きゅうにひえこんでね、

2018-03-17 (Sat) 00:32[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん
今日は朝から病院。

いつもの仕事より、1時間半も早く家を出て電車で移動です。
都内へ向かう電車じゃないのが幸い。
通勤時間でもぎゅうぎゅう詰めではないんですね。

娘ちゃんが通っていた学校がある駅を通り過ぎ、
バスに15分ほど乗るのですが、
このバスが電車との連動が悪くて30分以上待つことになるんです。

運良く、雨も降っていなかったので、
駅からまーっすぐ伸びる裏通りを病院まで歩くことにしました。
(バス通りはL字を書くように向かうんです)
病院間近の最後になって、
「ここ、車通れないね」の不安をあおる路地になりましたが、
(なんせ通院2回目ですので)
病院向かいの高校だろう生徒さん達が自転車で追い越していくので、
(そこしか学校無いからね)
まあなんとかなるかーと進めば、見おぼえるある建物。
前回、検査があった病棟の脇にポコリと出ることに。
ホントにポコリなんですよ。
住宅地の狭い路地歩いてて、
顔を上げたら病院でしたみたいなバッタリ感。

前回、受付で聞いた通り役30分の道のりでした。
うんうん。
今回にゃんこには会えなかったけど、
(前回はバス通りを駅まで歩いて帰ってきて4匹出逢いました)
わんこさんには3匹会いました。
2匹はちゃんと番犬のお仕事してました。

9時からの開始で12時半まで検査して、
13時からまた別の検査して、
13時半から診察して、
14時にまたまた別の検査して、
終了が14時半。
会計を済ませると雨が((+_+))
では、
こんどもまた別ルートで帰りましょうと、
娘ちゃんの学校がある駅まで行くバスに乗り込みました。
………これは失敗。
なんせ3駅向こうですもの、時間かかるかかる。
降りた駅に戻るバスを待った方が時間の短縮になったな………と。
次回はやめときましょう。



帰宅して、
ようやくお昼ご飯。
16時過ぎ。


もう一軒別の病院に行くつもりでしたが、
雨脚が強くなったのでヤメトコーっと、と。
明日、レッスン前に行くことにしました。

よしほさんが帰宅した時、
リビングはほんのりと温かく、
リビング扉前までお迎えに来てくれていたコいがいの
にゃんこ~ずは思い思いの場所で寝ていましたが、
陽が陰りだせば、いっきに落ちる気温。

時折、移動する足音と、つづく文句の声が聞こえ、
最終的にはソファーに大きなダンゴができていました。

珍しく、茶色のおにーちゃんがいないなーと思ったら、
足元に「ぐに」の感触。

らすく

ソファーの下に潜り込んでおりました。

ごめん、踏んじゃった(^▽^;)
デモキヅイテナイネー。




らすく ぽち

検査結果は、懸念されていた不具合は無し。
原因が無い先天性異常で、進行性もないので、
「結果の解明」だけが目的です。

あと一回、確定の検査があり、
それによってその次の検査の有無が決定します。

要はね、
「こうなんだけど、それってどうなの?」
をハッキリさせたいための通院。

症状も、自身の対応策も「珍しい」そうで、
担当医に
「これまでしてきたことを説明してくれるヒトができて嬉しい」
と言われました。

さて、
次の検査で、
「あなたの症状はこうです!!」の確約がもらえるのかどうか。
コレがわかると、
だいぶ楽になるはずなんだ(^▽^)

できれば、
親が生きているうちにわかりたかったけどね。




ちみっと吐出し。







コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する