1/14のコト………子宮筋腫摘出手術

2017-01-24 (Tue) 17:22[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
手術翌日ですね。

「私、切ったのお腹なのにぃぃぃぃぃぃ」
って絶叫したくなる腰痛でした。


脊椎分離症ってわかった当初の腰痛を思い出しました。
あの時も痛かった。

誰にもわかってもらえなかったなぁ。
母親も腰痛というものがないヒトだったから、
成人してから、
「学校行きたくなくて言ってるのかと思ってた」
と告白されたものです。

教科書詰め込んだカバン持って、徒歩30分の道のり。
痛み止めも効果無しの、
吐きたいくらいの腰痛と毎日戦っていたというのに。

自分が「我慢できないくらいの痛い経験のないヒト」って、
けっこう残酷。
そういえば、
元夫ちゃんも、痛みがわからないタイプのヒトだったなー。
病気になってもケロッとしててねぇ(´へ`)=3

チキショー。


お腹痛くてロキソニンもらうんじゃなくて、
腰が痛くてロキソニンもらってましたよ。





1/14



看護師のオニーサン、
娘ちゃんと間違えすみませんでした(^▽^;)
たぶん、
押してもらっておいて「そこ違う~」とか文句言ったと思う。



さて。

歩け歩け運動。


癒着を防ぐとか言われたけけど。

怖いね、癒着。
またお腹切るのはヤだからガンバりましたよ。

点滴台にしがみつけば、結構歩ける。

立ち上がるとか座るとかいう動作は地獄。

歩き出せば、
腰痛が楽で、腹痛がクル。

横になれば、
腹痛が楽で、腰痛がクル。

どうしたらいい?




さて、気持ち悪いの筆頭がトイレ。

オンナを捨てて覚え書きです。


娘ちゃんが、
「見た目も手触りも調理前のフォアグラだった!!!!!」
と、
お手々をわきわきさせながら説明してくれた子宮。

まぁ………高級食材だから………いいか?………ビミョー。


通常、
子宮は、鶏卵Sサイズと説明されました。

よしほさんの子宮はソフトボールサイズ。

そんなものをお腹からポイッとしたワケですから、
内臓スペース、
「空き室あります」状態。

膀胱に尿がたまっている時は気にならないのですが、
トイレに行くと、
内臓が、
うぞぉぉぉぉぉぉぉっと下がる感覚に襲われるんですね。

気持ち悪い、とにかく気持ち悪い。

この感覚は、術後11日経った今もあったりします。


1/14


術後、

うっかりしちまった咳が1回。
くしゃみ0回。
鼻はかまずに拭くだけを繰り返しています。

クシャミ後?

2度としねぇと思ったくらい後悔しました。

声も出せずに悶えるくらい痛かった。
中身飛び出ちゃうかと思うくらい痛かった。



あんこ ぽち
あんこならこう騒ぐだろうなぁ…は、
気を紛らわすのに効果的だった。



ベッドの中での、
らすくの寝起き直前の甘えたさんをお絵描きしたい!!!!!!
という欲求にさいなまれています。

やらしいんだよ、すっごいヤラシーの。

なんだよこの彼女は????
(オトコノコだけど)
と、
やられているコチラが恥ずかしくなるくらい可愛いの。


写真とか、動画撮れたらいいんだけど、
ちょっと難しいし、
毎回やってくれるとも限らないしなぁ。

ことこういうコトに関しては、

可愛いるふな君も惨敗。



うん、
らすくときたら、
これが「彼女」だったらどうしよう………の可愛さなんですよ。

ヤラレタ日には、朝から思わず赤面です。


………オトコノコだけど。

………目がちみこくで残念なタイプだけど。



















































 








コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する