FC2ブログ

おんどさにまけるー。

2018-05-13 (Sun) 23:23[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

あっつくってキャミで過ごした日。
上着をもう一枚足した日。

がったがたの気温に、らすくが根をあげました。
「ねをあげた」で変換したら「値を上げた」になったわ。
………世知辛いわね。


目覚ましが鳴る前にお目覚めさわやかと目を開ければ、
(年取ると長時間眠気ないってホントね)
焦点あわないくらいのドアップで朝日に輝く鼻水をたらし、
(よしほさん老眼だからね)
ささやかな目に涙をたたえ、
(いつもより+αね)
けぽーーーーーーーっと豪快に噴水。
(ベッドの上じゃなくて良かった)
「んのぉぉぉぉん」と武断より1オクターブ低い不穏な鳴き声、
リビングをポテポテ歩いていく姿、
「今度はどこで吐くつもりだ?」と追いかける視線。
みるみる無くなっていくトイレットペーパー。
そして「水拭きしたばかりなのに」と荒んでいくよしほさんの心。

だから、週末に具合悪くなるのはやめてちょうだい!!
なんてぇ、飼い主の気持ちなんざお構いなし。
「明日は通院か?」
と天気予報を気にするも、
午後になってからあっという間に体調復活。
ごはんごはーん♪と上機嫌のストーカーに戻りました。

………いいのですよ。
………………………いいのです。

健康でいてくれればソレデ。


正直な話。

先々週末は溜息でした。

あっという間に具合の悪くなったぷりん
動かない、食べない、寝室でのヒキコモリ、体を触れば発熱。
これは手持ちの薬ではダメ!!!!
と、通院すれば、
「コロナウィルスが強くでてます」の診断。
まーじーかー。
まぁいい出たら出ただ、よし運を使え!!!!と治療開始。
基本的に、
具合が悪くなると寝室から一歩も動かなくなるので、
隔離に苦労はせず、
四日目にしてケロリと復活しました。
仕事から帰って、
ぷり~ん生きてる?」と声を掛けた瞬間、
それまで、
まったく動かなかったのが「びにゃー」と走り寄りまして。
ホッとすると同時に、
4日間甘やかされてきた延長に、
当社比3倍のストーカーと化し、
何をするにも抱っこから降りようとせず、
コーヒーすら片手で用意することに。
トイレに行くためにおろせば、
カリカリと切なげに爪を立てられるトイレの扉。
「待って、手ぇ洗わせて」と言ったところで聞く耳は無く、
背中に飛びつかれ、よじ登ってくる。
おねーちゃんばっかりずるい」と、
足に爪をたててよじ登ってくると2匹を抱えこむことに。
もちろん、ご飯の用意なんてできませんから、
帰宅した娘ちゃんに「ご飯食べてないね?」と怒らる始末。
理不尽だ!!!!!
ママは、ご飯を食べなかったんじゃなくて食べられなかったんだ。
そう言っても、
日ごろからキチンと食べていない行いのせいで信用得られず(TへT)
ダッテゴハンタベルノニガテナンダヨー

まぁ、
結果として復活してくれて良かったけどね。

他のコたちはケロリと元気なままでした。
今朝のらすくまではね。
いまは大音量でゴロゴロ言いつつ、足元で丸くなっています。
ときおりつま先が当たると、
さらに音量アップ。
娘ちゃんに「くどいしつこいめんどくさい」と言われるは、
よしほさんにも同様の態度です。
ヒトじゃなくて良かったよね、らすく


食べなかったせいで背骨がゴツゴツになったぷりんは、
A/D缶をせっせと食べています。
もともと少食だから、1日に何回も食事。
もとの重さに戻りました。
といっても、2.7kg。

さぁて、
合計でいくら使ったことか。
確認したくない。
絶対したくない(TへT)




良いこともあったのですよ?

しらたま、この度、血液ドナー登録することができました。
病院で募集かかっていたし、
ちびかったひじき君が輸血でお世話になりまくったしで、
(あの時、ドナー足りなくて、同じコに無理にもらったりしたの)
若いのがいるうちにチェックしておこうと。

体調、サイズ、体重、健康と問題無し。
問題あるとしたらノミ心臓ですね、ぴゃおぴゃおウルサイ。
病院での攻撃性もないし、
逃げ出そうと暴れることも抵抗もないので、
ドナーには良いかと。

ちなみに、彼はA型でした。
普通だね。
普通。

しらたま

みんとあずきもワクチンの時にドナーチェックしようと思います。
みんとはともかく、あずきはどうかなー。
………ヘルペスもちだしなー((+_+))

まぁ、
病気があろうとなかろうといいのよ。
死ぬまでは、
お腹いっぱいにするし、
こってこてに甘やかしてあげるから。


まぁに ぽちっと



ぷりんも血液型調べますか?と言われたけど、
年齢もいってれば体重も足りないからドナーにはなれないし、
「そういう時」に調べればいいと、やっていません。
白血病とエイズは-。
これさえわかればいいでしょう。
ワクチンは体調戻るまで待機です。
















コメント

ぷりんちゃん、復活して良かったですね。
私自身異常なまでの心配性だから、体調悪そうな子がいたら、こっちまでつられて悪くなっちゃうタイプなんですよね。
こっちがしっかり看病しなくちゃいけないのに。
よしほさんみたいに、しっかりしたいわー。

しらたまくん、ドナー頑張ってねー。

カレンさんへ。

いやいや、よしほさんしっかりしているんじゃなくて、
事実を事実としか受け止められないだけなんです。
こうなったから、次はどうする?で、そこにあまり感情が入らないんです。
そうとう強い感情じゃないと、心が動かないんですよ。
ちょっと壊れているもので。

しらたま、誰がの役にだてたらいいなと思います。
しらたま自体は病院に連れていかれるの不本意でしょうけれどねぇ((+_+))
これはママのワガママなんですよねー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する