だっこして、だっこして、だっこして。

2018-05-30 (Wed) 08:05[ 編集 ]
猫 多頭飼い ねこやしき ねこやしきいぬていえん

抱き癖をこれでもかと着けて育てる我が家。

もちろん、
「抱っこもお膝もいりません」のひじきみたいなのも育つし、
「抱っこしてお口を美味しくしてください」のみんとも育つ。
(………物理的にも育つ………)

他のコ達は、
ヒトのコ同様………ではなく、
ヒトと違って成猫となっても、
とにかくぴとぴとひっつきむしに育っていて、
抱っこは「してもらうのが当たり前」

手のひらでおさまるようなサイズから、
腕でささえても余るサイズになっても、
5分がキツい重さになっても、
年とっても、
次から次へと抱っこの要求がくるのは幸せ(^▽^)
(意図しない腕の筋トレ)

でも、
抱っこもできない時もある。

朝の仕事前。
レッスン行く時。
お掃除中。
洗濯物たたんでいる時。

無理な時間は無理なんだ。

れもん+らたん

そんな時の、非難のすさまじさ。

露骨な不満顔。
足元に付きまとっての抗議。
足にしがみついて鳴き続けるのは当たり前?

いやいやいや、今は無理だからね。

言いつつ、抱っこをせがむコ達を拒否。

そんな時は、
罪悪感を感じつつ、
なんてぇかな………優越感みたいなのも感じちゃうんだな(^▽^)

もー、うちのコ可愛いなぁって。

れもん ぽちっと

れもんみたいなノミ心臓が「抱っこしてください」って、
あの小さな小さな声で要求してくるのは、
とっても可愛い。

だんだんと必死になって、声が大きくなっていくのも可愛い。

その声につられて、他のコ達が「ぼくもー」と来ると、
とたんに黙り込むのも可愛い。


あ、
らたんの声は、一発メから大声。
普段はほぼ「わ、わーん」
………わんこだっかな?



コメント

らたんくんの不満顔、プププ・・・ですね

カレンさんへ。

表情、豊かでしょ~(^▽^;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する