じーちゃん迎えに来てくれたかな。

2015-04-15 (Wed) 20:44[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い

ばいら
今朝亡くなりました。


昨日、
オケツの下に「チッコ自由にしちゃっていいよー」ってシーツを敷き、
体の向きを変えたところから、ほんのわずかに動いたところで、
「………あんたねぇ」と言いたくなるほど、
じーちゃんが亡くなった時の姿勢とまるっきり同じポーズでした。

お手々の位置まで同じってどんなんよε-(´▽`)

ばいらの場合、
体調うんぬんよりも、
精神状態が悪かったんじゃないかなぁ…というのが見解です。

まぁ。

これから先、

健康とは言えない状態のまま、
ぱぱがいない環境で過ごすことを考えたら、
この最悪の結果が、
ばいらには最良の結果だったのだと思います。

こんな最良なんかヤなもんだけどね。

バカばいらめ!!!!!



コメント

ばいらちゃんまで…
やっぱり、じーちゃんの居ない生活を彼女は耐えられなかったんですね。。
もう、愛しいじーちゃんに会えたかな
亡くなった体制がじーちゃんと同じだったなんて、
どれだけじーちゃんを愛していたんだか。。
寂しいけれど、ばいらちゃんはもう精神的に辛くなくなったのですよね。。
じーちゃんをひとりじめにして、ばいらちゃんのやり方で
思いっきり甘えるんだよ(T_T)

じーちゃんと同じ格好で虹の橋を渡りましたか…
じーちゃん、先に逝ってごめんと迎えに来てくれたのかも
知れないですね。最良と最悪が一緒になってしまった結果ですが…。じーちゃんの傍に行けたのは良かったのかも…。
よしほさん、お疲れ様です。少し休んで下さいね。
ばいらちゃんのご冥福をお祈り致します。

クロママさんへ。

「おじーちゃん、ばいら迎えに来たかしら」とばーちゃん。
「いや、面倒くさがって待ってるでしょ」とわたし。
「それもそうだね。今頃、膝の上乗って撫でてもらってるかしら」とばーちゃん。
「いや、膝の上乗ってお腹キックして、腕に噛みついているでしょー」とわたし。
「そうだね、血だらけだね」とばーちゃん。

あのフタリの愛情表現はこんな感じですε-(´へ`)
ホントに好きなの?って聞きたかったわー。

沙織さんへ。

いや、きっと迎えに来ないで待ってるだけだと思う((+_+))
ばいらが、ピンクのお腹振りながらもてもて走っていくのよ。
で、
ばいらーvv」って呼んで抱っこして撫でた途端に、
噛まれて蹴られて唸られて、
それでも膝の上から降りたりしないの。
それがフタリの愛情なの………ヘンよね?
よしほさんには理解できない愛情なのよ。

ばいらさん、逝っちゃいましたか・・・
悲しいこと続きですね。

ばいらさん、じーちゃんに思いっきり甘えなよー。

なんかちょっと寂しいけど、実は層が違うだけで
死んだ人や動物たちは別の次元で生きてるらしいです(^^;
そう思うと、あんまり寂しくなくなりました。
というか、まだまだ婆ちゃん連中を3人も介護中で
大変です(汗

新築の進捗はいかがですか?
キャットウォークは作るのかしら?♪

カレンさんへ。

はい。
じーちゃんのお腹にキズが無くなった期間は四か月だけでしたね。
今頃、きっと血だらけですよ。
置いていった分、上乗せして血まみれですよ!!

ゆこむしさんへ。

どっか見えないトコで生きてるだけ。
あー、あっちに行っても、
仕事したり食事したりしなきゃらないのかしら((+_+))

介護は大変ですね。
わたし、する自信ありません(T_T)
キィィィィってなっちゃいそう。
猫以外に優しくできる気がしませんもの。

家は、ようやく地盤改良が終わりました。
もともと田んぼやら畑やら、すぐ横に小川があったりなので柔らかくてねー。
ドスンドスン杭が打たれています。

キャットウォークは無しです。
上で毛づくろいされるのヤです。
さらに、
上からケポなんて絶対にヤです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する