1/16のコト………子宮筋腫摘出手術

2017-01-28 (Sat) 00:14[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

おはようございまーす」の声とともに、
朝一から、チックンでした。

検温だけがよいな、検温だけが。
やはり熟睡はできず、二時間おきに目か覚める状態。
それも、
また全て違う夢を見ているのがなんとも言えず。

もちろん、
全部の夢を覚えているワケではないのですが、
次から次へつつながりのない夢を見るのも疲れますね。



1/17

1/17
どこまでも生々しい「つぶれたハトさん達」

あーと、中身は出ていないんです。
つぶれているのはあくまでも外側だけ。

羽根が散らばっているのが何とも言えず。

泥だらけの斜面に、
つぶれたハトさんと、壊れたアバニコが張り付いていました。


起きてから、
「ああ、あれは猫に食べられたのをノーミソが記憶してるんだろうなー」
と。

一度にあんな大量のは見たことないですけれどね。





午後になり、
「あと一本点滴したら終わりですからね」と告げられ、
嬉々とうけた500ml。

留置針がさすがに痛くなってきていたので、
助かりました。

あと一日って言われたら、
別の場所に刺し直してくれとお願いするくらいでしたから。

さて。

抜かれた点滴の針を見てビックリ。

なんてぇ太さだい((+_+))オソロシイ。


針を刺していた場所の5cmほど上が腫れてしまい、激痛。
袖が当たるだけで激痛でした。

それでも、
針が入っていないというだけで、動作も楽になります。

が。

こうなると、次の恐怖が。

そう………抜糸。

猫たちの抜糸はヒョイヒョイできますが、
自分のは自分でやらせてもらえないよねぇ((+_+;))………と。

触られるのヤだなー。

と、ここで友達にメール。


抜糸痛かった?の問いかけに、
「痛くないよ、トゲが取れたような爽快感があった」
「縫う時の方が痛かった」
という返事が返ってきて、ちょっとだけ安心。

けれど、
 
Nさんのお返事は違うものだったんですよ( ;∀;)

1/17

「大人だけど痛かったら大騒ぎしてやるわー」
とお返事しておきました。




あんこ ぽち


あんこが定位置でえらそうにしていますよ。


あんこ

ソファーの背もたれ、好きよねぇ。








コメント

抜糸、痛かったら大声あげちゃってください!
周りがどんな反応だったか見てみたい!
・・・他人事だから好き勝手言っちゃってって思ってますよね?
でもよしほさんならやりそうだから・・・。

カレンさんへ。

ふっふっふっふ………それがね。
この後でクルッと一回転するのですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する