これが最後のお写真ですよ。

2015-07-21 (Tue) 00:18[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い

具合悪ーい」と言いつつも、
自力で動き回り、
「ごはん、ごはーん」と騒いでいたのは、
つい10日前のこと。


それからあれよあれよと体力がおち、
最後の数日間は捕液だけで過ごしていた
ぱいん
ですが、

ぱいん+ころね

病院帰りで疲れているトコロにヒッツキムシされて文句言ったり、

真ん中で寝ていたらドスーンと隣に転がられてよけてみたり、
(
ころね、おっぱいがクッキリハッキリ)

ぱいん+うじゃ

いつの間にか電車ごっこになってたり。

いたい場所に自由に移動できていたんだけど、

お水を飲みに行って「疲れました」と座るようになってからは、
もうこれは限界だなぁって覚悟を決めたのね。

ぱいん+るふな+ころね
(
えぴが奥で寝ているんだけど、ペッタンコなぱいんより、さらにペッタンコなの)

キャリーバッグに巣篭るようになって、
時折、
「うのん?」と声をあげるようになって、

いつものように「好きな時にポイしていいよ」って声掛けして。

お名前呼んでも反応がなかったのは、
最期の日の、私たちが寝る前の一時間くらいでした。

それまでは、
声を掛けると「んぅ?」の小さな声でお返事してくれてたんですけどね。

尻上りで、常に疑問形だった
ぱいん
の鳴き声。

もう聞けないとなると、
寂しいものです。


ぱいん ぽちっと

鳴き声って、それぞれ特徴あるよねぇ。















コメント

「体調が悪そう」から、10日あまりで身体ポイしちゃったんですね。
あっという間だったんですね。
時に命は頑丈で、時にもろいものなんですね。

ぱいんくん、いや大王様、安らかに・・・

カレンさんへ。

あっという間でした。
あれよあれよと痩せていって。
あっさりと、
「じゃさよならー」っと感じでしたね。
今頃は、散々心配させたことも忘れて、
ヒャッホイしていると思います((+_+))

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する