アパートと心境………まだ下降気味。

2015-11-11 (Wed) 20:45[ 編集 ]
ねこやしきいぬていえん 猫 多頭飼い
アパートでの写真が残っていました(^▽^;)
まだまだあるの、まだあるの。


まぁに+ひじき

荷物を運び出した後のお部屋の汚いこと汚いこと。

にゃんこ~ず、
とても寛いでいるように見えますが、
やはりストレスを感じていたのでしょうね。

たった9ヶ月だというのに、畳も壁もボロリーです。

もっとも。

以前のヒトが住んでいたまんま使用しましたので、
(タバコ吸っていなかったし、犬猫飼いさんだったし、まぁいいかーって)
2世帯分の汚れではあるのですけれど。

うじゃ

アパートに行って、
若いのも年寄りも続けて亡くなり、
「いなくなるのは辛い」ものだと連続実感していたというのに、
またも新顔が登場して。

みんと+あずき

みんとは辛い体験をした直後に出逢い、
あずきは汚れに汚れて風邪っぴきの状態で出逢い、

ころねのコトを考えない日はないのだけれど、

ひどい下痢体質に、
重度の風邪っぴきで、

どうにも里親探しができずに居つく結果に。

それでも、

うじゃ

こうしてリラックスして眠ってくれるようになったトコロで、
また環境が変わることになってしまって、

まず先陣切ったのがおばーちゃんの体調不良で、
もうどうすることもできないんだなーという状況に。

ここから、
しても仕方ない心配事がむくむくと膨らむ日々。

まぁにさんが環境変化に耐えられなかったら………、
れもんが神経衰弱するかも………、
ぷりんくっきーは………まぁ抗議はするかもだけど平気か、
あんこは………問題無いか、
ひじきあらめの内臓数値がまた悪くなったら………、
らすくるふなは………風邪気を付けていれば大丈夫か、
しらたまも神経衰弱が心配かも………、
ころねの体調の急変が怖い………、
みんとのお腹Pがまたひどくなったら………、
あずきの風邪が重症化したら………、

そんな心配山盛りで、不安増大。

なんとかならないか、この性格?
と、
「普通を装って自分を騙そう!!!!」と過ごしています。

娘ちゃん+うじゃ

娘ちゃんも、
新生活順風満帆とは言えないだろうけれど、
若いから順応が早いのか、
それなりに日々を過ごしています。

はやく家の中が整理できたらいいんだけど、
それはまた無理な話。

シャチョーが、
お仕事の合間を縫って、
家の中を作ってくれているからです。

荷物入ったダンボールを積んで、
生活環境を作って。

なんとか「住める」ようにはしましたが。
家具がほぼ無い家で、不思議空間状態。

でもってね。

キレイな新居。
どうしても「生きてない」って感じが強くて困っています。
家自体がまだ生きてない。

この家にはなんにもいないの。
ものすごく、
よそよそしい誰かと一緒にいるみたいな感覚。

ボロ屋には、
そこここに「生きてる」って感じがあったのだけど。

新居って、こういうものなのかしら。


それとも、


ボロ屋にはそこここに何かかいたということなのかしら。


りぃる ぽちっと
りぃるさんが、
新居ウロウロしてくれたら大歓迎するんだけどな。










コメント

これからみんなで家の歴史を作って行くんですね~♪
大丈夫大丈夫!(^^v
猫等には傷つけるなよーwってお伝えくださいw

うちもまた新入りが来たというか、今、病院で一時預かりして貰って検査と怪我の治療をして貰ってます(汗
今度は三毛ちん。さてどうなるか・・・(汗

コメありがとうございました!
地震、少しだけ揺れたようですが、私たちは
ねこも含め、ぜんぜん気がつかず(^^;
最近、宿六と東南海地震、そろそろ来るのかなぁって
心配してます(汗
地震対策必要ですね。ねこ餌の備蓄もしとかないと・・・。

よしほさんも心配性なんですね。
ブログ読んでると、前向きでしっかりした方のイメージなんですが、私と同じなんだと変だけど安心したり・・・。
自分騙し、辛くならないですか?
私はキィのとき、特に仕事中に平静を装ってましたが、どうにもこうにもしんどかったです。
そうそう、2週間前にキィが虹の橋を渡りました。
1年5ヶ月の闘病生活でした。

ゆこむしさんへ。

なるほど、家が生きてない感じってそういうことですね。
いまだに余所余所しい感が抜けない家ですが、
とりあえずにゃんこ~ずは寛ぎ始めましたよー。

ゆこむしさんへ。

なんともなくてなによりでした。

ヒトのご飯は配給があっても、
にゃんこ~ずにはもらえませんものねぇ。
備蓄、場所を確保するもの大変だけど、やっておかねばですよね。

カレンさんへ

うーん、心配性でもあるのですが、
心配性と言うより、
予測とか、シュミレーションを優先するタイプなのかもしれません。
その時に慌てるのが一番イヤなんです。
だから、
「こうなったら」と一番悪いパターンを考えておいて、
「こうか、こうか、こうする」と打開策を用意しておくんです。
そのための自分騙しかな。
「こうなっても慌てなくて平気」を作っておくんです。

キィさん、ガンバりましたね。
絶対に来るお別れ。
どう過ごすか、これも自分にかかっていますね。
キィさん、もう走り回ってるかしら。
カレンさんもお疲れ様でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する