。新しいお家に来た日は大パニックでしたが…2日目にコタツを設置したら、皆大人しくなりました。コタツパワーに感動したものです。お引越し、本当に大変だと思いますが、頑張って下さいね。

本当に突然でしたね。
70歳って、まだまだこれからの年齢だし・・・
でも、私の父はまさしく、ベットに手を括りつけられて
身動きできないようにされて、病院で亡くなったので
羨ましい様な死に方・・・と思います。
ご冥福をお祈りいたします。

お父様(いつもブログでは、じーちゃんでしたよね^^)急逝されたんですね。。
お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。。
ちょっと、、不謹慎なんですが、、我が家の義父(母の2番目の旦那さん)も、
じーちゃんと全く同じ亡くなりかただったんです
ただ、病気で通院してましたので警察の方は来ませんでしたけど、
救急車の方には変死になるので解剖や警察が入る可能性が高いと言われましたよ
でも、通っていた病院へ搬送してもらったので変死扱いはされませんでしたけどね
本当に前の晩まで全くいつもと同じ生活をしていて、、
朝起きたら寝たまま亡くなっていたって感じです。
本人、、亡くなったって気づいてなさそうだよね…って話してたんですから^^;
我が家の男性は短命で、、実父は61歳・義父は60歳で亡くなっています
じーちゃん、、あと少しで70歳だったのに…
新しいおうちも見れずに逝ってしまったんですね。。
私も、ばいらちゃんがとても心配です
とにかく、じーちゃんしか愛してないコですものね。。
ご家族、そしてばいらちゃんが体調崩されませんように…

引越しで大変なところ、お父様の急死、大変ですね。
よしほさんをはじめご家族の体調は大丈夫ですか?
苦しまずに・・・というのは良かったんでしょうが、家族からしたら複雑な気持ちですね。
ばいらくんのことも心配ですね。
じーちゃんが居なくなって、おまけに引越しなんですもんね。
応援することしかできませんが、体調を崩されませんように。
そしてお父様のご冥福をお祈りします。

年賀状ありがとうございました。
そうです、私の年賀状の猫はキィです。
よしほさん、キィの絵上手すぎです(笑)

わー(汗
おとうさんのご冥福をお祈りいたします。
でもまだまだ若い!
苦しまなくて逝けるのは確かに良いのですが・・・。
(うちは癌だったので結構看てて辛かったり。)
でももうちょっとがんばって欲しかったりしますよね。
お母さんが一番さびしいでしょうから
みんなで支えてあげてくださいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する