古いお家はね、

2015-03-05 (Thu) 17:28[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
全体像を撮っておこうと思っていたんだけど、
「あ、忘れてたー」と、
解体始まってから、気づく始末。


撮影してみようとガンバったんだけど、
国道の向こう側に行かないと全体を撮れなかったりして、
結果、
まぁテキトーでいいかーになりました。

記憶が曖昧になりそうなので、
記録はしとこかな………といったトコ。

家

どっからどこまでだ?的な、お隣の倉庫との境。

似たような白だったことに今更ながら気づいたりした。
我が家は横線、倉庫は縦線。
三階建ての高さがあるのがお隣の倉庫ね。
ひーじーちゃんの時「土地売ってください」と言われたらしい。
売った先は材木商で、
ついでに我が家を建ててくれたんですって。
だから、
この家の梁も柱もとんでもない太さ+大きさだったの。

ちなみに、
離れだとか、店舗だとか全部いれて数えたら、
(10帖×1、6帖×7、4.5帖×1)D3K+トイレ5ありました。
驚きだね。
半分くらいしか使ってなかったワケだ。

家

ボロリーな家の前面と、さらにボロリーなじゃんぐる。

撮影はアレだけど、地面に通路はちゃんとあったのですよ。

家

左に写っているのがお隣さん。
寮になっていて、
住み込みの管理人さんと、
通いのお手伝いのおばーちゃんと、
住人が数名。
朝が早くて、夜も早くて、時折笑い声がする程度の静かなお隣さん。
その地面の下は、
実は、我が家の歴代のペット達の墓場ですよ、とは…言っていない。
30kG越えのワンコとか何匹も埋まってますよ、とは…言ってない。

ロサンゼルスに住んでいた叔父
(故人)が相続した土地だったんだけど、
「住まないから~」と売った部分。
売るための手続きをしたのは伯母の内縁の旦那さん
(故人)だったんだけど、
アレヤコレヤと後々問題発覚して大変だったらしい。
身内だからって信頼してはいけないという教訓バリバリでした。

家 

更地になったので、撮影してみました。
なぜか踊る娘ちゃん。

ふぅん、こんなモンかーという感想。

じゃんぐるの木の伐採が一番の痛手。
生きてたんだけどなぁ…と、実はそうとう心苦しいのです。

ケヤキ、金木犀、山茶花、グレープフルーツが、
残っているだけでもマシと思うことに。

椿は、それぞれの子供達を拾い集めていて、
苗木にしているので、
落ち着いたら植える場所を考えるつもり。
獅子頭の根っこを腐らせてダメにしてしまったのは激しく後悔。

この後、
ブロック塀も取り壊し、完全に更地になるまで一週間かかりました。
門があった場所にデカい庭石を集合させて、
国道の事故の車除けに。

いまはキレイに整地されて真っ平です。
地面も落ち着いて、歩いても足が埋まらなくなりました。

明日から地縄の作業が始まりますよ。


合宿所は、いつも通り平和。

らすく+みしゅ

おにーちゃんにヒッツキムシして甘やかしてもらっている妹を見ると、
あの時、ユーカイされてホントによかったねぇ(TvT)と思うのです。

たとえ、
よしほさんの手を血まみれにして、
腫れ上がらせたみしゅだとしてもです!!!!




らすく ぽち


この後、
らすくみしゅの背中にあごを乗せて熟睡。

しばらくしたら、
みしゅらすくの背中に乗りあがって熟睡。

どちらも「重たい側」は遠慮なようです。




コメント

お家ってどういう間取りにするかとか、もう決まっているのですか?注文住宅でしょうから、自分達の好きなように建てられて羨ましいです。

沙織さんへ。

はい、完全注文です。
結果的に、設計士さんの提案は全拒否していました。
全部、
おばーちゃん、娘ちゃんと相談して、わたしが描き起こしまして、
「こういう約束や理由があって、ここにはこういう風にはできません」とか、
「耐久性を考えると、ここに壁があると………」とか、
「価格的に、メンテ的にこうするとコストが………」なんて
いろいろ教えてもらいました(^▽^)
ひたすら「猫がね、猫はね、この場所は猫の、」をずーっと言ってました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する