お…おばぁちゃま(;´∀`)

2017-01-09 (Mon) 02:14[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

まぁにさんはお耳が聞こえない。

ある時、
様子がおかしいなーって病院に行ったら、
「突発性難聴」の診断をもらった。
「お年寄りだから回復することは無いでしょう」と。

もっとも。
彼女自身に何か問題点があるかといえば、そんなことはなく。

「おいでおいで」の手の動き=ご飯の合図
これを覚えてもらってからは、さらに生活には支障無し。

掃除機かけていようが、
国道で事故があろうが、
娘ちゃんがお皿を割ろうが、
他のコ達が飛び上がって驚く音も、
まぁにさんだけは全く気付くことなく安眠している。

寝ている時とか、
別の方向向いている時とか、
お体にポンと触ることでコッチ向いてもらうしかないんだけど。
これもまた「何が良いコトある」と記憶してくれて、
キチンと反応してくれる。

ただ、

これがちみっと問題が。

まぁに

触られた側=よしほさんか娘ちゃんがいる→何か良いことがある

になっているせいで、
他のにゃんこ~ずがぶつかったりすると、
呼ばれたと勘違いして、
物凄く期待して振り返るものだから、事故発生((+_+))

今日なんか、
キッチンカウンターの脚に鼻をぶつけちゃって、
プシュンプシュンくしゃみしていました。

距離感もイマイチになっているみたい。

よしほさん前にいたけど、
後ろに娘ちゃんがいると思ったんだよねぇ。

鼻垂らしてのオヤツタイムになりました。


まぁに ぽちっと
音が無くなっても、
特に困ってはいないだろうなぁとは思うんだけど、

例えば、

「自分のお名前全然呼んでくれない」って、
そんな感情があったりしたら、
凄く寂しいことじゃないですか。

だから、

モサモサの頭に口をひっつけて
まッあッにッさーんッ」とやってます。
ろくろく毛づくろいもしない頭頂部。

振動だけでも違うかなぁって。

だってね、
コレすると、
ゴロゴロの音が大きくなるんです。

くすぐったいだけかもしれないし、
単に構ってもらってると思ってるだけかもしれないし、

それでも、

できたら、

死ぬまで、
自分のお名前、忘れないでほしいなぁって、
ママとしては思うんですよね。

記憶とか思い出とかそういうものじゃなくて、
自分じゃない誰かからもらって、
最期まで持っているものって、
お名前だけじゃないかなぁって。





コメント

まあにさん、お耳が遠くなったけど、ちゃんとルールを覚えてお耳の遠い生活に順応してるんですね。凄いなぁ(^-^)
どこかの学者さんが、動物は名前って認識はないから、飼い主の呼ぶ名前にしか反応しないんだと言ってました。名前と言う考えじゃなくて、名前=良いことがあるなんでしょうね。それでも、私は名前を呼べばやってくる猫さん達を見てると、コミュニケーションは取れてると思ってます。まあにさん、お鼻大丈夫でしたか?家もムウが止まらない鼻水と咳に悩まされてます。本日、病院決定です。

沙織さんへ。

そうですね。
でも、きっと「名前」=「その音」なんだと思いたいんです。
だって、そうじゃなかったら、
よしほさんや娘ちゃん以外のヒトが我が子の名前を呼んだ時に反応するの、ヘンじゃないですか。
だから、
「その音」が聞こえたら自分のコトって理解していたらいいなぁって思うんです(^▽^)

お鼻、大丈夫でしたよ。
しばらくクシャミ止まらなかったけどね。

キィと同い年だから気になるまぁにさん。
お耳が聞こえなくなっちゃったんですか。
でもちゃんとルールができてるから、生活は大丈夫そうですね。
もちっと頑張ってね!

カレンさんへ。

猫ってスゴイと思えますよね。
りぃるさんの時だって、見えなくても平然と闊歩していたし。
ヒトだったら、ストレスでしょうねぇ。
自分では考えられません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する