いつのことだったかわすれたが。

2017-11-25 (Sat) 18:38[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

起きて、テレビのスイッチをオン。

ちょうど天気予報だったのですよ。

「濃霧注意報が………」と振り返れば、うん…コチラ地方?

ベランダ側はすぐお隣なので、北側の窓を開けると、
ちみと感動するくらいの霧。

モヤなんだか、ガスなんだか、キリなんだか、
よく知らないけど、
視界が程よくまっしろ。

少し南側に川があるとはいえ、
ここまでの白景色はそんなになく、早朝っぽーい♪とうはうは( *´艸`)

でもねぇ、
撮影するとそんなに白くないんだよなー。

霧がすごかった朝

目だともっと白くって、
もふぁぁぁぁぁぁぁっと移動していくのが見えるの。
半透明の大きな生き物がするーんと動いている感じ。

良い!!!!

このなんだかわけがわからない感覚、すごく良い!!!!!

こんなデカい生き物が目の前を普通に移動していくのなら、
毎朝、
もう少し早起きして窓の外に立つだろうな。
霧なのが残念だ。


ジトッとして、少し冷たい空気。

ほんの一時間もすれば、
すっかり消えてしまうんだけど、
「注意報」で「気を付けてね」だとしても、
いつもと違う朝は、ちみと楽しくなります。

キッチンベランダは猫ガードがないので、
にゃんこ~ずは窓の内側で「ままなにしてる??」の集団凝視。
「雨だね」
「風が強いね」
「雷だね」
「お日様あったかいね」
「雪だね」
と、
理解しやすいものは共有できても、
「イワシ雲だね」
「日差しが優しいね」
「虹が出てるね」
「夕焼けがすごくきれいだよ」
霧が出てるだけで、
ママ、なんか「すごーい」って楽しい気分になっちゃうんだよ。
なんかは、
きっと共有できない。

体に感じるものだけが全て。

そんなシンプルな生きていくための感覚が、
時々、
ものすごーく羨ましい。

君ら、
家の中の誰かがいなくなったって、
「今日見ないね?」って思っているうちにすぐ忘れちゃうんだろうなぁ。










コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する